ドラマトピックス

「平清盛」窪田正孝、高橋愛ほか 新キャスト発表!

武士の頂点を目指す清盛(松山ケンイチ)を巡り、清盛の嫡男・平重盛や平治の乱で同門の義朝(玉木宏)を見限る源頼政など、6月から新たに登場する出演者のみなさんです。

 kubotamasataka.jpg
ゴッドファーザー清盛のかげに、この息子あり
平重盛(窪田正孝)【6/17~登場】 
大河ドラマ初出演
平家の嫡男。父譲りの武勇と母譲りの繊細さを持ち合わせる武将。源平が雌雄を決した激戦・平治の乱では、若きリーダーとして活躍、平家政権の成立に貢献。清盛がトップに立った後は、誠実な人柄で後白河上皇や貴族とのパイプ役として、父を支える。だが後白河の巧みな政治術に翻弄されるうち、平家の中で孤立し、悲運の死を遂げる。平家没落は、重盛の死をもって始まると言われる。

 watanabegota.jpg
孤独な兄・重盛の一番の理解者
平基盛(渡部豪太)【6/17~登場】
大河ドラマ初出演
清盛の次男。先妻・明子(加藤あい)の子。幼き頃に母を亡くし、兄・重盛と共にたくましく育つ。しっかり者の兄・重盛と対照的に、大らかな性格で要領が良い。保元の乱で初陣を果たし、平治の乱では源氏と戦い勝利に貢献。蔵人に任ぜられた後、国守を歴任。父とぶつかることが多い嫡男・重盛を弟の立場から、明るく優しく支える。

takahashiai.jpg 
繊細な嫡男・重盛を支えた妻
経子(高橋 愛)【6/17~登場】
大河ドラマ初出演
平氏に一目置く貴族・藤原家成(佐藤二朗)の娘。後白河帝の近臣である兄・成親(吉沢悠)は、強大になった平氏と縁を深めるため、清盛の長男・重盛との婚姻を提案。その後、気立てのよい経子は、実直な人柄で出世を重ねる重盛と円満な家庭を築く。しかし、「鹿ケ谷の陰謀」で成親が清盛を裏切ると、板挟みにあい心を痛める。

 ukaji.jpg
源氏と平氏を渡り歩く、煮ても食えぬ武将
源頼政(宇梶剛士)【7/1~登場】

義朝(玉木宏)たち河内源氏とは異なる摂津源氏の武将。保元の乱では義朝に加勢するが、平治の乱では義朝の強引な戦いぶりに失望し平氏に寝返る。源氏勢力が没落する中、清盛の信頼を得て地位を守る。しかし、清盛が専制化すると反発し、以仁王を奉じて挙兵、平家軍と死闘を行い、のちの頼朝が決起するきっかけを生む。

nakagawa.jpg 
厳しい母の教えが、彼の屈強な精神を育てた
源頼朝<少年期>(中川大志)【6/17~登場】

義朝(玉木宏)と疎遠になった母・由良御前(田中麗奈)によって、エリート教育を徹底的に叩き込まれた源氏の嫡男。平治の乱で立派な初陣を果たすものの、清盛の知略により敗北。敗走する途中、父とはぐれ平氏の捕虜となる。そして、生涯の大きな壁となる清盛と対面する。

tomiura.jpg 
賢帝として名を残す後白河の子
二条天皇(冨浦智嗣)【6/24~登場】
大河ドラマ初出演
後白河天皇の第一子。幼き頃より美福門院(松雪泰子)に引き取られ、育てられる。微妙な政治バランスで後白河天皇が即位するものの、彼を嫌う美福門院は信西(阿部サダヲ)を動かし、二条天皇に譲位させることに成功する。もともと父への情は薄く、上皇となった後白河とは一線を画し、清盛たちを使い積極的な政治運営を行う。

「平清盛」番組ホームページ 


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ