ドラマトピックス

主演・山田裕貴 よるドラ「ここは今から倫理です。」制作開始

rinri1110_og.jpg

よるドラ
「ここは今から倫理です。」

2021年冒頭、新時代の“よるドラ”は、全く新しい学園ドラマ
山田裕貴演じるミステリアスでクールな倫理教師が、悩める高校生の問題に立ち向かう
「この『倫理』は、人生の必修科目です」

20代を中心に異例の人気を誇る雨瀬シオリの異色の学園コミック『ここは今から倫理です。』を、アニメ界でも活躍する気鋭の劇作家・高羽彩の脚本で実写ドラマ化。日々価値観が揺さぶられ「万人の万人に対する闘争」(ホッブズ)が起こり続けるこの世界に、新時代のあるべき「倫理」を問う。誰も見たことの無い本気の学園ドラマ。


【あらすじ】
ある高校で倫理の選択授業を受けている生徒たち。何食わぬ顔で座っている彼女ら彼らだが、それぞれがシリアスな問題を抱えている。自傷行為、深夜徘徊(はいかい)、いじめ、ドラッグ、合意の無い性行為…。悩みに押し潰されそうになった生徒たちに、謎の教師高柳が倫理と哲学の言葉を投げかける。一見退屈に思える「倫理」の教科書に書かれた先人たちの言葉が、現代の高校生によって読み替えられ、人生をサバイバルするための鋭い武器に変わる。「よく生きる」(ソクラテス)とは何か? 高柳は生徒に寄り添い、問いかけ、悩み続ける。生徒たちが見出すのは救いか? それとも!?


【主人公・高柳役 山田裕貴さん コメント】
哲学、倫理、偉人の名言、どれも好きでそのどれもが出てきて、まさかこんな作品があったとは…。最初に原作と出会ったときの感想でした。自分が演じる高柳に出会って、発する言葉にここまでシンクロを感じる人間もなかなかいないだろうなと。普段自分が思っていることを、高柳を通して伝えられる気がして、役を生きる中で自分の心を伝えられる作品に出会えたことにものすごく感謝しています。皆様の心に届くドラマに。

【原作者・雨瀬シオリさん コメント】
3年前に初めてこの漫画の第一話を描いたとき、「こんなに地味で、なんだか当たり前のような事ばかり言っている漫画が面白いのだろうか」と不安に思っていた事を思い出します。しかし頂く感想を見て、この「当たり前」がそもそも何なのかが分からない人、「これは当たり前なんだよ」と誰かに言って欲しい人が凄く多い事を知りました。実写ドラマとして、生身の役者さんを通して、紙の上とは違う角度からのこの「当たり前って、なんでしょうね」を伝えさせて頂けるのが嬉しくて仕方ありません。より多くの人がこの単純な疑問について改めて考えるきっかけになったらいいなと思います。一視聴者としても、とても楽しみにしています。


よるドラ「ここは今から倫理です。」

【主演】
山田裕貴
【放送予定】
2021年1月16日スタート <全8回>
総合 毎週土曜 よる11時30分
【原作】
雨瀬シオリ『ここは今から倫理です。』
【脚本】
高羽彩
【音楽】
梅林太郎
【制作統括】
尾崎裕和 管原浩
【プロデューサー】
倉崎憲
【演出】
渡辺哲也 小野見知 大野陽平

 


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ