ドラマトピックス

2008年の大河ドラマは「篤姫」!

「女の道は、前へ進むしかない、
   引返すのは恥でございます。」
幕末――。
江戸城大奥から、時代の激変を見据えていた、ひとりの女性。
徳川 第13代将軍・家定の御台所、
幕末のファースト・レディー篤姫。

原作:宮尾 登美子 「天璋院篤姫」より
脚本:田渕 久美子

薩摩・島津家のわずか1万石余の分家に生まれながら、将軍正室にまでなるシンデレラストーリーのような篤姫の人生は、一方で波乱と苦難の人生でした。
夫が急死。幼い第14代将軍・家茂の名目上の母として皇女・和宮を嫁に迎え「公武合体」に尽力するも、倒幕という時代の渦に巻き込まれます。
しかも倒幕派の中心は、生まれ故郷・薩摩藩という悲運・・・。
大河ドラマ「篤姫」は、時代に翻弄されながらも、自らの運命を前向きにとらえ力強く生き抜いた“薩摩おごじょ”の一生を、宮尾歴史絵巻の金字塔「天璋院篤姫」を原作に、魅力あふれるヒロイン像を描くことに定評のある脚本家・田渕久美子が、熱く、鮮烈に描きます。

日本史上の新しいスーパーヒロインの誕生に、ご期待ください!

篤姫(あつひめ)とは…。

天保6年(1835)生まれ、明治16年(1883)没。篤姫は、薩摩・島津家の分家に生まれながら、江戸幕府の第13代将軍・徳川家定(いえさだ)の正室となった女性です。しかし、病弱だった家定は嫁いでから約1年半後に亡くなり、篤姫はわずか23歳で、落飾して「天璋院」と号します。
将軍の跡継ぎをめぐる幕府内の凄まじい抗争、さらには、篤姫の故郷薩摩を中心とした反幕府運動の激化・・・。篤姫は大奥を預かる総帥として、明治維新の動乱の中、嫁ぎ先である徳川宗家のために、そして日本のために力を尽くしました。
また、江戸城に迫りくる西郷隆盛ら薩摩藩を中心とした新政府軍に働きかけ、無血開城の実現にも大きな役割を果たしました。
明治維新後は、徳川宗家を継いだ家達(いえさと)らの教育に専念し、未来の日本を支える人材の育成に心血を注ぎました。

脚本家の言葉…田渕久美子

あらゆる日本人の目が、外患・内憂によって曇り、あるいは幻惑されていた幕末の頃、南の果てに唯一、冷静かつ先見性に満ちた視線を持つ藩がありました。遠い海に浮かぶ琉球という独立国家を支配下に置き、本州の長さに匹敵する長さの領土を保持していた薩摩藩です。
ペリーの浦賀来航に先んじること8年、同藩が外国船による開港要求を体験していることを知る人は少なく、幕末きっての名君と称された島津斉彬が、西郷隆盛、大久保利通らに与えた薫陶によって、明治維新が成されたことを知る人もまた多くはありません。
その島津斉彬が養女に選び、徳川将軍の御台所として、いわば大奥に送り込んだ女性、それが天璋院篤姫その人です。
彼女の存在を知ったとき、「幕末」とその時代に生きた人々が私の中でいきいきと動き出すのを感じました。この国が混乱を極めていた時代に、最後まで「誇り」と「覚悟」を失わなかった女性、篤姫。愛する故郷である薩摩が、そして皮肉にも婚礼の仕度役だった西郷が刃を向けてきたとき、実家よりも婚家を守り通そうとしたその姿勢に、日本人が失ってしまった、そして、今の日本人になによりも必要な「何か」が秘められているのではないか。その疑問への答えを見つけるのが、脚本家としての私自身の「覚悟」でもあります。
勝海舟、坂本龍馬、徳川慶喜、和宮といった魅力的な群像に加え、今回は、薩摩藩の若き家老であり、西郷や大久保にも匹敵する働きから最初の宰相とまで呼ばれながら、歴史の中でとりあげられることの少なかったヒーロー、小松帯刀にもスポットを当ててみたいと思っています。
とかく暗く、陰湿に見られがちな幕末という時代を、明るく清々しい、人間賛歌のドラマに仕上げることができればと、これもまた私の「覚悟」です。


制作にあたって…ドラマ番組 チーフ・プロデューサー 佐野 元彦
大河ドラマ第47作となる「篤姫」は、「義経」に続き、宮尾登美子さん原作の2作目の大河ドラマとなります。
坂本龍馬、高杉晋作、勝海舟・・・。幕末の英雄といえば、男性ばかりにしか目がいっていなかった私にとって、『天璋院篤姫』は本当に新鮮な驚きでした。宮尾さんが歴史の中から“発見”した、篤姫という女性の人物像にぐんぐん引き込まれていきました。
もし、江戸城に薩摩藩出身の篤姫がいなかったら、薩摩藩を中心とした討幕軍は、江戸城を総攻撃した可能性があったのでは。もしそうなっていたならば、幕末はさらなる長い大混乱に陥ったのでは ―― そう思えてならないのです。
今回、その篤姫像を、49回にわたり、紡ぎ出してくれるのは、脚本家の田渕久美子さん。満を持しての大河ドラマ執筆です。篤姫はもちろんのこと、西郷隆盛、徳川慶喜、さらに大河では初めてクローズアップされる小松帯刀らが、今回、田渕さんによって、どのように描かれるか。ぜひご期待ください。

ページトップへ