ドラマトピックス

『西郷どん』新キャスト発表!坂本龍馬が出会う西郷家&維新の礎を築くキーパーソン

大河ドラマ『西郷(せご)どん』新キャスト発表
坂本龍馬が出会う西郷家&
維新の礎を築くキーパーソン

二度の島流し、三度の結婚を経て、
揺るぎ無き革命家として覚醒していく西郷どん
一橋慶喜、勝海舟、坂本龍馬、桂小五郎、岩倉具視・・・
―――英傑たちとの宿命の出会いのなか
盟友・大久保一蔵とともに、天下を突き動かしていく

男には、いつも故郷・薩摩があり、
坂本龍馬も訪れた「雨漏りする西郷家」には、
貧しくとも逞しい家族の愛がありました。

明治維新から150年。
愛と勇気で新時代を切り拓いた男の激動の生涯を描く。

 

 

segodon0613_01.jpg
西郷吉之助(さいごう きちのすけ) / 隆盛(たかもり)
鈴木亮平(すずき りょうへい)
薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた大家族の長男。困った人は放っておけない心優しき熱血漢。カリスマ藩主・島津斉彬に見出され、欧米列強の脅威が迫るなか、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走する。しかし、斉彬を失い、大老・井伊直弼による「安政の大獄」によって天下は揺らぎ、幕府に追われる身となり、薩摩藩にも見放され、失意の中で冬の海に身を投げる。奇跡的に一命を取り留めるが、幕府から身を隠すため、南国奄美に潜むことになる。未知なる島で愛を知り、やがて、揺るぎ無き革命家として覚醒していく。

 

segodon0613_02.jpg
岩山糸(いわやま いと)/ 西郷糸(さいごう いと)
黒木華(くろき はる)
長州征伐を果たし薩摩に凱旋(がいせん)した西郷は、幼なじみの糸と再会する。糸は嫁ぎ先から離縁され実家に戻っていた。島に愛する妻子がいる西郷は、結婚には消極的だったが、糸を妻として西郷家に迎えることとなる。最初は、形ばかりの夫婦だったが、天下を動かす孤高の夫を支え、愛を育み、子宝にも恵まれ、家族を深く愛する肝の据わった“薩摩おごじょ”となっていく。島で生まれた愛加那の子・菊次郎を預かり、継母としての苦難を乗り越え、やがて「賊軍の将の妻」という大試練が待ち受けている。

 

segodon0613_03.jpg
坂本龍馬(さかもと りょうま)
小栗旬(おぐり しゅん)
言わずと知れた幕末の風雲児。常識破りの行動力と折衝力で、縦横無尽に動き「船で大海原を自由に飛びまわり、広い世界で商売をしたい!」と夢を抱く快男児。西郷と出会い、互いにその存在を認め合い鹿児島の自宅にも招かれる。
けれど、徳川慶喜を温存しようとする龍馬は討幕派にとって邪魔者になっていく。

 

新たに決まった出演者 維新の礎を築くキーパーソン

<土佐、長州、佐賀、幕府ゆかりの人々>

 

segodon0613_04.jpg
お龍(おりょう)
水川あさみ(みずかわ あさみ)
龍馬の妻。安政の大獄で禁固に処された父が亡くなり困窮していたとき、坂本龍馬と出会い結婚。薩長同盟 成立後、龍馬が命を狙われた寺田屋事件ではお龍の機転で危機を脱する。負傷した龍馬の療養のためお龍はともに鹿児島を訪れ霧島の温泉を巡り旅することに。それが、日本で初めての新婚旅行と言われる。

 

segodon0613_05.jpg
中岡慎太郎(なかおか しんたろう)
山口翔悟(やまぐち しょうご)
【大河ドラマ初出演】
土佐藩士。尊王攘夷運動に傾倒し脱藩、長州藩に亡命する。「禁門の変」では長州側で戦い負傷し、雄藩同士の有害無益な争いを目の当たりにするなか、尊王攘夷論から雄藩連合による武力倒幕論に活動指針を発展させる。西郷が「節義の士なり」と認めた人物で、坂本龍馬とともに薩長同盟の斡旋(あっせん)に尽力するが、「近江屋事件」で龍馬とともに横死する。

 

segodon0613_06.jpg
伊藤俊輔(いとう しゅんすけ)/ 博文(ひろぶみ)
浜野謙太(はまの けんた)
【大河ドラマ初出演】
長州志士で後の初代内閣総理大臣。松下村塾の門下生だったが、貧しい百姓の出であったため塾外で立ち聞きしていたという。吉田松陰の推薦で京都派遣に随行、桂小五郎の従者となる。久坂玄瑞、高杉晋作らの尊王攘夷運動にも参画するが、英国留学を果たし圧倒的な国力の差を目の当たりにし開国論に転じる。維新後は、政権内で力を発揮し、岩倉使節団の副使となる。

 

segodon0613_07.jpg
大村益次郎(おおむら ますじろう)
林家正蔵(はやしや しょうぞう)
【大河ドラマ初出演】
長州藩の藩医。シーボルトの弟子・梅田幽斎に医学や蘭学を学び、大坂では緒方洪庵に学ぶ。兵学者となり、長州征伐や戊辰戦争で、長州藩兵を指揮し勝利に導く。江戸城明け渡しの後、上野寛永寺でのろしを上げた彰義隊を、見事な軍略によりわずか一日で攻略。こうした功績で、大久保、桂小五郎と並び、新政府の幹部となるが、軍制度を巡り大久保と対立する。

 

segodon0613_08.jpg
山岡鉄舟(やまおか てっしゅう)
藤本隆宏(ふじもと たかひろ)
幕臣で剣の達人。清河八郎の浪士組に加わり、幕府から謹慎となる。「江戸無血開城」を決定した勝海舟と西郷との会談に先立ち、単身西郷と対面を果たす。西郷をして「命もいらぬ、名もいらぬ、官位も金もいらぬ人は、始末に困るが、そのような人でなければ国家の大事は成し遂げられない」と言わしめた大人物。後に、西郷の頼みで、明治天皇の侍従として働く。

 

segodon0613_09.jpg
江藤新平(えとう しんぺい)
迫田孝也(さこだ たかや)
佐賀藩士。「維新の十傑」「佐賀の七賢人」に挙げられる。「国の富強の元は、国民の安堵にあり」ととき、西郷隆盛と志をおなじくする。明治6年の政変で、新政府のあり方に不満を抱き、西郷とともに下野。不平士族の反乱のさきがけとなる「佐賀の乱」の首謀者となるが 大久保が指揮する政府軍に制圧され、西郷に鹿児島士族の旗揚げを請う。

 

segodon0613_10.jpg
松平容保(まつだいら かたもり)
柏原収史(かしわばら しゅうじ)
【大河ドラマ初出演】
第9代会津藩主。藩祖より伝わる会津家訓の精神を重んじ徳川宗家への忠誠を貫く。幕末の政情が混乱を極める中、京都守護職の就任要請を受ける。当初は拒むも家臣たちの反対を押し切って就任。攘夷派との融和を図るが、真意が倒幕にある事を知ると、一転して厳罰主義を採る。王政復古や鳥羽伏見の戦いを経て朝敵の汚名を受け「会津の悲劇」を招くことに。

 

 

<新たな西郷家の人々>

 

segodon0613_11.jpg
西郷園(さいごう その)
柏木由紀(かしわぎ ゆき)
【大河ドラマ初出演】
長弟・西郷吉二郎の妻。吉之助は罪人として2度目の島流しとなり、次弟・信吾は、寺田屋事件の騒動のとがめで謹慎。収入が絶たれた西郷家は、極貧の生活を余儀なくされてきた。そんな貧しい西郷家を、明るく切り盛りし、家族を愛し、夫・吉二郎を支えた妻・園。糸の良き相談相手となり、戊辰戦争では、一度も薩摩を出た事が無い夫を戦地に送り出すことに。

 

segodon0613_12.jpg
西郷小兵衛(さいごう こへえ)
上川周作(かみかわ しゅうさく)
西郷家の四男。大家族の末っ子として育ち、長兄の西郷吉之助にたいへん可愛がられた。
成長して戊辰戦争に従軍し、のちに一番隊となって江戸に進軍。東北の緒戦にも参戦。
西南の役では、薩軍一番大隊一番小隊長として従軍。官軍の銃弾を受けて戦死。享年31歳。

 

 

<薩摩ゆかりの人々>

 

segodon0613_13.jpg
川路利良(かわじ としよし)
泉澤祐希(いずみさわ ゆうき)
薩摩藩士で後に日本の初代警察庁大警視となる。斉彬の供で江戸勤めもしていた。その生真面目な仕事ぶりや人柄を西郷に愛され大抜擢され、戊辰戦争での働きが認められ、警察をまかされる。頑固で人を簡単に信用しない男だった。西郷と大久保がたもとを分かつ中、 新政府に残り、大久保の右腕となる。後に「西郷暗殺の刺客を送った男」と言われることに。

 

segodon0613_14.jpg
中原尚雄(なかはら なおお)
田上晃吉(たのうえ こうきち)
薩摩藩士。明治新政府下では警察官となる。西南の役のきっかけをつくる人物。
同郷の大警視、川路利良の許可を受けて、鹿児島県出身の警視庁同僚らと帰郷。しかし、「帰郷」は表向きの名目で、事実は以前から警戒していた私学校および西 郷隆盛ら私学校幹部の偵察を命じられていた。中原の背後には、大久保の密命があった。


【物語】

師・島津斉彬を失い、幕府に追われ、藩にも見放され、失意の中で冬の錦江湾に身を投げる。奇跡的に一命をとりとめるが、自らを「土中の死骨」と呼び、西郷の心は荒んでいた。幕府から身を隠し「菊池源吾」の名で潜んでいた奄美大島で出会う運命の女性・とぅま。未知なる島で初めて愛を知り、薩摩藩の厳しい支配に苦しむ島人たちの姿に憤り、西郷は、 絶望のふちからよみがえる。さらに2度目の島流しで死線をさまようが、「この世に生かされ、愛する人に生かされた己の使命」に目覚め、揺るぎ無き革命家となっていく。

一橋慶喜、勝海舟、坂本龍馬、桂小五郎、岩倉具視・・・英傑たちとの宿命の出会いの中で、盟友・大久保一蔵とともに天下を動かし、明治維新を成し遂げる。
しかし、大久保とたもとを分かち、最期は、日本史上最大級の内戦『西南の役』を率いた“逆賊の将”として命を散らす。


いざ維新へ!新しい風吹き荒れる撮影現場   制作統括・櫻井賢

いよいよ明治維新へのカウントダウンが始まります。撮影現場にはさまざまな土地の言葉が交錯し、新たな風が吹き荒れています。人懐っこい笑顔で侍の常識を覆す幕末の風雲児・坂本龍馬こと小栗旬さんの土佐ことば。「もう幕府なんざ見限るこった」と言い放つ勝海舟こと遠藤憲一さんの淀みない“べらんめえ”の江戸っ子口調。扮装が七変化するダンディーな切れ者・桂小五郎こと玉山鉄二さんの長州ことば。収録の合間は笑いが絶えない鶴瓶師匠演じる怪物公家・岩倉具視の京ことば。そして、ヒー様こと松田翔太さん演じる徳川慶喜の色艶溢れる江戸前の啖呵。2度の島流しから歴史の表舞台に返り咲いた西郷吉之助こと座長・鈴木亮平さんは、薩摩を代表する存在となった盟友・大久保一蔵こと瑛太さんとの絶妙なコンビプレーのなか、個性溢れる豪傑たちと薩摩ことばで見事な火花を散らせ、緊張感みなぎるスリリングな場面が日々撮影されています。
一方で、西郷さんの波乱過ぎる生涯の節目節目に故郷・薩摩があります。男たちの熱いドラマを支える家族の物語が新たに動き出します。幼なじみの糸との再会、そして西郷三度目の結婚。大久保一蔵をめぐる二人の女性、満寿とおゆう。“日本で初めての新婚旅行”で霧島を旅する龍馬とお龍にとっても薩摩は特別な場所となります。やがて訪れる戊辰戦争、そして最終章の西南の役では、西郷家に大いなる試練が訪れます。
新たにお迎えした個性溢れる最高に魅力的なキャストの皆さんが新しい風を送り込み、天下を揺るがす新たな西郷どん旋風が巻き起こります。どうぞご期待ください!!


2018(平成30)年 大河ドラマ 『西郷どん』

【放送予定】
 2018年1月7日から12月16日(全47回)
【原作】
 林真理子
【脚本】
 中園ミホ
【音楽】
 富貴晴美
【主演】
 鈴木亮平
【制作統括】
 櫻井賢 櫻井壮一
【プロデューサー】
 小西千栄子 藤原敬久
【演出】
 野田雄介 盆子原誠 岡田健 石塚嘉

 

 

 

 

 


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ