ドラマトピックス

前田亜季さん主演 『農業女子"はらぺ娘"』 12月放送!

北海道発地域ドラマ
『農業女子“はらぺ娘”』

harapeko_0810a.jpg

harapeko_0810b.jpg

BSプレミアム 2015年12月16日(水)よる10時00分放送予定

⇒番組ホームページはこちらから!

NHK札幌放送局は、北海道発地域ドラマ「農業女子“はらぺ娘”」を制作します。
舞台は、広大な北海道の大地。一昨年設立された“女性の農業後継者たち”による団体をモデルに、農家の跡取りを目指す『農業女子たち』の奮闘を描きます。
相次ぐ離農、異常気象による天災、さらにはTPP。揺れ動く日本一の農業地域・北海道。
人生を懸ける仕事とは、そして結婚とは、家族とは…。農家に生まれ育ち、自らも農家の道を選んだ女子たちを通して、北海道農業の今と希望を描くドラマです。

【物語】 
農業が閑散期を迎える冬、旭川で開かれた婚活パーティー。ドレスアップしていたのは、道内各地から集まった農業後継者の女子たち。農家の跡を継ぐにはパートナーが欠かせないと、婿探しをしていた。
実は、団体のリーダーで上富良野町の農家の一人娘・広瀬菜摘(29)は、父・幸雄(65)から農家を継ぐことを反対されていた。北海道の農業は本州よりも桁違いに規模が大きいために経営も難しく、男子よりも体力がなく、機械の扱いが苦手な女子たちには向いていないと思われているからだ。
一方、菜摘の親友でサブリーダーの沢木由佳(29)も、農業を取るか、恋人を取るか、大きな岐路に立たされていた。北海道の農家の娘が家業を継ぐのは、並大抵の事ではない。
そんな農業女子たちは、持ち前の行動力で、収穫した野菜の直接販売や『食育イベント』に挑戦。さらには、十勝の更別村の『トラクターバンバレース』への出場などで、自分にとって農業とは何なのか“農業の可能性”に気づいていく。
果たして、はらぺ娘は、後継者として認められるのか、そして、婿をゲットするのか。

【ドラマのモデル 北海道の農業後継者の女子たちによるネットワーク“はらぺ娘” 】
“はらぺ娘”という名前は、現状に満足しないハングリー精神をもった農業女子の意味。平成25年12月に誕生し、メンバーは約40名。上富良野、釧路、幕別など北海道全域から集まった農家の娘たちです。女性の農業後継者として自立するために、農業技術や経営の習得、農産物の料理・加工の研究、婚活などを活動内容として立ち上げられました。


北海道発地域ドラマ
『農業女子“はらぺ娘”』

 
【放送予定】 BSプレミアム 2015年12月16日(水)よる10時00分~10時59分
 
【出演】 前田亜季、芹那、バービー、苅谷俊介、曽川留三子、阿部亮平、田中幸太朗、小久保寿人 ほか
 
【作】 青木江梨花
 
【音楽】 榊原大
 
【演出】 東山充裕(NHK札幌放送局)
 
【制作統括】 金濱理卯(NHK札幌放送局)
 
【収録】 2015年3月、7~9月 北海道上富良野町、更別村 ほか
 
⇒番組ホームページはこちらから


ページトップへ