ドラマトピックス

平成17年度後期の朝ドラ、大分県湯布院と大阪が舞台に

平成17年度後期連続テレビ小説(平成17年10月3日放送開始予定)は、「癒しの里」として知られる大分県湯布院と、「いらち(せっかちの意)の街」大阪を舞台に、大森美香さんがオリジナル脚本を執筆することになりました。連続テレビ小説第73作目となります。大分県が、連続テレビ小説の主な舞台となるのは初めてです。

あらすじ:湯布院で貧しい父子家庭に育ったヒロインは、かつて家族みんなで夢見た有機野菜レストランを実現させるべく、離婚した母の住む大阪に資金稼ぎに飛び出します。人に幸せを贈る仕事「観光」のプロとして修行するヒロインが、幸せの意味を学び、新しい「家族の食卓」を手にするまでの青春記。日本の 朝を豊かにする、笑いと涙の"スローライフ"物語。

oomori.jpg脚本家:大森美香
1972年福岡県生まれ。1998年「美少女H~十七歳の記録~」(CX)で脚本家デビュー。作品に「カバチタレ!」、「ランチの女王」(以上CX)、「きみはペット」(TBS)、「インストール」(角川映画)など。NHKでは連続ドラマ「お見合い放浪記」、「ニコニコ日記」、ハイビジョンドラマ館「ラストプレゼント」を執筆。

ページトップへ