編集部イチオシ

堀北真希さんに取材陣殺到!京急線品川駅の一番長い日?【後編】

堀北真希さんに取材陣殺到!
京急線品川駅の一番長い日?【後編】

というわけで、電車ラッピング特集の続編です!
前回の記事 でご覧頂いた、「梅ちゃん先生」ラッピングが施された京急2100形
そのお披露目として、品川駅で「NHK連続テレビ小説梅ちゃん先生京急ラッピング電車出発式」(長い...)が行われることになりました!
当日は堀北真希さんも登場するということで、取材申し込みが殺到しているとかしないとか...そんなわけで、さっそく京急の品川駅まで取材に行ってきます!
電車から登場する堀北さんの姿と、駅でイベントをやるのって本当に大変なんだな!と感じさせる、鉄道関係各位の雄姿をご覧くださいっ!!!!

line.gif

■品川駅3番ホームがイベントスペースに!

渋谷から山手線に乗って、品川駅に無事到着。時間は午前10時です。
改札口で待っていた京急の社員さんに「出発式はどちらで?」と尋ねたところ、階段を上がって左手です、というお返事が。
「この上はホームじゃなかったっけ?イベントスペースなんかあったっけ?」と思いながら階段を昇ってみると...なんと、3番線ホームの一部がイベントスペースに変身していました!


イベントスペースの真上に行先案内板が...

(前回も登場した)京急アドの武藤さんによると、

武藤さん(以下、武)「お客様のご移動に問題が起こらないよう、夕方まで発着がない、3番線ホームをイベントスペースにしました。ラッピング電車もこの3番線に、セレモニーの途中で入線してきますよ!」

...とのこと。そのラッピング電車から堀北さんが颯爽と登場し、会見に臨む...という段取りだそうです。せっかくの機会ですので、鉄道イベントがどうやって作られているのか、武藤さんに裏事情を聞いていきましょう!

line.gif

■泣ける!鉄道イベントのつくりかた
編「今日登場する電車は、小生がきのう久里浜で拝見した2100形ですよね?」
武「そうですよ~。久里浜から営業運転せず、品川まで直接回送します」
編「堀北さんはどこから乗ってくるんですか? まさか久里浜の車庫から?」
武藤さん「いやいや(笑)、さすがにそれはありません。堀北さんは番組のスタッフさんと一緒に、平和島駅からご乗車になります」
編「あ、そうなんですか。一般のお客様が間違えて乗ってこられませんか?」
武藤さん「はい。お客様にご迷惑をおかけするわけにはいかないので、平和島駅ではドアカット(※一部のドアを開閉しないこと)を行って、堀北さんの乗車位置にあるドアだけを開くんです」
編「梅屋敷でもないのに(※梅屋敷駅はホームが短いため、ドアカットを行っている)ドアカットですか! 堀北さんも乗ってこられるし、鉄道ファン的には品川で待っているより、平和島駅に行ってみたいかも...」
武藤さん「あ、いいですよ。移動されますか?」
編「うーん...」


本当にホームの上ですw

...ということでしばらく悩んだのですが、電車から堀北さんに続いて小生が降りてくると「あれ、こんなむっさい出演者がいたかな?」と勘違いされる危険性があるため、断念することにしました(涙)。鉄道ファン的にはちょっと悔しい気もするのですが、致し方ありません!

編「そうそう。いただいたご案内には『セレモニーは11時20分から37分まで』と細かく書いてあったのですが、どうしてこんなハンパな時間なのですか?」
武「やはり一般のお客様のご移動が最優先なので、このイベントでダイヤを乱したり、運休を出したりするわけにはいかないのですね。そこでダイヤを丹念に調べたところ、久里浜から電車を回送して、どこかの駅で一時的に停車させて、品川駅に入線して、一定時間停車させて、そのまま発車できる...という奇跡のような隙間がこの17分間だったんです」
編「うわー...想像以上に大変ですね...。遅延があったらどうするんですか?」
武「起きないように祈るしかないです(涙)」
編「まじっすか...」

...ということで電車関連のイベントは、鉄道会社の皆様にとって相当な大事、のようです。本当にご苦労さまです!
そうこう取材(?)をしているうちに、ホームには報道陣が集まり始めていました!
というか、集まりまくっていました!!!


ぐおおおおおおおおおおおおおっっ!!

きょうは主演の堀北さんのみならず、大田区長や京急電鉄の社長さんまで登場するということで、けっこうな大イベントになっています。そのためか、雑誌・新聞・テレビ、その他メディアの取材陣も大挙して詰めかけているご様子!

line.gif

■鉄道マンに負けじと、放送マンも頑張ります!

電車の入線→堀北さん登場の前に、まず京急電鉄の石渡社長、続いて大田区の松原区長、そしてNHKの高井広報局長がご挨拶を申し上げます。
取材陣の皆様はマジメにメモを取ったりされているのですが、小生は
「20分の入線までにスピーチが終わるのか」
が、気になって気になって仕方ありません...。


左から京急石渡社長、松原大田区長、高井広報局長

しかしここは放送マンの底力!!!!!!!!
スピーチのトリを勤めた高井広報局長は、時計を見ながら入線直前にスピーチが終わるよう、アドリブを入れたり、トークを引き延ばしたりと、必死に時間調整をされていました!!(涙)
ダイヤを絶妙に調整した鉄道マン、そしてトークの時間を絶妙に調整する放送マンの素晴らしい連携を見て、(おそらく小生だけでしょうが)深く深く感動してしまったのでありました...。

そんな関係各位の努力が実って、素晴らしいタイミングでラッピング電車が入線してきました!!!

line.gif

ラッピング電車から堀北さん登場! そして伝説へ...。

というわけで、お待たせしました!
11時20分。
京急梅屋敷駅で使用されるという、番組主題歌「さかさまの空」をアレンジした入線メロディーをバックに、品川駅3番ホームに堂々と「梅ちゃん先生」ラッピング電車が入線してきました!!!!


ゴチュウイクダサーイ


停車!そして...


ラッピング電車から...


堀北真希さんが登場!!!!!!!

報道陣からフラッシュたかれまくり!!
品川駅が一番まぶしい日かもしれません...(涙)

そして式典は堀北さんのご挨拶から、品川駅長による花束の贈呈へと進みます。
ここで皆様、要注目ポイント!
堀北さんが車体にサインを入れてくれる!
ということになりました!!!!!!!!

堀北さんも「え、書いちゃっていいんですか...?」と遠慮がちな様子でしたが、「車体に直接ではなく、ラッピングされた番組ポスターの上に書いてください」ということで「あ、それなら」と快く書いてくださいました(笑)

というわけで、電車に「梅ちゃん先生」ご本人の直筆サインが入って、
梅ちゃん先生ラッピング電車、これにて本当の完成です!!!!

こんな感じで、先頭車両の進行方向に向かって右側に、堀北さんのサインが入っています!!
これから駅で見かけられる方もいるかと思いますが、これは印刷ではなく直筆です(笑)。
電車に近づきすぎないように、少し離れてジーッと見ていただければと思います。 そして、楽しい式典もあっという間に最終盤。発車のテープカットへと移ります...。


テープカットして...


出発進行!

line.gif

■イベント済んで日が暮れて...

編「武藤さん、どうもお疲れ様でした! 電車遅れなかったですね~」
武「本当に良かったです(涙)」
編「ところであのサイン、雨が降ったら消えちゃったりしませんか?」
武「あ、大丈夫です。これからもう一度久里浜に回送して、サインが消えないように、上から透明のフィルムをラッピングします
編「まじっすか!!」

...というわけで、京急電鉄のみなさまの愛情と気合いがいっぱい詰まった、(鉄道ファン的には)ドキドキハラハラの出発式なのでした。
前回の記事にも書きましたが、この電車は京急蒲田と梅屋敷を往復...ではなく、京急線全線で普通に営業用の車両として運行されるそうです。
京急&京急が乗り入れている路線をご利用の皆様は、ちょっとドキドキしながら電車の入線を待ってくださいね!

それでは皆様、
ダァ!!シエリイェッス!!!(`Д´)ゞ


line.gif

 

→記事の前編「京急電鉄の車庫に潜入!梅ちゃん先生を探せスペシャル」へ
連続テレビ小説『梅ちゃん先生』HP

 


☆NHKドラマ 編集部イチオシ!☆【→記事一覧へ

ページトップへ