ドラマトピックス

女性ふたりの切ない青春を描く「夜明けのララバイ」放送!

■第35回創作テレビドラマ大賞 大賞受賞作「夜明けのララバイ」放送!

 日本放送作家協会主催、NHK・NHKエンタープライズ後援の第35回創作テレビドラマ大賞。その大賞を受賞した作品「夜明けのララバイ」をドラマ化します。
 自傷行為を繰り返す叶江(21)と、不治の病にかかっている緑里(22)。都会の片隅でそれぞれの孤独を抱えて生きる二人の若い女が、ふとしたきっかけで出逢い、芽生える友情。「生」をもてあましている女と、「生」に見放された女との間 で展開される軽妙な会話から、人の生きる意味は何か、人の幸福とは何かという根源的なテーマが浮かび上がってくるリリカルで感動的なドラマです。

yoake_0221a.jpg

 

line.gif

■ストーリー

 

 叶江(21)は、好きでもない男と関係を持ち、自傷を繰り返していた。ある夜、公園で、不思議な少女を見つける。その少女は公園の砂場に会員証や保険証を埋めて立ち去ったのだ。翌日、公園に行くと、そこにまた少女が。二人は夜の公園で 会話を交わす仲になる。
 少女に見えた女は、緑里といい、叶江より一つ年上だった。素性を明かさない緑里に、叶江はえもいわれぬ魅力を感じていく。
 ある日、二人は海に旅する。しかし緑里は急に体調を崩し、苦しがる。彼女は幼いころから病気を患い、公園のすぐ近く の病院に入院していたのだった。「もう会わない。」そう言う緑里に、掛けるべき言葉も見つからず、叶江はその場から去 る。
 叶江は、二度の薬物使用により保護観察中の身だった。保護司の助言などにより、叶江は再び、病院の緑里を訪れる。しかし、緑里は驚くほどにあっけらかんと叶江を受け入れ、叶江は拍子抜けする。互いの秘密を知り、二人の友情は深まっていく。
 しかし、緑里の体は次第に衰弱してゆく。そして・・・。

line.gif

【 作 】
 吉田真童

【出 演】
 谷村美月 蓮佛美沙子 渡辺大 上田耕一 竹下景子 ほか

【音 楽】 S.E.N.S.(センス)

【放 送】
 2012年3月27日(火)放送予定
 総合 午前0:15~0:58 ※26日(月)の深夜になります
※東海3県(愛知県、三重県、岐阜県)では午前2:40~3:25の放送となります。

◎「夜明けのララバイ」スタッフブログはこちら


ページトップへ