ドラマトピックス

小芝風花さん主演『トクサツガガガ』主題歌決定!

ドラマ10
トクサツガガガ

tokusatsu0905a.jpg

【2018.12.11更新】主題歌ゴールデンボンバーに決定!

世の中って生きにくい。もっと器用に、もっと自分をうまく出せたなら・・・。
でも大丈夫!大事なことはすべて『特撮』が教えてくれる!!
連続ドラマ初主演の小芝風花。特撮オタクのOLを演じる!

商社勤めのOL・仲村叶[かの](小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。その仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。「ど、どうすれば…」。すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。そして、特撮オタクの先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも前向きに奮闘する仲村の姿を描くコメディードラマ。

gagaga1211c2.jpg


主演・小芝風花さんのメッセージ

私が演じさせていただく「仲村叶」は特撮オタクです。今は、色んな事をオープンに出来る世の中になって来ていますが、自分の好きなものをさらけ出せない人はまだまだ沢山いらっしゃると思います。周りから見たら小さな問題でも、自分にとっては大問題。大好きなものを守る為、堪能する為、奮闘する姿を楽しんで見ていただけたら嬉しいです。連続ドラマの主演は今作が初めてなので、最後までスタッフ・キャストの皆さんと面白い作品を作っていければと思います。

gagaga1211b2.jpg


主題歌決定!

ゴールデンボンバー 「ガガガガガガガ」
金爆初のドラマ書き下ろし主題歌!

gagaga1211a.jpg

鬼龍院翔さん(ゴールデンボンバー) コメント
この度は主題歌の御指名ありがとうございます!ゴールデンボンバーのようなクセのあるグループを指名したと言うことは普通の無難な曲を求めていないだろうと思いまして、およそドラマ主題歌では通らなそうな変拍子をブチ込んだりしてみました!やっぱり制作側の方々もブッ飛んだ人だったらしく気に入ってもらえたので今思うにこの光栄なお仕事を受けられたのはゴールデンボンバーかQueenくらいかなと思いました!トクサツガガガ、是非ご覧下さい(^-^)

 

主演・小芝風花さん コメント
ゴールデンボンバーさんが主題歌を担当されると聞いて、「どんな曲になるんだろう!」と、とてもワクワクしていました。ゴールデンボンバーさんならではの雰囲気と、特撮っぽさ。そしてこの作品の特徴も捉えた、面白い楽曲で、聞いた瞬間から頭から離れず、口ずさみながら撮影しています。ドラマの主題歌としてもそうですが、劇中に登場する特撮番組「ジュウショウワン」の主題歌としても使われていて、この物語にとても重要な曲になって いるので、ぜひそこにも注目してほしいです。この曲を聴いて、この作品を見て、楽しい気持ちに、明るい気持ちになれる人が沢山いますように。

 

制作統括・吉永証 コメント
主題歌打合せの日。「どんな感じをイメージされていますか」と鬼龍院さんに聞かれ、「ゴールデンボンバーさんらしい曲で是非お願いします!」と言ったことを思い出します。それから時がたち、送られてきたデモを聞いたとき、シビレマシタ。特撮への愛、隠さなければいけない切ない気持ち、そんなカオスに満ちた自分を肯定する覚悟、決意が伝わる曲でした。多くの人を励ましてくれる素敵な曲を作っていただいて感謝しております。


ドラマ10『トクサツガガガ』

【放送予定】
2019年1月18日(金)スタート
総合 毎週金曜よる10時から10時44分(連続7回)
【原作】
丹羽庭
【脚本】
田辺茂範
【音楽】
井筒昭雄
【出演】
小芝風花 倉科カナ 木南晴夏 森永悠希 本田剛文(BOYS AND MEN)
武田玲奈 内山命(SKE48) 寺田心 竹内まなぶ 松下由樹 ほかの皆さん
【演出】
末永創 新田真三 小野見知
【制作統括】
吉永証


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ