ドラマトピックス

よるドラ『だから私は推しました』制作開始!

よるドラ
だから私は推しました

dakara_1_0509a.jpg

地下アイドルを追いかけて 全てを失った女オタ・・・
その果てに待ち受ける運命とは?

森下佳子が紡ぐ、愛すべきオタクたちのちょっとビターな物語

 

【番組概要】

「ゾンビ」「腐女子」に続く “よるドラ”第3弾は―
地下アイドル × 女オタ
地下アイドルと出会い、オタク沼にハマったOLを待ち受ける意外な運命とは―。

「他人からのイイネが無いと不安…」 「みんなが良いって言うものしか良いって思えない…」
そんな生きづらさを抱えるヒロインの人生を変えたのは、一人の冴えない地下アイドルだった…。
自ら愛したものに突き進むヒロインの転落と成長を、“地下”のディープな世界の中で描いていきます。

 

【あらすじ】

主人公・愛は、友人とのマウンティングやSNS映え競争の中で日々ちょっとした見栄を張り、背伸びを重ねて、疲れ切っている三十路間近のOL。ある日、ひょんなことから地下アイドルのライブに行くことになり、地味で下手なくせにぎこちない笑顔を振りまいているアイドル・ハナを目撃する。あまりの下手さに苛立ちを覚える愛だったが、ハナの懸命さに心打たれ、やがてハナを自分の分身として推すようになっていく・・・。だが、それこそが「オタク沼」の始まりであった。キラキラOLを装う日々から離れ、ズブズブと沼にハマっていく愛。しかし、ハマればハマるほど狂い始めるお互いの関係・・・。果たして推しとの出会いは吉だったのか凶だったのか、愛の運命やいかに?


【おもな出演者】

dakara_cast01.jpg
桜井ユキ
(主人公・遠藤愛)

 

dakara_cast02.jpg
白石聖
(地下アイドルメンバー・栗本ハナ)

 

dakara_cast03.jpg
細田善彦
(オタクリーダー・小豆沢大夢)

 

dakara_cast04.jpg
松田るか
(地下アイドルリーダー・原花梨)

 

dakara_cast05.jpg
澤部佑
(刑事・聖護院実)

 

dakara_cast06.jpg
村杉蝉之介
(古参オタク・椎葉貴文)


【森下佳子さん コメント】

「若い人の若い人たちによる若い人たちのためのドラマを!」そんなとこを目標に頑張りたいというこの『よるドラ』枠。
正直、「そんなところにこんなおばはんが……」となかなか戸惑ったこのお誘い。しかしながら、「地下アイドル」と「女オタ」「自己承認欲求」というモチーフはいかにも今っぽく、その奥に横たわる「青春」というテーマはすこぶる普遍的。
つまり、とても魅力的。聞けばプロデューサーはNHKで一番若い人だというし……。「ここは足して2で割って若手に入っちゃえ!」と開き直り、厚かましくも関わらせていただくことになりました。
今作のヒロインは人からの「いいね!」ばかりを気にして生きてきた少々頭が窮屈な女の子。そんな彼女が伸び代だけの地下アイドルと出会い、生まれて初めて人を「推す」。たったそれだけのことで、スカスカだった日々はガンガンに密度を増し、窮屈だった頭はどんどん自由になって行く。そして、その日々の行き着く先は……?
笑いと涙、そして愛すべきオタクたちに彩られた2人の青春を見守ってくださると嬉しいです。

【森下佳子さんプロフィール】
大阪府生まれ。2000年「平成夫婦茶碗」で脚本家デビュー。「JIN-仁-」、「天皇の料理番」、「義母と娘のブルース」(TBS)など話題作を多数執筆。NHKでは連続テレビ小説「ごちそうさん」(第32回向田邦子賞受賞)、大河ドラマ「おんな城主直虎」など。


よるドラ『だから私は推しました』

【放送予定】
2019年7月27日(土)スタート
総合 よる11時30分から11時59分(全8回)
再放送:総合 毎週土曜 午前0時40分から1時9分(※金曜深夜)
【作】
森下佳子
【音楽】
蔡忠浩(bonobos)
【出演】
桜井ユキ 白石聖 細田善彦 松田るか 笠原秀幸 田中珠里 松川星 天木じゅん/
澤部佑 村杉蝉之介 ほか
【演出】
保坂慶太 姜暎樹 渡邊良雄
【プロデューサー】
高橋優香子
【制作統括】
三鬼一希


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ