ドラマトピックス

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」"美濃編"出演者発表

2020年 大河ドラマ(第59作)
麒麟(きりん)がくる
 池端俊策

kirin_ogp_0308a.jpg

“美濃編” 出演者発表

大河新時代――
記念すべき2回目の東京オリンピックが行われる2020年――
21世紀の日本にとって大きな節目を迎える年です。
そのメモリアル・イヤーに、大河ドラマで最も人気の高い「戦国時代」をはじめて4Kでフル撮影、
従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描く、まさしく「大河新時代」の幕開けとも
いえる作品が第59 作「麒麟がくる」です。
   
「麒麟がくる」は、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑
たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけ戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」です。
脚本は、第29作「太平記」を手がけた池端俊策のオリジナル。
大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生に光があてられます。
物語は、1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、丹念に
それぞれの誕生を描いていきます。
若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、そして秀吉が、家康が、所狭しと駆け巡る…
「麒麟がくる」―新たな時代の大河ドラマの始まりです。


【企画意図】

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。
応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから
解放してくれるのは、誰なのか・・・
そして、麒麟はいつ、来るのか?

若き頃、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として
勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、
多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。
「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、
戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。

従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、
同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、
懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、
エネルギッシュな群像劇として描き、
2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。

明智光秀とはいったい何者なのか?
麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか・・・
今、すべてが、始まる──


【困難な時代に挑む大河ドラマを  制作統括 落合将】

「平成」が終わり、新元号で新たな時代が始まります。
戦後の焼け野原から国民一丸となり、幸福ともいえる一体感をもって経済成長をとげた「昭和」が終焉えんし、その後につづいた30年にわたる「平成」もまた今終わろうとしています。
思えば、「平成」は新たな格差社会の到来、無縁社会など家族のありかたの劇的な変化、震災や大雨などの大災害の発生など、大きな影が日本を覆い始めた時代です。そしてその影は、今日も多くの日本人一人一人に覆いかぶさっています。従来の昭和的価値のありかたや幸福の尺度が大きく揺らぎ続け、「元気を出せ」と言われても日常を取り囲む現実がそれを阻む・・そんな時代に私たちは生きています。
「麒麟がくる」で明智光秀が生きる1540年代からの室町時代末期もそんな、古いモラルが崩壊し、新しいモラルを模索することを日本人に強いられた激動の時代です。
何を信じればいいのか分からない苦しい時代のなか、青年の光秀や信長はもがきます。そして迷路の中で自分の信念だけを胸に、新しい価値を自分たちだけでつくりあげていきます。いつの時代も混乱した社会に新しい光の道筋をつけていくのは血気盛んな若者たちなのです。
そんな室町末期の青春群像劇「麒麟がくる」をつくりあげる為に、日本を代表するキャストの方々や、頼もしいスタッフ達が集結しました。作曲家のジョンさんは、はるばる海を越えてハリウッドからの参加です。
視聴者の皆さんが、この困難な時代を生きていくヒントを見出せるような、壮大な戦国エンターテインメントドラマをお届けしたいと、今全員で、意気込んでおります。


【作】

kirin_0308b_01.jpg 
池端俊策
1946年、広島県生まれ。
明治大学卒業後、竜の子プロダクションを経て、今村昌平監督の脚本助手となる。
映画「復讐するは我にあり」「楢山節考」などの脚本に携わる。
脚本家として独立後、代表作に大河ドラマ「太平記」ほかに「イエスの方舟」「羽田浦地図」「聖徳太子」「夏目漱石の妻」など。2009年に紫綬褒章を受章。

 

kirin_0308b_02.jpg 
前川洋一
1958年、東京都生まれ。
1989年に読売ゴールデンシナリオ賞優秀賞を受賞し、93年に映画『ゴト師株式会社』でデビュー。
2014年自身初となる大河ドラマ「軍師官兵衛」の他、近年では「雲霧仁左衛門3」「沈まぬ太陽」( ギャラクシー賞月間賞 他)「アキラとあきら」(ATP賞グランプリ)「孤高のメス」などを執筆。映画『Fukushima50』の公開を来年に控えている。

 

岩本真耶
2009年日本大学芸術学部卒。東北新社を経て、2016年NHKBSプレミアム「鴨川食堂」で脚本家デビュー。
主な作品にNHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻(第3話)」KITTE名古屋×中京テレビドラマプロジェクト「名駅1丁目1番1号」など。


【音楽】

kirin_0308b_03.jpg 
John R. Graham(ジョン・グラム)
アメリカ・バージニア州生まれ。ウイリアムズ大学・スタンフォード大学院を卒業後、ワーナー・ブラザーズの専属オーケストレーターとして数多くのハリウッド映画音楽の編曲とオーケストレーションを手掛ける。その後、作曲家として数々の映画、テレビドラマ、アニメーション、ゲームの音楽を担当。代表作に「キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV」「シルベスター&トゥイーティーミステリー」。また「アバター」などの予告編音楽も手掛ける。高度なオーケストレーションと独自の制作手法を用いて、近代的なハリウッド・サウンドを紡ぎだすベテラン作曲家としてハリウッド映画音楽業界でも一目置かれる存在である。

<メッセージ>
日本の皆さん、こんにちは。私にとって大河ドラマの音楽を担当させて頂くのは非常にエキサイティングなことです。幼少の頃より、軍記小説やドラマに囲まれてきた私にとって、日本の「明智光秀」の物語は、冒険や挑戦や賭けや裏切りなどダイナミックな歴史的出来事に彩られていて、大変興味深いものです。もしシェイクスピアが同じ時代に生きていたなら、感銘のあまり筆をとり、悲劇の大作を世に残したことでしょう。
「麒麟がくる」には若き信長や秀吉など、天下統一を目論む個性豊かな武将たちが登場します。音楽はそれに応えるべく、パワフルかつ多彩な旋律と響きで表現したいと思っております。NHK交響楽団による躍動感に満ちたメインテーマの演奏も楽しみにしております。


【時代考証】

小和田哲男
1944年静岡県生まれ。現在静岡大学名誉教授。
専門は日本中世史、特に戦国時代史で、主著「後北条氏研究」「近江浅井氏の研究」のほか「小和田哲男著作集」などの研究書の刊行で、戦国時代史研究の第一人者として知られている。NHKでは「歴史秘話ヒストリア」における解説や、大河ドラマ「秀吉」「天地人」「軍師官兵衛」などの時代考証を担当している。

【衣裳デザイン】

黒澤和子
1954年、黒沢明の映画「七人の侍」打ち上げの日に、黒沢明の長女として東京に生まれ、1988年父の進言で、映画界に入る。父の影響で映画の世界に魅せられ、時代考証や日本民族衣裳の勉強に励む。「汚し」のテクニックが評価され、それを軸に時代衣裳デザインの素晴らしさに目覚め、経歴を積む。時代劇から現代劇、リアルな作品からポップな作品まで幅広い作品を手掛ける。主な作品に映画「八月の狂詩曲」「まあだだよ」「アウトレイジ」「万引き家族」「清須会議」NHK では「とと姉ちゃん」「西郷どん」など。

風俗考証 佐多芳彦
建築考証 三浦正幸
医事考証 星野卓之
古文書考証 大石泰史
時代考証補 小和田泰経
所作指導 花柳寿楽
芸能指導 友吉鶴心
殺陣武術指導 久世浩
馬術指導 田中光法


kirin_0308_08.jpg 

明智光秀(あけちみつひで)
長谷川博己
身分が高いとは言えない美濃の明智家に生まれるが、勇猛果敢な性格と類まれなる知力を、美濃を牛耳る斎藤道三に見いだされ、道三の家臣として重用されるようになる。やがて、主君として付き従った道三が討たれると、美濃を追われるが、後半生の主君・織田信長と出会ったことで彼の運命が大きく動き出していく。

 

kirin_0308_11.jpg
(こま)
門脇麦
光秀が京で出会う娘。医師・望月東庵の助手をつとめている。
戦災孤児で、伝説のいきもの・麒麟の存在を信じている。

 

kirin_0308_12.jpg
菊丸(きくまる)
岡村隆史
<大河初出演>
光秀が美濃で出会う三河出身の農民。神出鬼没で、敵か味方かわからないが、常に光秀の危機を助ける。

 

kirin_0308_09.jpg
明智牧(あけちまき)
石川さゆり
光秀の母。光秀が幼少時に死んだ父の代わりに「武士として
の心構え」を諭す厳しくも心優しき母。

 

kirin_0308_10.jpg
明智光安(あけちみつやす)
西村まさ彦
光秀の叔父(父の弟)。明智家の当主で、道三の家臣。
明智家の行く末を常に案じている。

 

kirin_0308_02.jpg
織田信秀(おだのぶひで)
高橋克典
<大河初出演>
尾張に根を張る、道三のライバル。織田信長の父。海運を牛耳り、豊かな経済力を背景に、美濃の道三や駿河の今川と争う勇猛果敢な戦国武将。

 

kirin_0308_03.jpg
平手政秀(ひらてまさひで)
上杉祥三
信秀を支える織田家老臣。信長のもり役。

 

kirin_0308_07.jpg
土岐頼芸(ときよりのり)
尾美としのり
美濃の守護。かつて道三と結託し、兄を守護の座から追い落とした過去を持つ。
鷹の絵を描くのを好む。

 

kirin_0308_05.jpg
斎藤義龍(さいとうよしたつ)(高政(たかまさ)
伊藤英明
道三の嫡男。母は守護・土岐頼芸の愛妾だった深芳野(のち道三の妾)。自らの出自の謎にこだわるが故、父との折り合いは悪い。光秀の幼い頃からの学友。

 

kirin_0308_06.jpg
帰蝶(きちょう)(濃姫(のうひめ
沢尻エリカ
<大河初出演>
道三の娘(母は正妻・小見の方)。光秀とは姻戚関係であり、幼い頃からの付き合いでもある。政略結婚により、のちに織田信長の正妻となる。

 

kirin_0308_01.jpg
織田信長(おだのぶなが)
染谷将太
光秀が尾張で出会う信秀の嫡男。明智光秀との出会いが、信長自身の運命も変えていく。

 

kirin_0308_13.jpg
望月東庵(もちづきとうあん)
堺正章
京に暮らす医師。今は落ちぶれているが、朝廷や各地の戦国大名などに不思議な人脈を持つ。生涯にわたって光秀を導く存在になる。大の双六好き。

 

kirin_0308_04x.jpg
斎藤道三(さいとうどうさん)(利政(としまさ)
本木雅弘
美濃の守護代で光秀の主君。一介の油売りだった亡き父とともに親子二代で美濃の国盗りを目指す戦国下剋上の代名詞的存在。天才的な軍事力と狡猾な政治力を持ち、金銭への執着も強い。


2020年 大河ドラマ『麒麟がくる』

【放送予定】
2020年1月から
【収録スケジュール】
2019年6月クランクイン予定
【脚本】
池端俊策
【主演】
長谷川博己
【制作統括】
落合将
【演出】
大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
【プロデューサー】
藤並英樹


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ