ドラマトピックス

プレミアムドラマ「カンパニー」出演者のお知らせ!

company_logo_1027a.jpgcompany_1027_00.jpg

出演者のお知らせ
2021年1月10日(日)スタートのプレミアムドラマ「カンパニー」。
総務一筋で生きてきたにもかかわらず、全く無縁なバレエの世界に、ある日突然身を置くことを余儀なくされた“不運な”中年サラリーマンが、【企業の論理】や【芸術】といった価値観の対立に直面しながら「カンパニー」=「仲間」の力で、存亡の危機にひんした老舗バレエ団の再生をめざす、涙と笑いの奮闘物語です。
今回、新たな出演者が決まりましたので、原作者と脚本家からのメッセージとともにお知らせいたします。


【原作・伊吹有喜さん】
「カンパニー」はひとたび窮地に追いやられた人々が、それぞれの持ち場で力を尽くし、みんなで新しい場所へ踊り出ようとする物語です。このたび素晴らしいキャスト、制作の方々のお力でドラマになることにときめいています。井ノ原快彦さんの素敵な「青柳」、そしてKバレエカンパニー監修によるバレエの場面。静かに、されど激しく燃える大人たちの情熱と、ダンスの迫力が同時に味わえると思います。来年の日曜の放映が待ち遠しいです。

【脚本・梅田みかさん】
子供の頃、クラシックバレエに魅せられたわたしは、毎日のようにレッスンに励みました。十七歳でバレリーナになる夢はあきらめることになりましたが、このたび脚本という形でまたバレエにかかわることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。このドラマでは、原作の素晴らしさはもちろん、魅力的な登場人物たちを通して、バレエの素晴らしさをひとりでも多くの方々にお伝えできればうれしいです。


company_1027_01.jpg
瀬川由衣 役
倉科カナさん
誰しもが夢を持って仕事できる訳ではないし、夢を持っていても、才能という壁にぶつかる。やりたい事と今自分のやれる事の差異に悩みながらも、今現在出来る事に全力を尽くす!
由衣ちゃんのパワフルなエネルギー、怒ったり笑ったり、くるくると変わる感情に演じる私は若干クタクタになるんですけど、、でもゆいちゃんの腐らず諦めず、がむしゃらに前に進む姿は演じている私自身、元気をもらえます。どんなに自分自身が辛くても、誰かの背中をそっと押してあげる事の出来る、由衣ちゃん。そんな由衣ちゃんと井ノ原さん演じる青柳さんとの崖っぷち凸凹コンビが奮闘していく姿を是非御覧下さい!

 

company_1027_02.jpg
高野悠 役
宮尾俊太郎さん
今回のお話をいただいてから原作を読ませて頂き、これほどまでに自分自身が高野悠に似た境遇で、ダンサーとしての時期を迎えている事に運命的なものを感じずにはいられませんでした。この作品を通して、高野の答えを見つけていく事は、僕自身のダンサーとしての答えを見つけていく事になりそうです。
熊川哲也監修、Kバレエカンパニー全面協力のステージは今まで観たこのないドラマを作り上げる事を確信しております。
シビアな芸術の世界と人間ドラマが作り上げるカンパニーを楽しみにしていてください!

 

company_1027_03.jpg
敷島瑞穂 役
黒木瞳さん
プロデューサーの宮武さんとはNHKドラマ「ファーストラヴ」の演出家として出会いました。今回の「カンパニー」への熱い思いを伺ったときに、ああこれは一筋縄でいかない、すごいドラマなんだと感じました。情熱と再生というテーマで、ちっぽけな自分がどこまで出来るか?と問われる作品です。
確かな手応えと共に、皆で日々の撮影を楽しんでおります。


プレミアムドラマ 『カンパニー』

【放送予定】
2021年1月10日(日)スタート
BSプレミアム・BS4K 毎週日曜 よる10時から10時49分(全8回)
【原作】
伊吹有喜『カンパニー』
【脚本】
梅田みか
【音楽】
田渕夏海
【バレエ監修】
熊川哲也・Kバレエカンパニー

【出演】
井ノ原快彦

倉科カナ
宮尾俊太郎

  〇

織田梨沙
古川雄大
小林美奈
松尾龍(Jr.SP/ジャニーズJr.)

岡田浩暉

  〇

尾花貴絵
大谷玲凪
藤谷理子
栗山廉
田端志真

  〇
岩松了
  〇

坂井真紀
小西真奈美
西村まさ彦

黒木瞳

【制作統括】
樋口俊一(NHK) 加藤章一(TBSスパークル)
【プロデューサー】
宮武由衣(TBSスパークル)
【演出】
松田礼人 棚澤孝義(TBSスパークル)


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ