ドラマトピックス

★こちらのページは2022年2月で更新を終了いたしました。
新しいドラマ情報はこちらをご覧ください。

大河ドラマ「青天を衝け」新たな出演者発表!

seiten0527_og_02.jpg

主演・吉沢亮
作・大森美香 音楽・佐藤直紀 題字・杉本博司

 

【新たな出演者発表】

主人公・渋沢栄一がさらなる転身を遂げる明治維新。大転換期のステージで新風を吹き込む、新たな出演者をお知らせいたします。
江戸幕府の勘定奉行であり財政改革における栄一の憧れだった小栗忠順役に武田真治さん、明治維新期に外交などで手腕をふるい、栄一を新政府へ登用した大隈重信役に大倉孝二さん、攘夷を唱えた長州藩士からやがて初代内閣総理大臣をも務めた伊藤博文役に山崎育三郎さんが出演します。3人の活躍にご期待ください。



seiten0527_01.jpg
江戸幕府 勘定奉行
小栗忠順(おぐり ただまさ)
武田真治(たけだ しんじ)
万延元年(1860)に遣米使節として渡米。そこで近代産業に驚き、造船所のネジを持ち帰る。帰国後は勘定奉行として理財の才を発揮。貿易会社の設立や軍備の拡大を進めるため、栄一が随行したパリ万博の裏で、フランスからの融資実現に向けて奮闘する。

<武田真治さんのコメント>
2011年の『江〜姫たちの戦国〜』以来、十年ぶりの大河ドラマ参加に心震えています。私の役どころ小栗忠順は、1860年には、地球を一周し、帰国後は多くの奉行を務め、江戸幕府の財政再建や、洋式軍隊の整備、横須賀製鉄所の建設など、幕府側から近代化政策を行い、渋沢栄一の人生に多大な影響を与えたと言われています。徳川に仕えながら日本の未来のために尽力していた小栗と、当初攘夷(じょうい)討幕を唱えていた栄一の出会いが、どのようなものだったか、「日本経済の父」と呼ばれる栄一に与えた影響とは…。混沌とした幕末に思いを馳(は)せ、大切に演じさせて頂きます。

 


seiten0527_02.jpg
明治政府 大蔵大輔(だゆう)
大隈重信(おおくま しげのぶ)
大倉孝二(おおくら こうじ)
佐賀藩士族。佐賀藩校では騒ぎを起こして退学させられるが、英語を学ぶために長崎へ遊学。維新後、外交交渉ができる能力を必要とされ、新政府に入る。明治2年(1869)には大蔵省で実質上のトップに就任。新政府からの出仕の命をこばむ栄一を、得意の弁舌で口説き落とす。

<大倉孝二さんのコメント>
渋沢を政府に誘い、総理大臣、外務大臣等を歴任、近代産業の発展に貢献、政党や大学も作った、誰もが知る明治大正期のビッグネーム。
豪放磊落(らいらく)で「民衆政治家」と呼ばれ親しまれた。
そんな大隈重信をやらせていただくことになりました。
大変なことです。もう一度言わせてください、大変なことです。
作品に貢献出来るよう尽力させていただきます。

 

seiten0527_03.jpg
明治政府 大蔵少輔(しょうゆう)
伊藤博文(いとう ひろぶみ)
山崎育三郎(やまざき いくさぶろう)
<大河初出演>
長州藩士族。イギリス公使館焼き打ち事件を起こした攘夷派の志士であったが、井上聞多とともにロンドンに留学してから一転、開国論者になる。維新後は新政府に出仕し、大蔵少輔として栄一の上司に。主に貨幣制度の改革に注力した。やがて初代内閣総理大臣に出世する。

<山崎育三郎さんのコメント>
日本の初代内閣総理大臣、伊藤博文を演じさせて頂きます。
大日本帝国憲法の起草者の一人であり、幕末から明治へ日本を近代化に導いた偉人。
「周旋の才あり」と言われた伊藤博文のように、人と人との繋(つな)がりを大切に、敬意を持って誠実に挑みます。
素晴らしい役者の皆さんと作品創りが出来る事を楽しみにしています。


2021年 大河ドラマ『青天を衝(つ)け』 

【放送予定】
毎週日曜 NHK総合 よる8時/BSプレミアム・BS4K 午後6時
【出演】
吉沢亮、高良健吾、橋本愛、町田啓太、木村佳乃、堤真一、草彅剛、小林薫 ほか
【制作統括】
菓子浩 福岡利武
【演出】
黒崎博 田中健二 村橋直樹 渡辺哲也 川野秀昭
【プロデューサー】
板垣麻衣子
【広報プロデューサー】
藤原敬久