ドラマトピックス

「だんだん」おもな出演者を発表!

平成20年度後期の連続テレビ小説「だんだん」。その主な出演者が発表されました。放送は平成20年9月29日(月)から、平成21年3月28日(土)までの全150回を予定しています。どうぞ、お楽しみに!

■双子のヒロインは、「ふたりっ子」のマナカナ!!

田島めぐみ…三倉茉奈
一条のぞみ・夢花<舞妓>…三倉佳奈

松 江市宍道湖のシジミ漁師の娘、田島めぐみ(三倉茉奈)は、自然の中で自由奔放に育った、歌が大好きな高校三年生。一方、京都祇園の芸妓の娘、一条のぞみ (三倉佳奈)は、伝統と格式の花柳界で厳しく育ち、芸の道一筋の舞妓。会えばいつも漫才のような口ゲンカが絶えない二人だが、一緒に歌いながら姉妹の絆を 深め、お互いにかけがいのない存在になっていく。

■島根と京都。離れ離れになったヒロインたちの、父と母

田島忠…吉田栄作 ※朝ドラ初出演 
め ぐみとのぞみの父。松江・宍道湖のシジミ漁師。厳格な父・宗助に反抗し、中学卒業後に夢を追いかけて大阪へ出たが挫折、結婚にも失敗した。失意のうちにめ ぐみを連れて松江に戻り、家業を継いだ。やがて幼馴染みの嘉子と再婚。過去の一切を封印してきたが、双子の再会をきっかけに、さまざま想いが湧き上がる。

一条真喜子・花雪<芸妓>…石田ひかり
め ぐみとのぞみの生みの母。祇園でも指折りの芸妓。裕福な呉服問屋の娘だったが、祇園に憧れて舞妓となった。忠との結婚、出産、離婚を経て祇園に戻り、一人 でのぞみを育てた。思いがけないめぐみとの18年ぶりの再会に戸惑いながらも、今まで果たせなかった母親の務めを果たし、双子の幸せのために尽くそうと決 意する。

■島根・松江 めぐみの家族

田島嘉子…鈴木砂羽
め ぐみの育ての母。学生時代から2歳年下の忠を慕っていた。忠が乳飲み子を連れて戻ってきたとき、一切の事情を問うことなく結婚した。それ以来、しっかり者 の妻として忠を支え、めぐみと健太郎に分け隔てなく愛情を注ぎ、姑の初枝とも仲良くやってきた。めぐみとのぞみの出生の秘密を知ってからは複雑な心境を見 せる。

田島健太郎…木咲直人 ※朝ドラ初出演
めぐみの弟。忠と嘉子の息子。路上ライブのチャコの追っかけが生きがいの高校一年生。明るく素直な性格で、姉のめぐみや両親とも仲良く暮らしていた。めぐみを生んだのが嘉子ではないことや、のぞみという姉がいることを知ってからは、それを隠してきた忠への不満を募らせる。

田島初枝…三林京子
め ぐみとのぞみの祖母。忠の母。宍道湖の自然を愛し、松江城を巡る観光遊覧船で船頭をしながら、自慢の歌を披露するのが楽しみである。気風の良さでご近所で はリーダー格となっている。双子の出生の秘密を知りながら、嘉子を嫁に迎えたことで、嘉子とその実家の松本家には負い目を感じている。

田島宗助…岸部一徳

め ぐみとのぞみの祖父。代々の家業を継いだシジミ漁師。宍道湖の自然を愛し、その恵みにいつも感謝し、宍道湖の淡水化事業計画が持ち上がった時には反対運動 に参加した。頑固で親分肌。責任感が強く、周囲の人望も厚かったが、愛情表現は不器用で、忠とたびたび衝突した。忠の出奔中に急死した。享年50。

松本邦治…石倉三郎

め ぐみの祖父。嘉子の父。宗助の幼馴染みで、田島家の隣で出雲そば店を営む。昔から忠を実の息子のようにかわいがり、夢を追って家を飛び出したときも、密か に応援していた。乳児を連れて戻ってきた忠に、一人娘の嘉子が嫁ぐと言ったときは複雑な心境だったが、今ではめぐみの成長を何よりの楽しみにしている。

松本正子…宮田圭子

めぐみの祖母。邦治の妻。お人好しの夫の手綱をしっかり握って、出雲そば屋を切り盛りしている。今はめぐみも健太郎も孫として愛しているが、18年前、一人娘の嘉子が、幼子を抱える忠に嫁ぐのは反対だった。未だにこの件については初枝と忠にわだかまりをもっている。

■島根・松江 めぐみを取り巻く人々

山田康太…久保山知洋
めぐみのバンド「シジミジル」のリーダー。子供のころからめぐみに惚れている。自分では忍ぶ恋のつもりだが、周囲には完全に知られている。ゆくゆくは父親・幹太の観光遊覧船業を継ぐつもりだが、いまはめぐみの好きな歌に付き合い、それを支えていけることがなにより嬉しい。

山田幹太…佐川満男
康太の父。マドロス帽がトレードマークの、観光遊覧船スワン号の船長。宍道湖のことなら隅から隅まで知っている。ギターの弾き語りが趣味で、めぐみにギターの手引きをした。若者たちの良き理解者。息子・康太の恋心を知りながら、自らもめぐみの祖母・初枝に淡い恋心を抱く。

石井寛治…阿南健治
老舗の造り酒屋、石井酒造の七代目。伝統の酒造技術を引き継ぎながら、新しい製品を次々作るアイデアマン。妻の真弓にはすっかり尻にしかれているが、実は妻を深く愛していて、これまで子宝に恵まれていないのを残念に思っている。忠や嘉子とは幼馴染み。

石井真弓…河合美智子

寛治の妻。商売っ気のない夫を上手く操縦しながら、営業、広報、配達に奔走し、伝統の銘柄「杜甫(とほ)」を守っている。明るく活発な性格で、世話好きのためご近所の女性たちの良き相談相手になっている。その一方で、自身に子供が授からないことを密かに悩んでもいる。

田中彦四郎…曾我廼家八十吉 ※朝ドラ初出演
松江の観光ガイド。ヘルンとも呼ばれたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)に心酔し、自らもハーンと同じ扮装をしていることから、ヘルン先生と呼ばれている。とても物知りではあるが、機会あるごとにハーンの言葉を引用し、その場の会話の流れをかき乱す癖がある。

坂下俊…東島悠起 ※朝ドラ初出演
めぐみのバンド「シジミジル」のリードギター。実はシジミジルは俊の音楽センスが支えている。純朴な好青年だが、ギターを握ると目の色が変わる無類のギター好き。熱中しすぎてただいま浪人中である。2歳先輩の康太とは腐れ縁で、なにかと引きずり回されている。

門田直子…寺田有希
めぐみと同じ松江の高校に通う、同級生。明るく元気な性格で、めぐみを勇気づける心強い存在。卒業後は、地元の短大に進学し、めぐみの祖父の出雲そば屋でアルバイトを始める。以後、京都の大学に進学するめぐみにとって、松江の事情を知る貴重な情報源的な存在となる。

チャコ…六子 ※朝ドラ初出演
“路上の天使”と呼ばれ、松江で人気の女性ストリートミュージシャン。メジャーデビューの誘いを受けるが、松江で歌い続けたいという思いから、その話をことわる。しかし、そのことがプロ歌手を目指すめぐみにとって、より一層のライバル心を燃やすことに。

■京都・祇園 のぞみが暮らす置屋・花村の人々

花村久乃…藤村志保
京都・祇園の置屋兼お茶屋「花村」の女将。のぞみの祖父・隆康とは昔からの付き合いであり、のぞみの母・真喜子が幼いのぞみを連れて祇園に戻るきっかけを作った。真喜子にとって母親のような存在。双子の再会後、波乱の予感を感じつつ、祇園の伝統と格式を守り抜こうとする。

花鶴<芸妓>…京野ことみ ※朝ドラ初出演
祇園「花村」に住む、のぞみ(夢花)の先輩芸妓。のぞみのことを公私にわたって面倒を見てくれる。文字通り“お姉さん”的存在。芸道に真剣に取り組むが、格式高い「花村」の中で唯一“現代っぽい雰囲気”を持ち、そのことがめぐみとのぞみの再会のきっかけを作ることになる。

美香<仕込み>…伊藤麻衣 ※朝ドラ初出演

祇園「花村」に住む“仕込み”。舞妓になるため、しつけや礼儀作法を修行中の身である。中学卒業後すぐに名古屋から祇園に来たため、ホームシックにかかったり、祇園の言葉をなかなか習得できなかったりするが、いつかは立派な舞妓になりたいという夢をもっている。

花田徳蔵…多賀勝一
祇園「花村」の下足番。“徳さん”の愛称でみんなから親しまれている。飄々とした態度に似合わず、鋭い洞察力を兼ね備える。靴を見れば、その靴を履く人の健康状態が分かるという特技とも相まって、一種、謎めいた人物であるが、実は“祇園の生き字引”的な存在である。

一条隆康…夏八木勲
京都の老舗呉服問屋の主人。めぐみ、のぞみの祖父で、真喜子の父。「花村」の久乃とは昔からの付き合いであり、真喜子、のぞみを気遣って、いつも「花村」に出入りしている。過去に、真喜子と忠を引き離した一人として責任を感じつつも、二人の孫たちに深い愛情をそそぐ。

■京都・祇園 のぞみを取り巻く人々

涼乃<舞妓>…木村文乃 ※朝ドラ初出演

祇園の舞妓でのぞみのライバル。すらりとした容姿と、卓越した舞の技量で、お座敷に引っ張りだこである。携帯電話を持ったり、恋愛をしてみたりと、現代的な一面を持つ。子供のころから祇園で育ち、伝統的な価値観を堅持するのぞみを何かと目の敵にしている。

奥村雄三…茂山逸平
祇園の芸妓舞妓の着物を着付ける男衆(おとこし)。この世界では若手だが、着付けの早さと腕には定評がある。ご贔屓にしてくれる芸妓舞妓も多く、人気者である。しかし、芸妓舞妓との恋愛は御法度である。のぞみにとっては、優しいお兄さんのような存在である。

増本茂子…片岡静香

祇園の芸妓舞妓が必ず習う京舞のお師匠さん。風格と格調を感じさせる伝統の京舞をこよなく愛する。厳しい指導で皆から恐れられていて、浮ついた気持ちでお稽古に臨むと必ず大目玉を食らう。年に一度の「都をどり」の振り付けや配役の差配なども行う。


後藤辰夫…伊武雅刀

京都医科大学の産婦人科教授。のぞみの祖父・一条隆康とは会えば舌戦を繰り広げる悪友同士だが、医術の腕は確かで、隆康の依頼でめぐみとのぞみを取り上げている。遊び人風の態度とは裏腹に、辺地医療や終末医療についての確固とした理念を持っている。

■めぐみとのぞみが愛する男

石橋友也…山口翔悟 ※朝ドラ初出演
大 手音楽事務所サリーミュージックのマネージャー。地方に埋もれた才能を発掘して歩く中でめぐみの歌と出会う。さらにめぐみとのぞみのデュエットを聴き、こ の二人をデビューさせようと決意し、様々な画策をする。だが深く関わるうちに、次第に二人への恋愛感情が芽生え始める。


【出演者発表にあたって】制作統括 青木信也チーフ・プロデューサー

出 雲の神様の導きで偶然出会った双子姉妹。その運命的な出会いが、家族やふるさとの人の輪に広がっていく“縁結びの物語”。それがこの朝ドラ『だんだん』で す。そして今回、元気一杯の双子姉妹マナカナがヒロインを演じるこのドラマに、個性豊かで芸達者な共演者の皆さんがたくさん集まってくれました。この素晴 らしい名優たちの競演は、毎朝15分間、テレビの前の皆さんを笑わせたり泣かせたりしながら、きっと大きな感動に包み込んでくれることでしょう。番組をご 覧になった視聴者の方々はもちろん、出演者の皆さんからも「だんだん」と言っていただけるような、そんな素敵な“縁”を結ぶことができたら幸せです。

【演出にあたって】長沖渉チーフ・ディレクター
一 卵性双生児を除き、この世界で同じ遺伝子を持つ人間が生まれる確率は、なんと10の240乗分の一だそうです。その"奇跡の存在"であるマナカナを朝ドラ のヒロインにした「ふたりっ子」から12年、アトランタ、シドニー、アテネ、北京と4度目のオリンピックを経て、私自身、4度目のチーフ演出、そして最後 の朝ドラになります。
再び、マナカナという奇跡の双子がハイビジョン画面を跳ね回り、運命の糸に操られながら数奇な人生を歩んでいきます。
どうぞご期待ください。

新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ