ドラマトピックス

2016年大河ドラマ「真田丸」題字決定!

sanadamaru0905c.jpg

2016年 大河ドラマ「真田丸」の題字が決まりました!

【題字 挾土秀平(はさど・しゅうへい)
左官。
1962年岐阜県生まれ。1983年技能五輪全国大会優勝。1984年同世界大会出場。平成25年度文化庁文化交流使。
故郷である飛騨高山に拠点を置きながら、一般建築物から日本伝統家屋、洞爺湖サミットでのオブジェ等、左官の技術を活かして国内外で活躍している。
NHKでは、『プロフェッショナル仕事の流儀』『課外授業ようこそ先輩』『仕事ハッケン伝』等の番組で取材をしてきた。


■大河ドラマ『真田丸』題字決定にあたって ... 制作統括 屋敷陽太郎
我らが主人公・真田信繁は、決して天下人ではありません。天守閣の高みから、天下を見下ろそうとはしませんでした。
あくまでも、故郷である信州や上州の大地に根ざし、幽閉の身になっては紀州の大地に親しみ、さらには大坂の大地に砦を築き戦いました。
私たちのドラマも、信繁と同じく低い目線から、大地の目線から描いていきます。

大地との対話の中から、挾土秀平さんによって生み出された題字。この力強い文字を道しるべとして、我々は“真田丸”の物語を紡いでいきます。

※題字に使用した土は、挾土さんが暮らす飛騨高山の赤土。赤は、真田の赤備え(赤い甲冑)をイメージ。左官で使用する鏝(こて)で、赤土に文字を書いていただいた。


2016年(平成28年)大河ドラマ 『真田丸』

【放送予定】
 2016年1月より(全50回)
【作】
 三谷幸喜
【主演】
 堺雅人
【制作統括】
 屋敷陽太郎、吉川邦夫
【プロデューサー】
 清水拓哉
【演出】
 木村隆文

→「真田丸」番組ホームページ


ページトップへ