ドラマトピックス

松下奈緒主演!向田邦子ドラマ「胡桃の部屋」


kurumi_banner01.jpg
【おしらせ】胡桃の部屋 番組ホームページがオープンしています!

松下奈緒主演!向田邦子ドラマ「胡桃の部屋」
「阿修羅のごとく」「あ・うん」など数々のドラマ脚本を執筆し、小説やエッセイでも幅広く活躍した向田邦子さん。没後30年となるこの夏、NHKでは氏の小説「胡桃の部屋」をドラマ10(連続6回)で制作します。
主演は、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でヒロイン・布美枝を演じた松下奈緒さん。
一筋縄ではいかない男女の関係や家族の絆を正面から描く「胡桃の部屋」にご期待ください!

【おもな登場人物】

kurumi003mn.jpg
三田村桃子(みたむら ももこ・29)...松下奈緒
三田村家の次女。絵本の出版社に勤める編集者。失踪した父に代わって、家族を守るために奮闘することに。

kurumi006tk.jpg
三田村綾乃(みたむら あやの・54)...竹下景子
桃子の母。ひたすら夫に仕えてきた良妻賢母だったが、夫の失踪で次第に不安定になっていく。

kurumi007kn.jpg
三田村忠(みたむら ただし・56)...蟹江敬三
桃子の父。頑固で厳しい「昭和の父」。会社一筋で働いてきたが、突然のリストラで職を失い、失踪する。

kurumi000ig.jpg
清水咲良(しみず さくら・31)...井川遥
三田村家の長女。美人で要領が良く、エリート商社マンと結婚。勝ち組人生を歩んでいるが...。

kurumi001us.jpg
三田村陽子(みたむら ようこ・25)...臼田あさ美
三田村家の三女。喫茶店でバイトしつつ、医者との玉の輿(こし)結婚を狙っている。優秀な姉たちにコンプレックスを持つ。

kurumi004st.jpg
三田村研太郎(みたむら けんたろう・22)...瀬戸康史
三田村家の長男。私立大学の三年生で就職活動を控えているが、父の失踪で自分の生き方に疑問を持ち始める。

kurumi002ht.jpg
都築実(つづき みのる・36)...原田泰造
忠の部下。失踪した忠を巡って、桃子の相談相手となる。実は妻と娘が家を出てしまっている。

kurumi005.jpg
恩田節子(おんだ せつこ・40)...西田尚美
鶯谷の小さなおでん屋を営む。居場所を失った忠と知り合い、自分の部屋に住まわせることに。

山口リエ(やまぐち りえ・29)...江口のりこ
桃子が勤める「よつば出版」の同期。さっぱりした性格。

塚本大輔(つかもと だいすけ・34)...松尾諭
「よつば出版」の同僚。桃子に密(ひそ)かに惚(ほ)れている。

大沢亮司(おおさわ りょうじ・50)...徳井優
「よつば出版」の編集長。面倒見が良い。

清水和夫(しみず かずお・38)...小林正寛
咲良の夫。商社マンとして忙しく、出張が多い。

桧山智広(ひやま ともひろ・32)...黄川田将也
医者の跡取り息子で、陽子の喫茶店に繁く通う。


【番組概要】
バブル前の1980年頃の東京を舞台に、生真面目で不器用な二女・桃子が、リストラで蒸発した父の代わりに一家を守ろうと奮闘する「胡桃の部屋」。父に裏切られた失意の母、同じく夫の不倫に悩む姉、玉の輿(こし)の結婚を狙う妹、就職活動がうまくいかない弟。それぞれの家族の悩みが胡桃の中にある「胡桃の部屋」のように、一つ一つ明らかになっていく。そして桃子自身も父の部下で妻子を持つ都築への想いに揺れつつ、家族の幸せを取り戻そうとするのだが・・・。
家族の幸せのためにひたむきに奮闘する主人公を軸に、向田作品らしいユーモアを交えつつ、現代に通じる辛口のホームドラマとして描く。

【番組名】ドラマ10 向田邦子ドラマ「胡桃(くるみ)の部屋」
【放送予定】2011年7月26日~8月30日 総合 毎週火曜 午後10時~10時48分〈全6回〉
【原作】向田邦子「胡桃の部屋」
【脚本】篠﨑絵里子
【音楽】大友良英


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ