ドラマトピックス

プレミアムドラマ 『昨夜のカレー 明日のパン』 制作開始!

プレミアムドラマ
『昨夜(ゆうべ)のカレー 明日(あした)のパン』

番組ホームページはこちら

ドラマ「すいか」で向田邦子賞受賞、人気実力を兼ね備え今、大注目の脚本家・木皿泉
2014年本屋大賞第2位に輝いたデビュー小説「昨夜のカレー 明日のパン」を
木皿さんが、自らの手でドラマ化します

7年前、25歳で死んだ一樹。遺された嫁・テツコと一緒に暮らす一樹の父・ギフ(義父)
「家族」ではあるが、血のつながらない「他人」という、嫁と義父という微妙な関係

このふたりの物語を中心に、心優しき夫と縁があった不思議な人々とふれあう中で、
テツコが大切な人を亡くした悲しみから解放され、再生していく姿を
ゆるゆるとした日常の中で描いていきます

悲しいのに、幸せな気持ちにもなれる――
見終わった時、「昨日」より少しさわやかな「明日」を迎えられる
そんな雲間に射す一筋の光のような感動ドラマです

 

■制作発表のコメント 中山ケイ子 プロデューサー

数々の名作を生み出した脚本家、木皿泉氏。その初の小説「昨夜のカレー 明日のパン」は、多くのファンを有する話題作です。何よりも登場する人物たちすべてが、とても魅力的で愛おしい。それぞれが過去や現在に「痛み」を抱えながらも、小さなユーモアと共に日常を大切に生きている。そんな小説「昨夜のカレー 明日のパン」を作者自らが脚本化する。これ以上ワクワクする企画はないと思います。あの小説の登場人物たちが、ドラマの中でどんな姿で何をして、どんな会話を繰り広げるのか……。きっと、小説の読者のみなさんが想像した世界を超える、新たな魅力に満ちた物語となるに違いないと確信しております。作り手である私たちがこんなに楽しみにしているのですから、きっと木皿泉氏のファンのみならず、多くの視聴者の皆さんの心に残る一作になると思います。どうぞご期待ください。

■主な出演者が決定!(2014.8.14)

仲里依紗(テツコ・寺山徹子役)
7年前、夫・一樹に先立たれたテツコは、その悲しみを胸に秘めたまま義父・連太郎と同居生活を続けます。不思議な人々とふれあう中で、しだいに悲しみから解放されていきます。
鹿賀丈史(ギフ・寺山連太郎役)
テツコの義父・一樹の父。食べることが大好きな憎めない無邪気な性格。
溝端淳平(岩井さん・岩井正春役)
テツコの会社の同僚で恋人。猪突猛進型の性格。テツコにプロポーズをするが、テツコは全く取り合う気がない。
星野 源 (寺山一樹役)
テツコの夫。7年前ガンで突然、この世を去る。
ミムラ(ムムム・小田 宝役)
一樹の幼なじみで元キャビンアテンダント。ある時から笑えなくなり、ムッとした表情しかできなくなる。
片桐はいり(秋山朝子役)
連太郎の亡くなった妻・夕子の妹。歯科医で、夕子とは対照的な
人生を歩む。(※ドラマのオリジナルキャラクター)
賀来賢人(虎尾役)
一樹の従兄弟。形見として一樹の車を譲り受ける。最近恋人と婚約し、マリッジブルーになっている。
吉田羊(山ガール・小川里子役)
福士誠治 (宝の同級生・サカイ君役)
 

■仲里依紗さんからのメッセージ

今回、産後初めてとなる主演のお話しをいただき、とてもうれしく思っています。
木皿泉さんの原作のドラマ化で、木皿さんご自身が脚本を書いてくださるということで、毎回、台本を読むのがすごく楽しみです。
原作も、もちろん素敵なのですが、ドラマ用に木皿さんが書き下ろしてくださっている主人公テツコは、どことなく私にもリンクするところがあり、私の中で、すごく愛すべき大切な人になっています。
お話に出てくる人たちは、皆とても温かく、ほっこりするドラマです。
私が、こっそり楽しみにしているのは、食事のシーンです。登場するお料理にもこだわりがあって、演じながらおいしくいただいています。
キャスト、スタッフがとても温かく、現場は、作品と同じように和やかで、楽しく撮影しています。
その温かさがみなさんにもお届けできると思いますので、是非楽しみにしていてください。
 

■木皿泉さんからのメッセージ

昭和のホームドラマの雰囲気です。でも、出てくるのは、今を生きる人。観てるうちに、その人たちのことが気になってしょうがない、と思えるようなドラマを書きたいです。仲里依紗さんは、セリフを言っている時も、もちろんいいのですが、黙っているシーンも説得力があって、とてもいいのです。今回のテツコ役は、不機嫌そうな顔が可愛く見える人がいいなと思ってましたので、それだったら、絶対に仲さんだなと。どんな時も、『体当たり』という感じで芝居をされる女優さんなので、こっちもそのつもりでがんばって書かねばと思ってます。

 


【タイトル】
  プレミアムドラマ 『昨夜のカレー 明日のパン』 

【放送予定】
 2014年10月スタート
 BSプレミアム 毎週日曜 午後10時~ 《49分・連続7回》

【原作・脚本】
 木皿泉(「昨夜のカレー 明日のパン」河出書房新社」) NHK連続テレビドラマ初執筆

【演出】
 茂原雄二 阿部雅和

【出演】
 後日発表予定

【制作統括】
 磯智明チーフプロデューサー(NHK) 中山ケイ子プロデューサー(FCC)

【制作】
 2014年7月~9月

 

番組ホームページはこちら


ページトップへ