編集部イチオシ

隠密組、いよいよ本格始動! 土曜時代劇「隠密八百八町」

隠密組、いよいよ本格始動!
土曜時代劇「隠密八百八町」

サスペンスあり、アクションあり、コメディありの土曜時代劇「隠密八百八町」。次回、1月22日の放送は第3回「金の亡者たち」。第2回で結成された「隠密組」が本格に動き始めます!メンバーは主人公・神谷又十郎(舘ひろしさん)に加え、おとき(釈由美子さん)と春之丞(宝海大空さん)の大道芸人姉弟、浪人の木村源平衛(池田努さん)、そして喜八郎(津川雅彦さん)。5人が力を合わせて「悪」に立ち向かう!ん?これは・・・戦隊ヒーローもの!?



お元気ですか、みなさん。この1月にスタートしたNHKドラマ、ご覧いただいていますか?
ドラマ部特派員松子です。
土曜時代劇の新シリーズ「隠密八百八町」は、悪政と戦う正義の味方「隠密組」が大活躍をします。この「隠密組」を構成するのは個性豊かな5人衆。これって戦隊ヒーローと同じじゃないですか!突然ボルテージが上がる松子!なぜなら時代劇のヒーローは私にとって幼少時代からのアイドル、そして戦隊ものも負けず劣らず大好物!なんです。今回はこの松子のつぼにビタッとはまった"隠密戦隊"をご紹介します!

隠密レッド:剣の達人・神谷又十郎
まずは舘ひろしさん扮する主人公・神谷又十郎。「隠密組」のリーダー!戦隊で言うところのレッドです。又十郎は、町の道場で師範代をつとめる剣術の達人!彼が使う「馬庭念流」は、自衛を重んじる剣で、人を殺すことなく懲らしめるのが、又十郎のモットーなのです。まさに正義のヒーローとして王道中の王道!この「ザ・正義の味方="又十郎"レッド」に、松子はずっぽりはまってしまいました!そんな又十郎ですから、当然彼の殺陣のシーンは必見です。一たび刀を抜けば蝶の様に舞い、蜂の様に刺す!なんて華麗なお姿・・・。また、カッコイイだけではく、お茶目な一面もあったりして。あー、又十郎様・・・。ここだけの話ですが、今回又十郎は様々な扮装で潜入捜査をするシーンがある模様。みなさんが見たことのない舘さんのレアな姿も続々登場しますよ。その中でもロングヘアの役にふんした役は舘さんご本人もお気に入り。これは見逃せませんよ~。(どの回で出てくるかはお楽しみに!)

02_onmitsu110118.jpg 隠密ピンク:紅一点! おとき
釈由美子さん演じるおときは、普段は弟の春之丞と組んで大道芸をやっている隠密組の紅一点これはやっぱりピンクですよね。こう言ってしまうと男性の方々の、お色気部門を担当してくれるのかしら!?ちょっぴり入浴シーンなんかあったりしないのかな?なんて変な期待感もひしひしと感じます・・・が、釈さんが着物姿というだけで非常に色っぽく、可愛らしいんですヨ。そして"戦隊"ですからもちろん戦うシーンだってあるんです!おときは、大道芸で鍛えた忍者のような技が持ち味。慣れない時代劇の現場と激しいアクションに苦戦しているのでは・・・?と思いきや、第1回から華麗に手裏剣投げを披露!これからのアクションシーンが楽しみになりました♪さらに、ほのかに抱く又十郎への恋心も気になるところ・・・!

隠密グリーン:女形もこなす春之丞
隠密組最年少、おときの弟・春之丞を演じるのは、宝海大空さん。かなりの男前、というより美少年です。設定を見ると、元役者のイイ男♪なんですが、なんと本名は熊吉・・・!男らしいお名前に驚きを隠せない松子・・・。彼の麗しい容姿に似合うのはやはり「春之丞」ですよね。その春之丞の得技は、声真似、そして道具を使わしたら右に出るものなし。こういう点から春之丞はグリーンという感じがしますね~。時には姉・おときと共に「女性」として悪のアジトに潜入することも!これまた女性としての所作が完璧なんです。それもそのはず、春之丞役の宝海さんは、大衆演劇の女形のスター!テレビドラマは初挑戦で、緊張されていたのかもしれませんがそんなことは微塵も感じさせないあたりはさすがです。女姿の色っぽさは、津川雅彦さんのお墨付き。釈さんも「(女性として)商売あがったりです(笑)」と言うほど。どうして女形の方はああも色っぽいんでしょうか!?(見て勉強しないと!)

隠密イエロー:真っ直ぐ!な熱血漢 木村源兵衛
仕えていた家が取りつぶしになり、浪人になった木村源兵衛。演じるのは池田努さんです。源兵衛の過去からは、なにやら不幸な事件のにおいが感じられます。第1回では道場破りの代理人みたいなセコイ商売をしているなと思っていたら、手合わせをした又十郎の男ぶりに惚れるという展開!心根は真っ直ぐな熱血漢なのです。そして、おときの美貌にドキドキ!単純明快これはもうイエロータイプですよ。さらに、絵を描くのが得意だという、外見とのギャップがありすぎる意外な特技も持っています。実は絵を描くのは池田さん自身の特技で、劇中に登場する絵はなんと直筆!絵の出来栄えと共に、物語の中でこの特技がどう生かされるのか?気になります!!

隠密ブルー:喜八郎
老練の謎多き人物・・・!?

正月時代劇「隠密秘帖」をご覧になった方はご存知かと思いますが、かつては又十郎の父・庄左衛門の代に神谷家に仕えていた喜八郎。又十郎の育ての親でもあります。現在は「なんでも屋」の主人におさまっており、隠密組では参謀兼発明担当。喜八郎の頭脳明晰で博識、冷静沈着というこのポジションはブルー!演じるのはあの津川雅彦さんです。彼が加わることで、この"隠密戦隊"に重厚感が増し、また時に、独特のユーモアで人を煙に巻くなどとても「人を食った」キャラクターになっています。喜八郎の過去がいま一つ分からないこともあいまって、喜八郎の正体は何者なのか!?と、気になって仕方がありません。


この5人が協力して巨悪をくじく!というのが「隠密八百八町」なのです。そして忘れてならない司令官ポジションは「隠密組」を作った松平定信=楽翁(平幹二朗さん)でしょう。こうなると気になるのが、楽翁と又十郎の父・庄左衛門にまつわる35年前の因縁です。平さん演じる楽翁、そして津川さんの喜八郎は"隠密シリーズ"のキーパーソンなのです!(くわしくは、是非「隠密秘帖」のページをご覧ください!)

今後「隠密秘帖」のエピソードがどう絡んでいくのか?やがて父の死の"真相"を知った時、又十郎はどうするのか・・・!?さらに、おときと春之丞、源兵衛のそれぞれ過去などHPの人物紹介にあるエピソードも明かされていくのか!?

縦横無尽に見どころ満載の土曜時代劇「隠密八百八町」。いよいよ本格的に動き出す隠密戦隊、もとい「隠密組」に目が離せません!土曜時代劇「隠密八百八町」は、毎週土曜よる7時30分から放送中!全9回、お見逃しなく!

edrec_bt_tohp.gif


☆NHKドラマ 編集部イチオシ!☆【→記事一覧へ

ページトップへ