ドラマトピックス

大河ドラマ「平清盛」主役は松山ケンイチさんです!

101125taira.jpg「ノルウェイの森」や「GANTZ」など、話題作に連続主演!
今、一番輝いている男・松山ケンイチさんが
大河史上最年少「清盛」として大役に挑戦します!

平成23年度の大河ドラマ「平清盛」。主役の平清盛を、松山ケンイチさんが演じることになりました。番組は2012年1月放送開始予定です。どうぞご期待ください!

■松山ケンイチさん プロフィール
1985年(昭和60年)生まれ。青森県出身。
2003年「アカルイミライ」で映画デビュー。「男たちの大和/YAMATO」のオーディションで大役を射止め、注目される。「デスノート」では"L"の役で話題となり、日本アカデミー賞助演男優賞受賞。一昨年は「デトロイトメタルシティ」で同賞主演男優賞受賞。
若手俳優の中でもずば抜けた表現力と存在感を持ち合わせ、25歳という若さにも関わらず、日本映画界を牽引する一人と言われる。
<主な出演作>
映画:「椿三十郎」「カムイ外伝」「ウルトラミラクルラブストーリー」「人のセックスを笑うな」
テレビ:「セクシーボイスアンドロボ」「銭ゲバ」「99年の愛」NHKでは「マチベン」(2006年)「その5分前」(2006年)出演


■新たな英雄(ヒーロー)伝説の始まり―なぜ、松山ケンイチさんか?
...チーフ・プロデューサー 磯智明

私の中で松山さんは「いつか一緒に仕事をしてみたい俳優NO1」でした。今回「平清盛」は武士であり、政治家であり、家庭では良き父でもある複雑な役柄、さらに若い頃から63歳まで演じなければならない大役。しかし、清盛のキャラクターを考えれば考えるほど、「いつか一緒に仕事を」の「いつか」が「今」ではないかと思い始めましたのです。
松山さんは25歳の「若さ」です。「若さ」は時に「未熟」という不安を呼び起こしますが、「期待」という希望を与えてくれます。松山さんはこれまでの作品で幾多の困難な役柄に挑戦し、克服してきた実績の持ち主です。清盛の今までのイメージを一新したい、私たちの切なる願いを彼の若き才能がきっと実現してくれると思いました。
松山さんは「自分は運が強い」と言います。これはきっと努力したことへの彼なりの自信の裏返しだと思います。清盛も強運の持ち主で、蔑まされていた武士の身分から日本の覇者に成り上がった男です。沈み行く太陽が、清盛が念ずれば再び昇り始めたという神話の持ち主でもあります。清盛というヒーロー誕生のドラマが、あたかも松山ケンイチさんの更なる才能が開花していくドキュメントとしても感じていければ、きっと面白い作品になると期待しています。

■大河ドラマ50年。最も若き清盛が躍動する、生きている平安!
...チーフ・ディレクター 柴田岳志

辰巳柳太郎60才。仲代達矢39才。金子信雄55才。渡哲也63才。
これまで平清盛を演じた名優たちと放送開始当時の年齢である。大河ドラマ50年の歴史の中で、清盛を演じた俳優はこの4人しかいない。時の権力者としての威厳と存在感を表す重厚な配役であり、それを演ずるにふさわしい年齢である。
だが平清盛は当然、最初から功なり名を遂げていたわけではない。彼にも若き日があり、悩みやコンプレックスがあり、それと葛藤し闘いながら、トップにのし上がっていったのだ。
2012年。そんな生身の人間としての平清盛を演ずるのが― 松山ケンイチ25才。
繊細さと骨太なパワーを併せ持つ、今最もイキのよい若手俳優である。先日松山さんと初めて会った。朴訥とした人柄の中にも、役に向けた真摯で熱い思いを感じ、うれしく思った。
清盛は、幼くして母を失い、実の父も知らずに育った。家族に恵まれない孤独な若者だった。それが、「無頼の高平太」と呼ばれて海賊たちに慕われ、やがて愛する妻を持ち、子を作り、自分の家族を養い、いつしか平家の棟梁として強大なファミリーを築きあげて行く。
そんな清盛のダイナミックな人生を、松山さんには、奇をてらわず真正面から演じてもらいたいと思う。そのために我々スタッフは一丸となって、支えてゆくつもりだ。大河史上5人目にして最も躍動感溢れる清盛。ぜひご期待下さい。

■関連記事
『平清盛』2012年大河に登場!
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/55763.html

大河ドラマ 「平清盛」


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ