ドラマトピックス

田中麗奈さん主演『愛おしくて』制作開始!

ドラマ10
『愛おしくて』

itoshi0918_01a.jpg

itoshi0918_02.jpg

“愛をなくした”絞り染め作家の女、30歳
 美しい獣医師の男、43歳
愛、お金、地位…すべてを手に入れた野心家の女、60歳

一人の美しい男をめぐる、年齢の差を超えた女の戦い
 

岐阜県の山あいの小さな町で、愛に傷つき、愛をなくした一人の女が、もう一度“人を愛おしく思う気持ち”に目覚め、本気で人を愛し、幸せをつかんでいく―――

今回のドラマ10は、NHK名古屋がお届けする「大人のラブ・ストーリー」です。
女と男の揺れ動く人間模様、壊れてしまった親子の絆とその再生、そしてたどりつく本当の愛――
今を生きる女性たちに、勇気と感動を贈る「愛と許しの物語」。どうぞご期待ください!


【ストーリー】
愛人を作った父に捨てられ、母を病気で亡くし、そして恋人にも裏切られ「愛をなくした」女、小夏(田中麗奈)。そんな小夏にとって伝統工芸の「有松絞り」は唯一の生きがいだった。小夏は有松絞りの師匠に弟子入りするため、岐阜県の山あいにある工房にやってくる。師匠の怜子(秋吉久美子)は絞り染め作家として成功しているだけでなく、幅広くビジネスを展開し地域の財界にも顔が利く野心家だった。怜子は弟子入りの条件として、持て余していた犬の世話を押し付ける。この犬は、かつて人間に捨てられた保護犬だった。犬の世話を通じて、小夏は獣医師の光太郎(吉田栄作)と知りあう。ぶっきらぼうだが動物への深い愛情を持つ光太郎は、実は怜子と深い男女関係にあった。小夏の弟子入りは怜子と光太郎の関係に少しずつ影響を及ぼし始める。怜子は小夏に脅威を感じ、厳しい試練を与える一方で、その光る才能を自分の名声に利用しようとする。一方、この町で小夏は家族を捨てて出て行った父、辰造(小林稔侍)と思いがけず再会する。辰造は美容院を営む愛人の紙音(南果歩)と暮らしていたのだ。小夏は動揺し激しく拒絶するが、辰造は娘との絆を取り戻そうとつきまとう――。こうした中、犬との関わりを通じて小夏と光太郎は少しずつ惹かれあい、やがて小夏は絞り染め作家として、女として、師匠の怜子と激しく争うようになる。男女の揺れ動く人間模様と親子の葛藤の中で、小夏は一人の大人として成長し、人を愛おしく思う気持ちに目覚めていく。


itoshi0918_00.jpg

主題歌:島谷ひとみ
1999年7月にデビュー。ナチュラルな佇まいと、様々なタイプの楽曲を歌いこなす"歌唱力"や透明度の高い"歌声"が支持され、「亜麻色の髪の乙女」「Perseus-ペルセウス-」など数々の大ヒットソングを生み出す。
2002年より大晦日放送の「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場。


ドラマ10 『愛おしくて』

【放送予定】
平成28(2016)年1月12日(火)スタート                
毎週火曜 総合 よる10時00分~10時48分 <全8回>

【作】
黒土三男(1988年「とんぼ」「うさぎの休日」で第7回向田邦子賞受賞、NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」ほか)

【音楽】
羽岡佳(BSプレミアム 八王子発ドラマ「東京ウエストサイド物語」ほか)

【主題歌】
島谷ひとみ(代表曲「亜麻色の髪の乙女」「Perseus-ペルセウス-」ほか)

【出演】
田中麗奈、吉田栄作、秋吉久美子、水橋研二、緒形幹太、丘みつ子、石倉三郎
平田満、南果歩、小林稔侍ほか

【収録】
2015年9月20日(日)から12月下旬(予定) 

【演出】
福井充広 チーフ・ディレクター、佐藤譲 チーフ・ディレクター、桑野智宏 ディレクター(NHK名古屋放送局)

【制作統括】
青木信也 チーフ・プロデューサー、櫻井壮一 チーフ・プロデューサー(NHK名古屋放送局)


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ