ドラマトピックス

山本勘助、武田信玄、上杉謙信に続いて、新たな出演者が決定!


fuurin02.jpg

第2次出演者発表にあたって…制作統括・若泉久朗(NHKドラマ番組部)
「風林火山」の女性たち。薄幸のヒロイン・由布姫は新人の柴本幸さんです。
凛として気高く清潔な由布姫にご期待ください。信玄の正室・三条夫人は若手実力派の池脇千鶴さん。二人の対立が大きな物語となります。三条夫人の侍女頭・萩乃の浅田美代子さんに女たちの戦いをさらに面白くしていただきます。
武田軍団の総帥・板垣信方は千葉真一さん。大河ドラマ初出演です。猛将・甘利虎泰は竜雷太さん、赤備えの智将・飯富虎昌は金田明夫さん。個性あふれる重臣たちはドラマの大きな魅力です。勘助のライバル・真田幸隆は佐々木蔵之介さん、妻・忍芽は清水美砂さん。そして駿河の名将・今川義元は谷原章介さんです。これからを担う本格派のみなさんです。「風林火山」を彩るフレッシュかつ実力派の競演をどうぞお楽しみください。

山本勘助晴幸…内野聖陽(うちのまさあき)

武田信玄の軍師。生年生地には諸説ある謎の人物。若い頃から諸国を遍歴し、軍略や築城術などの兵法を身につける。武田晴信(後の信玄)の武将としての器に惚れ込み、晴信の天下取りを補佐すべく武田家に仕官する。合戦の作戦を立てるだけでなく謀略にも優れ、戦わずして数々の勝利を武田軍にもたらす。晴信の側室、由布姫を敬慕し、二人の子・勝頼が武田家の跡継ぎになるべく画策する。川中島の戦いで自ら編み出した啄木鳥(きつつき)の戦法を上杉謙信に見破られ、命を落とす。

武田信玄…市川亀治郎(いちかわかめじろう)
鎌倉時代から続く源氏の名門であり甲斐国の守護・武田家の嫡男として生まれる。異常な振る舞いの目立った父・信虎を追放し、武田家の後を継ぐ。早くから天下統一を目標に定め、その第一歩として信濃攻略に心血を注ぐ。北信濃で上杉謙信と数々の名勝負を繰り広げ、特に永禄四年の川中島の戦いは戦国史上最も名高い合戦の一つに数えられる。勘助の死後も領土を拡張し続けるが、最後は上洛途上に志半ばで生涯を閉じる。「英雄、色を好む」の言葉そのままの人物で、それ故、問題を次々とひき起こす一面もある。

上杉謙信(長尾景虎)…Gackt(ガクト)
越後守護代・長尾家の次男として生まれる。元服して長尾景虎を名乗り、群雄割拠状態だった越後をまたたくまに統一する。下剋上渦巻く戦国にあって道義を重んじる姿は特異なものがあり、戦にあたっては常に大義名分を求め、武田や北条に敗れた武将を常に保護し利害を超えて戦った。北条に追われた関東管領・上杉憲政を助け、その養子となって管領職を譲られ以後、上杉氏を名乗る。戦の上手さは比類がなく、合計5回に及ぶ川中島の戦いで武田信玄と死闘を繰り広げた。清廉で潔癖なその姿は、自らが信仰した毘沙門天に重なり合い、軍神とも呼ばれた天才武将である。

由布姫(ゆうひめ)…柴本幸(しばもと ゆき)
信濃の戦国大名・諏訪頼重の娘。武田晴信(信玄)の側室として後の当主・勝頼を生む。
武田家と諏訪家は先代以来の同盟関係にあった。しかし、信濃攻略を目指す晴信は義弟にあたる諏訪頼重を突如攻め、降伏した頼重を謀殺してしまう。
由布姫は、周囲から自害を進められるが拒み、生きることを決意。由布姫を保護した勘助は一目で心を奪われ、主君・晴信と由布姫の二人を守りぬくことに自らの生涯を捧げる決心をする。
晴信は由布姫の美貌を目にし側室に迎える。それは武田・諏訪両家の跡継ぎを生んでほしいとの勘助の説得を姫が受け入れた結果だった。
側室となった姫は、いきなり晴信に向かって「武田は仇。油断すれば寝首を掻く」と言ってのける。その気高さに晴信はかえって惚れ込むことになる。

三条夫人(さんじょうふじん)…池脇千鶴(いけわき ちづる)

武田晴信の正室。権大納言三条家の息女。公家の生まれを鼻にかけることもなく晴信に尽くし三男二女を産む。しかし、山本勘助が武田家に仕官してからは運命が一変し、次男は病で視力を失い、晴信の心は由布姫に向かってしまう。由布姫を側室に推薦したのが勘助であったこともあって、その存在を快く思わなくなるようになる。自らが産んだ嫡男・義信と由布姫が産んだ四男・勝頼の間で家督争いが発生し、否応なく政争にまきこまれていくようになる。

板垣信方(いたがきのぶかた)…千葉真一(ちば しんいち)
武田家譜代の重臣で信虎、晴信の二代に仕え、甘利虎泰とともに「両職」の地位にあり、いわば筆頭家老的存在。駿河守を称した。
晴信の信方への信頼度は他に並ぶものがなく、晴信による父・信虎追放クーデターでは中心的な役割を果たす。
攻め滅ぼした諏訪氏の本拠・上原城の城代を務め、武田家の信濃攻略にあっては常に先頭に立った。また、山本勘助が仕官した際には、家中が勘助への反感を募らせる中で勘助を庇護した。
連戦連勝の武田軍にあって晴信の慢心を諌めるが、聞く耳をもたない晴信は北信濃最強の村上義清に対して正面から決戦を挑むこととなる。
その上田原の戦いで武田軍は一敗地に塗れ、乱戦の中、信方も命を落とす。

萩乃(はぎの)…浅田美代子(あさだ みよこ)
三条夫人の侍女頭。京から夫人とともに甲斐国に下ってきた。都の暮らしに慣れた三条夫人と萩乃にとって山がちな甲斐で、無骨な武士に囲まれた生活は驚き途惑うことばかり。正室という立場から不満も愚痴もこぼせない三条夫人に代わって、本音で直言し周囲を慌てさせることもしばしば。側室・由布姫には敵意を燃やす激しい一面をもつが、一方で正直者で明るい性格は三条夫人にとっては心の拠り所となる。

飯富虎昌(おぶとらまさ)…金田明夫(かねだ あきお)
武田家の譜代の重臣。信虎、晴信の二代に仕え、上田原の戦いで板垣信方・甘利虎泰の両職が戦死した後は筆頭家老として重きをなす。信虎追放のクーデターでは板垣とともに家中をまとめる役割を果たす。
「武田の赤備え」と呼ばれる全身を赤一色で固めた武装は飯富隊が始めたもので、その部隊は武田軍団の精強さの象徴とされ、他国の軍勢は「飯富の赤備え」を見ただけで震え上がったという。
晴信の長男・義信の傅役(もりやく)を務めたため、由布姫の子・勝頼を世継ぎに推す山本勘助とは次第に対立を深めるようになる。

甘利虎泰(あまりとらやす)…竜 雷太(りゅう らいた)
 武田家の重臣。板垣信方とともに「両職」と呼ばれる家老の座を占めた。甘利家は甲斐源氏の流れをくむ武田氏の一族で家格も武田家の中で抜きん出ていた。
虎泰は晴信の父・信虎の側近中の側近として信望が厚く、内乱続きの甲斐国を信虎が統一するにあたって大いに力を発揮した。信虎追放のクーデターにあたっては晴信に家中の人望が集まるのを覚り、断腸の思いで主君の追放に手を貸すことになる。
山本勘助が重用されるのに反発し、反勘助派の急先鋒となるが、晴信に対してはあくまで忠誠を貫き通し、その版図拡大を大いに助けた。板垣とともに上田原の戦いで命を落とす。

真田幸隆(さなだゆきたか)…佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)
信濃国真田郷の豪族。武田信虎の信濃侵攻で故郷を追われるが山本勘助に誘われ仇敵武田家に仕える。その後、村上義清に奪われた真田の地を奪い返すのを悲願に、武田晴信の信濃攻略の尖兵として活躍する。
晴信が力攻めで失敗し千人もの死者を出した戸石城を知略をもって一兵も失わずに攻略し、村上義清をついに信濃国から追い落とす。旧領を回復したのもつかの間、村上が越後の上杉を頼ったことから武田、上杉の戦いが始まることとなる。
信川中島の戦いでは別働隊の将として敗戦寸前の武田軍を救うことになる。
勘助にとっては心を許せる友であり、ともに軍略を語り合えるよきライバルでもある
なお、真田幸村(信繁)は孫にあたる。

忍芽(しのめ)…清水美砂(しみず みさ)
真田幸隆の夫人。幸隆との夫婦仲は周囲も羨むばかりで子福者。幸隆との間に五人の男子を産む。天涯孤独の山本勘助にとって、真田家の仲睦まじい様子は自らが願ってもかなわぬ理想郷であり、戦に明け暮れる武田家中にあって、忍芽は砂漠の中のオアシスとも言える存在である。一方で、戦国武将の妻としてわが子を鍛え、どこに出しても恥ずかしくない武士に仕立て上げる厳しい教育者の一面もあり、家内をまとめあげることで旧領回復を悲願として戦う夫を支え続ける。

今川義元(いまがわよしもと)…谷原章介(たにはら しょうすけ)
駿河・今川家の当主。今川家は足利将軍の近い親戚で駿河、遠江の守護を務め、戦国時代にあって最も「天下」に近い位置にあった名門中の名門である。
氏輝、彦五郎と兄がいたこともあって仏門に入り梅岳承芳と名乗っていたが、兄二人が相次いで不審死を遂げたことで家督争いに名乗りをあげる。
同じく家督を目指した腹違いの兄弟を滅ぼし、還俗して家督を継ぐ。長らく宿敵であった武田家と和議を結び、晴信によるクーデターの際には追放された武田信虎を庇護することになる。
今川に仕官を望んだ山本勘助を毛嫌いし、結果的に勘助を武田家に追いやってしまう。

番組内容
天文4年(1535)、三河出身の浪人・山本勘助の姿が甲斐の国にあった。目的は先ごろ甲斐を統一した武田信虎の戦ぶりを見ること。20歳の頃から諸国を遍歴し、軍略を学ぶことすでに15年、勘助の夢は天下一の軍師になることだった。
ひょんなことで知り合い、恋に落ちた村娘・ミツが信虎に惨殺されたことから勘助は信虎への復讐を誓い、武田家に接近していく。そして生涯の主君となる信虎の嫡男・武田晴信(後の信玄)に出会う。
狂暴な振る舞いが目立ち人心が離れた父・信虎を追放し、武田家を継いだ晴信は早速、勘助を軍師として召抱える。ここに戦国最強の主従が誕生することとなる。
武田家の天下取りは信濃攻略から始まった。勘助はその手始めに諏訪地方を治める諏訪頼重を攻めることを進言する。頼重と晴信は義兄弟の関係だったため、武田が攻めてくることを全く予想していなかった諏訪はあっけなく滅び、そして、勘助は頼重の娘・由布姫と運命的な出会いを果たす。姫の気高さ、美しさに惚れ込んだ勘助の望みは、主君・晴信と由布姫が結ばれ、二人の子が天下を手にすることに定まる。仇敵・武田を嫌った由布姫もやがて晴信を受け入れ、勘助の望み通り一子・勝頼を生む。
一方、晴信の正室・三条夫人はすでに嫡男・義信をもうけており、ここに武田家に影を落とす家督争いの火種が生まれる。
信濃攻略の過程で重臣・板垣信方、甘利虎泰を失う手痛い敗戦を経つつも、武田軍団が信濃国を殆ど手中に収めたその時、勘助そして晴信の前に最大の敵が立ちはだかることになる。越後の長尾景虎(のちの上杉謙信)である。
戦国時代、最大の激戦・川中島の戦いは今や目前に迫っていた。


ページトップへ