ドラマトピックス

大分県湯布院で制作開始!

連続テレビ小説「風のハルカ」(10月3日放送予定)は、5月29日(日)から大分県湯布院で制作を開始しました。
ヒロイン・水野ハルカ役の村川絵梨さんは、5月30日から撮影に入りました。初めての撮影は、自転車に乗って走りぬけるというシーンで、きれいな景色の中で天候にも恵まれさい先のよいスタートをきりました。
6月1日には「ハルカの丘」に立つオープンセット前で由布岳をバックに写真撮影と取材会を行いました。
写真撮影には、村川絵梨さん、中村メイコさん、そして9歳のハルカ役の村崎真彩さんの3人が参加しました。また、その後の取材会には、村川絵梨さん、中村メイコさんが出席しました。

haruka03.jpg










由布岳をバックに
中村メイコ(左)、村崎真彩(中央)、村川絵梨(右)


haruka04.jpg










「ハルカの丘」のオープンセットの前で
村川絵梨(左)、村崎真彩(右)


村川絵梨(ヒロイン・水野ハルカ役)さんから…
「5月30日から撮影に入りました。初シーンは自転車に乗ってスーと走りぬけるところ。その時は緊張せずに綺麗な景色に包まれてすごく楽しく1日目の撮影 を終えました。今日(6/1)は、初めて由布院温泉に入って撮影をしました。日に日に撮影をしていくとハルカという人物がどんどん見えてきてます。練習や リハーサルの段階でもハルカの人物像を自分でふくらませていたんですが、実際湯布院に来たり、こんなオープンセットを見たら、あー撮影が始まったんだなー という実感がこみ上げてきています。」

中村メイコ(語り)さんから…
「湯布院は、とても素敵な所。ロマンティックだなーというのが第一印象でしたね。これまで文化講演会などで4回ぐらい来ているんですよ。ドラマには、由布 岳役で「ぼく」という設定で参加します。もし富士山やアルプスの山役だったらとても出来ないと申し上げるが、由布岳は、親近感のあるかわいい山だなという 印象があったものだから、それならこの山の神様が私を役に近づけてくれるかなと思って引き受けました。」

高橋練プロデューサーから…
「『ハルカの丘』に立つオープンセットを作り始めて、雨や大風を心配していたんですが、幸い天気もずーっと良く何とか完成させることが出来ました。今回、 中村メイコさんに「語り」をお願いしました。中村メイコさん自身が由布岳の設定で、年齢不詳ですが長く湯布院の町を見守っている存在で「ぼく」という語り 口となっています。元気でエネルギッシュで生命力が溢れている人を捜しました。そして中村メイコさんなら、「ぼく」でも全然違和感がないということで皆の 意見がまとまってお願いしたというわけです。 」

ページトップへ