ドラマトピックス

波瑠さん主演!ドラマ10『お母さん、娘をやめていいですか?』制作開始

pic1.jpgpic2.jpg

その娘と母は一番の親友であり、まるで恋人のようだった。
しかし、その密月は、娘がある男と出会うことで、一変していく。
母娘の関係に目をそむけてきた父が、最後の希望を託したマイホーム。
家族は、その中にひそむパンドラの箱を開けてしまう。
複雑に絡んだ母娘の物語をサスペンスフルに描くモンスターホームドラマ!

娘・波瑠。母・斉藤由貴。
母の呪縛から逃れようとする娘と、暴走していく母の火花の散るようなバトル。
男・柳楽優弥。父・寺脇康文。
さらに、娘の恋人をめぐる三角関係。二人を止められない父。

誰もがうらやむ娘と母のはずだった…
娘と母は泥沼のバトルの先に新たな希望を見つけることができるのか。

【ストーリー】
娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼していた。二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘だった。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいた。
そんなとき、新築中の早瀬家を担当する住宅メーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。顕子は彼を気に入り、美月とつきあうように背中を押すが、美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。顕子は娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていく。そして、ついに松島を誘惑してしまう―

【主演・波瑠さんからのメッセージ】
「今回のドラマは母と娘の関係という誰にとっても身近なことがテーマになっています。共演者も素晴らしい方たちばかりで、その中で自分がどんなお芝居を一緒に作っていくことができるのか、今から楽しみにしています。このドラマの中で主人公が少しずつ成長していくように、撮影を通じて自分自身も一回り大きくなれたらと願っています」

【放送予定】
平成29(2017)年1月13日(金)スタート
午後10時~10時48分 毎週金曜<総合・全国放送・連続8回>
【作】井上由美子
【音楽】富貴晴美
【出演】
波瑠 柳楽優弥 麻生祐未 大空眞弓 壇蜜 石井杏奈 寺脇康文 斉藤由貴
ほかのみなさん
【演出】笠浦友愛 佐藤譲 大橋守(NHK名古屋放送局)
【制作統括】櫻井壮一(NHK名古屋放送局)


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ