ドラマトピックス

大石静脚本のラブストーリー『コントレール ~罪と恋~』制作開始!

ドラマ10
コントレール
~罪と恋~

番組ホームページ公開中!!

【あの「ドラマ10」が、火曜から金曜10時に移って生まれ変わります】

cont_0126a.jpg

新生「ドラマ10」第一弾は、大人の女性を魅了するラブストーリーの名手、
大石静さんのオリジナル脚本です。

夫を殺した男(ひと)――その恋は、罪ですか……?

無差別殺人事件で夫を失った孤独な女。
絶望の淵で出会った運命的な恋の相手は、夫を殺した男(ひと)だった……。
愛してはいけない相手と知ってなお、激しく求めあう二人。
そして女を想い、その恋をそっと見守る心優しき刑事。
人生には、どんなに苦しい時でも、思いがけない出会いが訪れる。
「セカンドバージン」「ガラスの家」を超えて、よりヒューマンで
切なく激しい、大人のためのラブストーリーをお届けします。

※コントレール=飛行機雲の英訳。ヒロインにとってはすぐに消えてしまう幸せの象徴であり、男にとっては、人を殺めた時に見た悲劇の象徴。ヒロインが営むドライブインの名でもある。

【物語】
青木文(あや)(石田ゆり子)は45歳。6年前、夫が上京中に無差別殺人事件に巻きこまれ、殺されてしまった。事件直後に妊娠が判明した息子も今は5歳。夫と始めた海辺のドライブインを、女手一つで細々と続けている。自分はもう幸せを取り戻すことはできないのだと、乾いた諦めの中に生きてきた文。事件に関わった刑事・佐々岡滋(原田泰造)が文と息子を気にかけて足繁く訪ねてくるが、女心はときめかない。そんなある日、店に詰めかけるトラックドライバー達の中に、物静かで端正な雰囲気の男・長部瞭司(おさべ・りょうじ)(井浦新)がいた。耳は聞こえるが口がきけないらしく、筆談用のメモ帳を持ち歩いている。世捨て人のようなその佇まいは、眠っていた文の女心を大きく揺さぶる。瞭司もまた、物憂げな文の姿に心を奪われていく。だが、二人をつないでいたのは、皮肉な運命の糸だった。6年前、エリート弁護士の職も何もかも捨てた瞭司こそ、文の夫を殺した張本人だったのだ……。


ドラマ10 『コントレール ~罪と恋~』

【放送予定】
2016年4月15日(金)~6月10日(金) [連続8回]
※5月27日は放送休止となります。
総合 毎週金曜 よる10時~10時49分 
               

【作】
大石静
【音楽】
羽深由理
【出演】
石田ゆり子  井浦新 原田泰造 桜庭ななみ 堀内敬子 野際陽子 ほか
【制作統括】
勝田夏子
【演出】
柳川強 橋爪紳一朗
【収録】
2016年2月初旬~5月初旬頃

『コントレール ~罪と恋~』番組ホームページ公開中!


ページトップへ