編集部イチオシ

『ぬけまいる~女三人伊勢参り~』宮舘涼太さんSPインタビュー!

土曜時代ドラマ『ぬけまいる~女三人伊勢参り~』
宮舘涼太さんSPインタビュー!

第7話・8話で修作役を演じる宮舘涼太さんに、ドラマ・時代劇初体験への
意気込みと感想を伺いました。


 Q 修作を演じてみていかがでしたか?

よく喋り、甘えるところは甘える、とても愛嬌のある修作
なので、学ぶ事も多いですし、一所懸命

「宮舘涼太の演じる修作を、皆さんに届けていきたい」

と思いました。


Q  難しかったことは?

ドラマも初めてで、時代劇に出させていただくのも
初めてで、さらに三味線と 関西弁と、

「4つの初めてを頂いた」ことです。

修作が引く三味線は、こうゆう感じなのかなと
自分で一から役作りをして三味線の練習に励みました。

そして、関西弁は自分が思っているイントネーションと
いざ喋ってみると全然違っていて、とても苦戦しました。

でもその試練を乗り越えて宮舘涼太としても修作としても
また一つ成長できたと思います。

この試練を与えてくださった全ての方に感謝したいです!!


Q  第7話、第8話で印象に残っているシーンは?

第7話で女性2人に追いかけられ、猪鹿蝶のお三方が
泊まっている宿に助けを求めて行くシーンですね。

あのシーンは台本4ページぐらい、ずっと1人で
修作が喋っているので

「撮影の前は緊張しました」

修作の大事なシーンなので芝居のプランや、
どう見せたいかをすごく考えて撮影に臨みました。

Q  撮影中の思い出はありますか?

キャストの皆さんとても温かく接して頂いた
のですが、お蝶さん演じる田中麗奈さんとの撮影が多く
色々な演技でのプランを話し合い、コミカルな動き
だったり台詞のテンポ感などを相談しながら撮影をしました。


中でも1番嬉しかったのが、田中麗奈さんに

「初めてのドラマで緊張してると思うけど
  自分なりに好きにやっていいよ!」

と、言って頂いたことです。


あとは、お凛さん演じる大地真央さんに
関西弁をずっと教えていただきました。

ステキな体験をさせていただきました。


Q  視聴者の皆さんに一言お願いします

沢山の方に教えていただきながら撮影する事が出来ました。
僕が修作を演じる事により微力ながら何か「ぬけまいる」
という作品の力になれればと思い、一所懸命やりました。

「初めての時代劇、ずっと出たいと願った時代劇
   これからも夢が膨らむばかりです!!」

是非沢山の人に見ていただき修作を愛して欲しいです。
それでは最後までぬけまいるをお楽しみください。

ありがとうございました。


☆NHKドラマ 編集部イチオシ!☆【→記事一覧へ

ページトップへ