編集部イチオシ

男だって悩んでいます・・・ 物語は新たな舞台へ! 大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』

男だって悩んでいます・・・
物語は新たな舞台へ!

大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』

信長の死、光秀の死、秀吉の野望、そして市の再婚・・・。 骨太の人間ドラマを魅せながらも、まるで昼ドラか!?はたまた韓国ドラマか!?と思わせるほどの怒涛の展開!ますます目が離せなくなってきた、大河ドラマ『江~姫たちの戦国』。世の女性ファンから好評だった豊川信長が雄々しく散ったのち、物語は第二の山場へ!



戦国時代のジェットコースターは止まらない!
「本能寺の変」で信長が討たれ、「山崎の戦い」で信長を討った光秀が秀吉に討たれ、織田家の後継者を決める「清洲会議」では秀吉に泡を食わされ、その秀吉の陰謀を阻止するために、市は勝家と再婚し、越前・北庄城へ・・・。あれよあれよという間に、江たち三姉妹の環境は目まぐるしく変化していきます。これが「本能寺の変」から1年と経たぬ間に起こっているのだから、戦国の世はまさにジェットコースター・・・。略年譜を見れば、その凄まじさは一目瞭然!)

しかし、このジェットコースター、まだまだ止まりません!信長亡き織田家中で発言力を増し、あの手この手で権力を我が者にしようと画策する秀吉と、信長に実直に忠誠を尽くしてきた勝家の、天下を賭けた「賤ヶ岳の戦い」へと、物語は進んでいきます。 そこで注目すべきは、やはりこの男、柴田勝家。豊川さんの信長ほど女性ファンにはウケないかも知れませんが・・・こちらはこちらで、実に味わいのあるお方です。 (あら、ちょっと怖い顔・・・)

夫として、父として・・・かつてない、柴田勝家像。
勝家といえば、市の再婚相手というのは誰もが知るところであり、"剛直"、"鬼柴田"、"戦一筋"といったイメージが強いはず。もちろん、この『江』でも、猛々しい見た目をはじめ、そのイメージは変わらず描かれていますが、今回、勝家の魅力をさらに引き出しているのは、ズバリ"人間味"。 齢60にして、いきなり美しい妻をもらい、三人の美人姉妹の父になってしまった戸惑い。祝言を挙げたときのガチガチに緊張した姿。再婚に反対する姉妹と打ち解けようと努め、そのすえに心を通わせ仲むつまじく過ごす様子・・・。これまでに映像化されてきた、どの作品を見ても、ここまで"素"の勝家を描いたものは無いのでは?と思うぐらい。勝家を演じている大地康夫さんも「『江』の勝家は、剛直さのみならず、人間的な部分に感じ入るところがある」と、その魅力を語っています。(大地さんインタビューCHECKしてみてください!)

なかでも、勝家が三姉妹とコミュニケーションを取る上で、刺繍をするシーン(第9回、3月6日放送)があるのですが、これがまた微笑ましい!大地さんご自身、このシーンを撮影するにあたって、1ヶ月以上前から刺繍を練習されていたそうで、この刺繍は、物語の中で家族を繋いだだけでなく、美女4人に囲まれた現場で勝家さながらに、「居場所がない!」と感じていた大地さんと女優陣を繋ぐキッカケにもなったのだとか。どっちが勝家で、どっちが大地さんなのか・・・。とにかく"刺繍をする勝家"必見です!

新たな戦が、再び幕を開ける――。
そんな幸せも束の間、迫り来るは、天下を賭けた秀吉との「賤ヶ岳の戦い」。この戦に出陣すべきか否か、江たち家族との平穏な生活、ささやかな幸せを知った勝家は葛藤し、そして決断します。結末は史実を見れば当然わかってしまうことではありますが、これが今回の勝家のひと味違うところ!武将として、夫として、父としての気持ちの揺れを丁寧に描いた『江』の勝家ならではの"人間味"が、その結末をより一層深く、悲しく、切なく演出するのです。勝家が、戦ばかりの人生で掴んだ、江たち家族との幸せな生活は、半年~1年にも満たぬ短いものだったというから、なお切ない・・・。(そして、より一層、秀吉がムカつくのです!)

04_gou_110303.jpg 戦国の世、戦に出る男の影で女は悩み、必死に生きてきた・・・という印象がありますが、この勝家を見ていると、"男の悩み"という部分も感じることができる。これこそが、女性目線で描く時代劇ならでは。実に深いです。来週、再来週の放送で描かれる、第二の山場「賤ヶ岳の戦い」。、これまでに様々な作品で幾度となく描かれているこの場面も、この『江』では、少し違った目線でご覧いただけるのではないでしょうか。



さて!
物語が進むにつれ、番組ホームページもどんどん充実しています。前述で紹介した、略年譜や出演者インタビューのほかにも、「紀行」に、「江・辞典」に、衣装を紹介している「美ゴコロ」と盛りだくさん!なかでも、何が出てくるかわからない「おまけ」は、何回でもトライしてしまい、クセになりそうです。(が、私はブログパーツが出る確率が圧倒的に多いです・・・) 番組の予習・復習も兼ねて、皆さん是非チェックしてくださいね!

edrec_bt_tohp.gif


☆NHKドラマ 編集部イチオシ!☆【→記事一覧へ

ページトップへ