編集部イチオシ

貴女も「るい」になれる!? 「セカンドバージン」ファッション特集Vol.1

貴女も「るい」になれる!?
「セカンドバージン」ファッション特集Vol.1

目の離せないストーリー展開もさることながら、鈴木京香さん扮する主人公・中村るいのファッションも注目の的!のドラマ「セカンドバージン」。「るいみたいになりた~い!」という声が番組HPの掲示板やツイッターに沢山寄せられています!
と、いうことで・・・大変長らくお待たせしました!皆様にお応えすべく、スタイリスト・西ゆり子さんにインタビュー!




西ゆり子さんは、テレビ業界におけるスタイリストの草分け、第一人者と言われる方です。(すごい!)「セカンドバージン」では鈴木京香さんを担当されています。

取材に応じてくださった西さんのお召しものが、これまたステキ!赤いVネックのトップス、その下の白いシャツが効いていて、首まわりにさっと巻いた豹柄のスカーフがチャーミング!(写真では外されていますが・・・)メガネも赤とベージュのツートーン。
言うまでもなくお洒落です!

中村るいのファッションはすべてこの方の手によるもの!
どんなこだわりがあるのか!?洋服選びのポイントは??? ではさっそく―!

若づくりしない 同世代の女性から見てきれいなスタイル
□Check1 自由な"業界"とカッチリした"管理職"の2パターンをミックス
― 新海社の専務であり(今は違うけど・・・)やり手の編集者という、バリキャリのイイ女、中村るい(45)。まずは、彼女のファッションコンセプトをお聞かせください!

管理職という立場から、キチンとした上質のものを基本にしています。編集者は、わりと服装がラフで自由。しかし、るいの服は年齢を意識しつつ選んでいます。40代の女性から見てきれいなスタイルを、と思っています。

□Check2 スカート丈にこだわりアリ!「流行」よりも「美しさ」
― スカート丈もひざ丈が多いのが気になるのですが、そこにもこだわりが?

スカート丈は、よぉ~く吟味しています。3、4cm短いだけで、「若く」見えますから。これがいいなと選んだスカートでもるいには短くて、わざわざ丈を出しているものもあるくらい!
ここ4,5年、チュニック丈にレギンスといったスタイルが大流行してますよね。、楽でイージーな服というのもあって、今では若い人だけでなく、幅広い年代の方々が着ています。でも、流行を追った「若づくり」はしたくなかったんです。若い男性と正面から向き合い、ごまかさず対等に恋する40代の女性を描くのに、若づくりしても意味がないでしょ。だから、流行は意識せずに、ファッションとして美しい服を選んでいます。


コンサバに、一振りのスパイスがポイント!
□Check3 基本はコンサバ
― 流行に左右されない、ファッションとして美しい服・・・具体的にどんな洋服になるんでしょうか?

タイトスカート、シルクブラウスやボウブラウス、カシュクールブラウス・・・。ワンピースなら、ウェストできちんと区切られているもの。コンサバティブなものを選んでいます。色は落ち着いたトーンで。るいの衣装でアシンメトリーなデザインなど、奇をてらったものは選んでいません。スカートはちょっと変型もあるかも?でも基本はコンサバです。

□Check4 小物はスパイス!
― でもただのコンサバじゃないですよね。小物使いがきいてる!

そう、時計やアクセサリー、ベルトなどをスパイスとして持ってきています。たとえばドラマの前半だと、太めのサッシュベルト。黒ではなくて、赤にしたり。他には洋服がベージュ系の時に、パープルのバッグを。脚本の大石静さんも「パープルのバッグってベージュ系の洋服の時に持てばいいのね!」と絶賛してくださいました(笑)。

― 紫のアイテムってどう使えばよいの?と避けてきたのですが、このベージュに合わせる技、覚えておきます!

□Check5 ベージュは要注意!大振りのアクセサリーやパールがキー

でもね、ベージュは要注意の色なんです。ベージュの洋服を1枚で着ると、「オバサン」になってしまうんですよ。明るいきれいなベージュのセーター、上品でいいなぁと思って、いざ着てみると・・・

― 老けて見える!あと、私はどうしても「おじいちゃんの下着」みたいになるんです・・・。そういえば、るいは第2回のスーパーのシーンで、大振りのアクセサリーを合わせてましたね。

ベージュの洋服は、顔色との相性をよく吟味して選んでください。アクセサリーを足すだけで随分ちがいますよ。大きなダイヤや、ターコイズなどを持ってきてお洒落に着てくださいネ。それと、ベージュの服にはパールが合うんです。

― おぉ!暖かみのあるパールなら、ベージュに合う!持っている人も多いから、すぐに出来そうですね!

□Check6 足元はヌーディーに。ヒールにも注目
― ところで、足元、靴も気になるんですが・・・

靴は、目立たないヌーディなベージュ系が多めですね。今回はすんなりと、足からそのままつながるような色にしています。でも、ベージュ一色じゃなくてヒールにブルー、ピンクなどが入っていたりします。

― ヒールにカラーを持ってくるのも、さりげないお洒落ポイント!ヌーディベージュのヒールは足が長く、きれいに見えますよね。

ウェストラインは出す! 色気のない服はダメ!
□Check7 40代女性は「つかず離れず」でウエストはピッタリと。
― るいの妖艶で上品な雰囲気は、体のラインをきれいにみせている服にあり!と思っているのです!西さん、どんな服だとラインがきれいなんでしょう?

40代の人は、体にピタッとするストレッチ素材のボディコンシャスなものより、シルクサテンのような素材で「体のラインにつかず離れず」というのがきれいに見えます。

胸、袖、ウェストあたりのラインを出してください。とくにウェストはぴったりしているものがおすすめです。


□Check8 10枚の安い服より、1枚の高い服!
― これから洋服を買う方にアドバイスをするなら?ドラマを見て、「お洒落しよう!久々に洋服を買おう!」という方もいらっしゃるんですヨ。

嬉しいですね!服って、着る人に生きるパワーを与えたりする、そういうものだと思っているんです。40代って、外見にも自信や責任を持つ年齢です。着ているものが、生き方を表すんです。「この人はこういう服を選んで着る、そういう生き方の人なんだな」って。良くも悪くも、着ているもので人を判断する事があるでしょ?出来れば、10枚の安い服より、1枚の高い服を買ってください。

― 「10枚の安い服より、1枚の高い服」!その値段の差は一体どこにあるんでしょうか?

値段の差は「パターン(型紙)」なんです。高い服は、パターンがきれい。同じ布でも、パターンが違うだけで着たときに出るラインが違います。それが、著名なデザイナーの腕なんです。

□Check9 色気のある服を!シャツは第3ボタンまで開ける
― 言われてみると、るいさんの衣装は何でもない襟ぐりのラインも美しいですね。胸元あたりの露出具合も絶妙!

やっぱり、どこか露出してないと。色気のない服は面白くないでしょ(笑)。だから、るいも夏はノースリーブやフレンチスリーブ。秋、冬はシルクブラウス。コットンシャツなら、第3ボタンまで開ける。

― そうだ、るいはシャツのボタンけっこう大胆に開けていたりする!あ、でもこの「第3ボタンの法則」は若い女の子には似合いませんよね~。

年齢を重ねた女性ならではのオシャレと色気なのです。

□Check10 これだけはダメ!
― 色気のない服はダメということですが・・・。西さんが絶対ダメ!と思う服は?

タートルネックの長そではダメ!全部、覆い隠すでしょ?寒いのはわかるけど(笑)。家ならともなく、出かける時にはやめてほしいですね。

― ・・・。気をつけますッ!


一瞬、え!?これからのシーズン、個人的に多用するんですが・・・と、心に自分の冬の装いを思い浮かべた松子。黒タートルに、デニムパンツをブーツイン。完全防備!
って、色気ゼロ・・・ッ!?

西さんの言葉に、うなずきっぱなしの松子でした。

さて、今回の特集、これで終わり・・・ではありません!次回は、第2弾をお届けします!お楽しみに~♪ドラマはどんどん佳境へ!12月14日(火)の最終回までお見逃しなく!

edrec_bt_tohp.gif

line.gif

☆NHKドラマ 編集部イチオシ!☆【→記事一覧へ



☆NHKドラマ 編集部イチオシ!☆【→記事一覧へ

ページトップへ