ドラマトピックス

市原隼人✕中村ゆり『捨て猫に拾われた男』2月23日放送!

スペシャルドラマ
捨て猫に拾われた男

neko_0207a.jpg

自由奔放に過ごす猫の生きざまに、
現代を軽やかに生きるヒントを得て、日常の幸せに気づいていく男の物語。

出版社に勤めている 「僕」 (市原隼人) は、 あるときからなぜか会社に行けなくなった。 公園のベンチでボンヤリ過ごしていると、 隣に座っていた老人 (ミッキー ・ カーチス) に 一匹の黒猫がすり寄ってきて餌をせがんだ。 老人は翌日から施設に入るので、 猫とは今 日がお別れだと言う。 それが、 僕と猫 ・ 大吉との運命的な出会いとなった。 そして僕は、 猫については先輩の 「妻さま」 (中村ゆり) に支えられながら、 大吉の世話に大奮闘。 初めての猫との暮らしを通して、家族や社会との関係が少しずつ変化していくのだった…。


【おもな登場人物】

neko_cast_01.jpg

市原隼人
出版社の企画部勤務。周囲からはできる男と思われ、バリバリと仕事をしていたが、忙しさと仕事のストレスから、気持ちが塞いで通勤が辛くなる。大事をとって会社から休職するように命じられ、現在は日々自宅で過ごす。


neko_cast_02.jpg
妻さま
中村ゆり
僕の妻。専業主婦だが、元々は僕と同じ出版社に勤務していた。社内合コンで知り合った僕と結婚し退職。現在は妊活中。僕の休職を機に、パート勤めを考え始める。 猫が好きで、昔は猫を飼って いた。


neko_cast_03.jpg
だいきち
くろまさ
僕の家の近所にある公園に出没する黒猫。元々は飼い猫だったが、飼い主に捨てられ てしまったらしい。自由気ままに過ごすその姿が僕の生き方に影響を与えていく。


neko_cast_04.jpg
真由美
筧美和子
僕と同じ企画部の部下。猫アレルギー。仕事のできる僕に憧れ、密かに恋心を抱いてきた。休職している僕を心配して、様子を見にやってくる。妻さま不在のなか僕の家に上り込むが……。


neko_cast_05.jpg
鹿島
奥田恵梨華
妻さまの親友。ボランティアで里親会のスタッフを務める。妻さまの悩みの相談相手でもある。


neko_cast_06.jpg
サラリーマン
平原テツ
印刷会社の営業マン。僕の家の近所にある公園で、仕事中に時間をつぶしている。


neko_cast_07.jpg
三原
津田寛治
動物病院の獣医。ペッ トと飼い主を温かく見守る心優しい医師。


neko_cast_08.jpg
老人
ミッキー・カーチス
僕の家の近所にある公園に通う不思議な 老人。どこにいても猫に好かれてしまう。


原作者のことば … 梅田悟司
ひょんなことから一緒に暮らすことになった黒猫 「大吉」。僕は彼から生きる上で大切なことをたくさん教えてもらっています。その一部を、 ドラマという形でお裾分けさせていただく機会に恵まれ、本当にうれしいです。大げさではなく、僕の人生は猫一匹で大きく変わりましたからね。猫と生活する楽しさを通じて、ひとつの生命と時間を共にする素晴らしさと責任、そして里親制度について、思いを馳せていただければ幸いです。猫好きなひとはもちろん、猫嫌いのひとにも、ぜひ観ていただきたい 内容です!

脚本家のことば … 小林弘利
最近、世の中がとても息苦しくなっているように感じています。笑いは嘲りになり、感動は涙としか表現されなくなり、みんなどことなくギスギスしている。そういう空気の重さに疲れてしまった主人公が一匹の捨て猫に出会い、猫がただ猫としてそこにいる姿を見て、勝手に人生の意味を再発見していきます。これは猫がただ猫としてそこにいるように、自分もまた、ただ自分としてここにいればいい。そんなことを語るささやかなお話です。

演出家のことば … 松原弘志
今回の俳優は手ごわかった。黒猫の大吉(本名・くろまさ)。本番中に藪に逃げ込んだり、家具の奥に隠れたり、面倒くさいなあという顔で言うことを聞いてくれなかったり。でも、そんなことを吹き飛ばす素晴らしい演技を披露してくれた。撮り切れるかどうか厳しいスケジュールの中、市原隼人さん、中村ゆりさんと家族になり、スタッフを一丸にしてくれた戦友。クランクアップ、花束の代わりに大吉にカリカリのキャットフードを贈った。ありがとう大吉!もうすぐ放送だ。カリカリ食べながら観てくれよ!


スペシャルドラマ『捨て猫に拾われた男』

【放送予定】
BSプレミアム 2019年2月23日(土) よる8時から9時
【原作】
梅田悟司 『捨て猫に拾われた男』
【脚本】
小林弘利
【音楽・主題歌】
中山うり
【出演】
市原隼人 中村ゆり 筧美和子 奥田恵梨華 平原テツ 希代彩 / 津田寛治 / ミッキー・カーチス
【制作統括】
出水有三(NHK) 川崎直子(NHKエンタープライズ) 小川直彦(スパークル)
【プロデューサー】
宮武由衣(スパークル)
【演出】
松原弘志(スパークル)


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ