ドラマトピックス

「幸福(しあわせ)のスープはいかが?」制作開始のおしらせ

NHK・RTHK(香港電台)共同制作ドラマ
「幸福(しあわせ)のスープはいかが?」制作開始のおしらせ

香港の公共放送RTHK(香港電台)と、NHKが初めての共同制作ドラマに挑みます。
香港といえば、観光や料理、映画スターで日本人にとっても、人気の土地。そんな楽しみな要素をふんだんに盛り込んだエンターテインメント・ドラマを制作します。

舞台は、香港の下町の麺屋と香川県のさぬきうどん屋、そして北海道の利尻島。再開発のために明け渡しを迫られた麺屋の娘・美蘭(メイラン)が、日本からやって来た哲也と出会い、さぬきうどん屋を営む哲也の両親との交流を経ながら、二人の「味」を追求していく姿を、恋愛模様をたて糸に、まったく違った生活文化を背景に描きます。

【日本での放送予定】2009年3月(予定) 43分×2本
【香港での放送予定】2008年9月(予定)
【脚本】陳志樺(Mann Chanマン・チャン)
【制作統括】六山浩一 蔡貞停(Clara Choiクララ・チョイ)
【演出】福井充広 馮家鍵(Brian Fungブライアン・ファン)
【出演】成宮寛貴 劉心悠 風吹ジュン 塩見三省 午馬 元秋 ほかの皆さん

【あらすじ】
田尾哲也は家族も何もかも捨てたつもりで、元彼女のいる香港へ逃げ込む。元彼女のアパートの一階、そこは林美蘭(ラム・メイラン)の祖父が営む麺屋だった。美蘭の祖父は病気で倒れ、美蘭は店をどうするか迷っていた。魚旦粉(ぎょたんふん)という、あたたかいスープに魚のつみれが浮かんだ、米の麺の素朴な味の香港庶民料理の店だった。
哲也は美蘭と祖父に出会い、店を立て直したいという美蘭の純粋な思いに心をひかれていく。しかし、3か月後には、再開発のために、美蘭たちは店からも家からも立ち退かなければならない。会社に自分の仕事を認められず苦しんでいた美蘭は辞職。子どものころ、香港の中国返還を前に両親とカナダに移住したものの、香港に帰ってきてファッション・デザイナーをしていたのだった。二人は力を合わせ、魚旦粉を復活させようと誓い合い、恋愛感情も芽生えてくる。
立ち退き期限が迫ってくる中、麺とつみれは何とかなったものの、スープだけは、祖父の味が再現できない。哲也と美蘭は、さぬきうどんの達人である哲也の父のもとに、スープの秘密を尋ねに向かう――。

【香港出演者のプロフィール】
劉心悠(Annie Liu アニー・リウ)…林美蘭(ラム・メイラン)役
 2004年、映画「阿嫂(邦題:姐御)」のヒロイン・オーディションで、4000人の中から見出され、エリック・ツァンの義理の娘役で香港デビュー。HongKong Film Award新人女優賞ノミネート。
 2006年、映画「黒夜(邦題:ブラックナイト)」でディラン・クオと共演、2008年には日本の人気コミックを原作とする映画「軍鶏-Shamo-」に出演するなど、広くアジアで活躍、注目の新進女優。

午馬(Wu Ma ウー・マー)…美蘭の祖父役
  1942年生まれ。60年代から数々の映画に出演する香港映画界の名優。受賞歴多数。代表作に「上海エクスプレス」(86年)、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」(87年)、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」(91年)ほかがある。最近作に、2006年アンディ・ラウ主演映画「墨攻」など。

元秋(Yuen Qiu ユン・チウ)…美蘭の母役
 1950年生まれ。ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポーと同じ京劇の学校で学ぶ。アクション女優としてスタート、70年代から数々の映画に出演。2004年映画「功夫(邦題:カンフーハッスル)」で、ゴールデンホース映画祭助演女優賞受賞。


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ