ドラマトピックス

平成28年度 大河ドラマ「真田丸」出演者発表!

大河ドラマ
真田丸


作 三谷幸喜

 

戦国時代最後の名将・真田幸村。
その本名を、真田源次郎信繁という。
好奇心にあふれ、冒険を好み、戦国の世を駆け抜けた真田信繁は、
いつしか、覇者・徳川家康をも恐れさせる伝説の武将となった。

真田幸村伝説には、もうひとつのストーリーがある。
天才の父、秀才の兄の背を追いかけながら、故郷に住む家族と共に
乱世を生き延びていくために、迷い、悩み、苦しみながら成長していく、
家族愛にあふれた次男坊・信繁の物語。

大坂の陣において真田信繁が、戦国時代最後にして最強の砦
「真田丸」を作りあげるまでの人生は、戦国の荒波に揉まれ続けた
小さな家族船「真田丸」での長い長い航海の道程でもあった。

 


<真田家の人々>

 

sanada0710_s01.jpg
真田信繁(通称・幸村) …堺雅人
「日の本一の兵」とも讃えられた、戦国時代を代表する武将。若き日には、上杉景勝、豊臣秀吉の人質として過ごす。関ヶ原の戦いでは西軍につき、高野山に幽閉。大坂の陣では、真田丸と呼ばれる砦を作り、徳川家康を相手に果敢に戦う。



sanada0710_s02.jpg
真田信幸(信之) …大泉洋 
信繁とは対照的な性格ながら深く信頼しあう兄。関ヶ原で東軍につき、信繁と敵味方に分かれてしまう。信州松代藩初代藩主。



sanada0710_s03.jpg
きり …長澤まさみ
信繁の生涯のパートナー。真田家重臣・高梨内記の娘。青春時代から大坂の陣まで、信繁の波乱の人生に寄り添い続ける。



 sanada0710_s04.jpg
真田昌幸 …草刈正雄
信繁の偉大な父。知略軍略に優れ、豊臣秀吉に、油断ならない「表裏比興の者」と言わしめた天才武将。



sanada0710_s05.jpg
 …高畑淳子
公家出身の誇りを忘れない、信繁の母。昌幸の正室。松、信幸、信繁の3人を生み育てた。



sanada0710_s06.jpg
 …木村佳乃
信繁が終生慕った姉。織田信長の人質となるなど数奇な運命をたどる。



sanada0710_s07.jpg
とり …草笛光子
偉大な武田信玄の全盛期を知る、信繁の祖母。昌幸を名将に育て上げた戦国のゴッドマザー。



sanada0710_s08.jpg
 …黒木華
[大河ドラマ初出演]
信繁の初恋の女性。真田の郷の地侍・堀田作兵衛の妹。信繁最初の子を産む。



sanada0710_s09.jpg
堀田作兵衛 …藤本隆宏
信繁を慕う地侍。梅の兄。真田の郷の農民たちのリーダーで、大坂の陣には槍を取って駆けつける。



sanada0710_s10.jpg
高梨内記(たかなしないき) …中原丈雄
きりの父。昌幸の側近として真田家をまとめあげ、信繁の義父となる。高野山幽閉や大坂の陣にも従う。



sanada0710_s11.jpg
佐助 …藤井隆
[大河ドラマ初出演]
忍び。昌幸に才能を見出され、出浦昌相に鍛えられる。大坂の陣でも、信繁のもとで大活躍する。
 


<真田家のライバルたち>
 

sanada0710_r07.jpg
徳川家康 …内野聖陽
信繁の前に終生立ちはだかり続ける、最大最強の宿敵。天下取りのための最終決戦となった大坂の陣で、信繁に絶体絶命の窮地に追い込まれる。



sanada0710_r09.jpg
本多正信 …近藤正臣
家康を天下取りに導いた名参謀。真田家に翻弄され続ける家康を支え、卓抜した策を授け続ける。



sanada0710_r08.jpg
阿茶局(あちゃのつぼね) …斉藤由貴
家康の最愛の側室。母代りとなって二代将軍・秀忠を育てる。大坂の陣では、命がけで和議の交渉を行う。



sanada0710_r11.jpg
本多忠勝 …藤岡弘、
武勇で家康を支えた徳川随一の猛将。娘の小松姫が信幸の正室となり、敵だった真田家と縁を結ぶ。



sanada0710_r10.jpg
小松姫 …吉田羊
信幸の正室。徳川家重臣・本多忠勝の娘。政略結婚で真田家に嫁ぐ。関ヶ原で父弟と決別した信幸を気丈に支える。



sanada0710_r02.jpg
北条氏政 …高嶋政伸
関東の覇権をかけて真田と激戦を繰り広げた戦国大名。真田家との領地争いが、秀吉による小田原合戦の引き金となり、北条氏滅亡へとつながる。



sanada0710_r01.jpg
上杉景勝 …遠藤憲一
信繁と不思議な因縁で結ばれた戦国大名。若き日の信繁が人質となる。関ヶ原ではともに反徳川として戦うが、大坂の陣では、信繁の大坂城を囲むことに。



sanada0710_r04.jpg
室賀正武(むろがまさたけ) …西村雅彦
真田家をライバル視する信濃の豪族仲間。家康の意を受け、昌幸暗殺を画策する。



sanada0710_r03.jpg
出浦昌相(いでうらまさすけ) …寺島進
佐助ら隠密集団を操り、真田家を陰から支える。もともとは、信濃の豪族仲間。昌幸に魅了され、家臣となる。



sanada0710_r06.jpg
滝川一益(たきがわかずます) …段田安則
武田滅亡後、真田の新たな主人となる織田家の武将。信濃の支配を担当するが、本能寺の変で一転して窮地に。



sanada0710_r05.jpg
武田勝頼 …平岳大
真田が仕えた武田家最後の当主。偉大な父・信玄を乗り越えようとして叶わなかった悲劇の武将。
 


■作・・・三谷幸喜
 
sanada0710a.jpg
「新選組!」に引き続き、僕にとって二度目の大河ドラマです。
真田信繁も新選組も、歴史を築いた人物ではありません。
言ってみれば歴史に取り残された「敗者」です。
だからこそ僕は彼らに惹かれ、彼らのドラマを書いてみたいと思いました。
NHKの「大河ドラマ」で、僕は歴史の面白さを知り、そしてテレビドラマの面白さを知りました。
毎週、次がどうなるか楽しみで楽しみで、それだけを考えて一週間を過ごしていた、あの頃。
毎年、大河の主人公に完全に同化して、年明けから年末まで生き抜いていた、あの頃。
村田蔵六も呂宋助左衛門も平沼銑次も、みんな、僕でした。
一年掛けて、主人公の人生を追体験出来るドラマなんて、「大河ドラマ」しかありません。
あの時、僕が感じた「わくわく」を、今の視聴者にも感じてもらいたい。
真田信繁と共に、2016年を生き抜いてもらいたい。
そのために、僕は今、ひたすらホンを書いています。


大河ドラマの執筆は、『新選組!』(2004年)以来、2度目。
NHKでは他に、『新選組!!土方歳三最期の一日』、テレビ放送50周年記念ドラマ『川、いつか海へ』、人形劇『新・三銃士』『シャーロック ホームズ』がある。
 


■音楽・・・服部隆之
sanada0710b.jpg
大河ドラマの作曲は、『新選組!』以来、2度目。『新選組!!土方歳三最期の一日』に続き、NHKドラマでの三谷幸喜とのタッグは3度目。NHKでは他に、連続テレビ小説『すずらん』、土曜ドラマ『芙蓉の人~富士山頂の妻』、木曜時代劇『鞍馬天狗』がある。
 


■企画意図
【戦国中流家族「真田」の、愛とサバイバルの物語】
室町幕府が滅亡し、全てが白紙に戻った混沌の戦国時代。 大名から土地に根ざして暮らす庶民まで、誰しもが日々を生きていくのに必死でした。「 ひらめき」「知力」「体力」「統率力」そして、「運」…。 他人とは違う何かを手にした者だけが、次の生存競争に進むことができる。 明日は誰が生き延びるのか、誰にも予見することのできない時代でした。

信濃の一領主に過ぎず、大きな力を持たぬ真田家は、父・昌幸の天性の勘と武略を頼りに戦国をギリギリで生き抜いていきます。 その背中を見て成長していく、信幸と信繁。 兄弟でも殺し合うことが日常茶飯事の戦国時代において、彼らは最後に豊臣方、徳川方と敵味方に分かれてもなお、家族を思う気持ちを決して忘れませんでした。戦国時代において、真田伝説がひときわ魅力的なのは、それが家族愛の物語でもあるからです。

そんな日々を通じて、家族や仲間を助けるためには、どんな窮地にあってもあきらめない、不屈の名将・真田信繁が育っていきます。中流というべき家柄の、好奇心たっぷりの次男坊は、いつしか徳川家康をも脅かす伝説の存在に…。

「新選組!」で、翻弄される庶民の眼差しから幕末を描ききった三谷幸喜が、 真田信繁の生涯を、ダイナミックに、時にユーモアたっぷりに描いていきます。 これまでよりずっと身近な存在となる真田信繁の成長物語を、どうぞ1年間一緒に体験してください。
 


■期待に応える大河ドラマ  制作統括 屋敷陽太郎
「期待に応えるということです」。
NHKの番組『プロフェッショナル仕事の流儀』にて、「プロフェッショナルとは…?」と質問されたときの、三谷幸喜さんの回答だ。この言葉を耳にしたとき、私には、三谷さんと真田信繁が重なって見えた。

信繁の人生は、真田家の存亡をかけての命がけの毎日。
しかし、何かしらそこには、名利にとらわれることなく、自分に期待を寄せてくれる人々に応えたいという、素朴なサービス精神を強く感じる。
正確な情勢把握や緻密な戦術に基づきつつも、底抜けの前向きさと、あふれる華やかさで戦国を駆け抜けた信繁。
数多くの人気投票で、信繁が上位にランキングされる秘密は、そのあたりにあるのかもしれない。

期待されることを楽しみ、いつも期待を上回る結果を残した男。
それは、信繁を演じる堺雅人さんにも重なる。
日本史上に燦然と輝くスーパーヒーローを、現代日本を代表する脚本家と俳優が、期待に応えて描き、演じる。

三谷幸喜×堺雅人という旗のもとに集う出演者やスタッフの昂ぶる気持ちは、まさに、真田信繁の名を聞きつけて大坂城にかけつけた武士たちの熱い思いに重なるのかもしれない。
ただ、彼らと大きく一つ異なるのは、私たちは、この戦いに勝つということだ。
 


平成28年度 大河ドラマ 『真田丸』

【放送予定】
 2016年1月より(全50回)

【制作スケジュール】
 2015年9月より

【作】
 三谷幸喜

【制作統括】
 屋敷陽太郎・吉川邦夫

【演出】
 木村隆文・田中正・小林大児・土井祥平

【プロデューサー】
 清水拓哉・吉岡和彦

【制作主任】
 家冨未央
 

→「真田丸」番組ホームページ


ページトップへ