ドラマトピックス

長谷川博己さんが夫・萬平役!2018(平成30)年度後期 連続テレビ小説「まんぷく」

2018(平成30)年度後期 連続テレビ小説
まんぷく
作:福田靖

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』。
インスタントラーメンを発明する男 立花萬平が決定!!

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』。今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描きます。その物語のヒロイン・福子と生涯を共にし、世界の食文化に革命を起こす男・立花萬平(たちばなまんぺい)役がついに決まりました!!

立花萬平

manpuku_0207a.jpg

長谷川博己 さん
連続テレビ小説初出演

【役柄 立花萬平】
本作のヒロイン・福子と生涯を共にする青年。両親を早くに亡くし、親戚の下に身を寄せて幼少期を過ごす。幼い頃から発想力と行動力に富み、25歳の時に会社を設立して事業を興す。そんな中、あるできごとをきっかけに、萬平は福子と運命的な出会いを果たす。
やがて福子と結婚した萬平は、製塩や栄養食品の開発、さらには金融業など、さまざまな事業を手がけるが、その度に困難が襲い、継続が難しい事態に陥ってしまう。全財産を失った47歳の春、萬平は再び新たな事業を興そうと立ち上がる。それは世界の食文化に革命を起こす大発明の幕開けだった。
実在の人物をモデルとしますが、激動の時代を共に戦い抜いた夫婦の愛の物語として大胆に再構成し、登場人物や団体名は改称した上、フィクションとしてお届けします。

【長谷川博己 プロフィール】
2011年『鈴木先生』でドラマ初主演。その後もドラマ『家政婦のミタ』、『雲の階段』、『八重の桜』『小さな巨人』をはじめ多くの作品に出演。映画「シン・ゴジラ」にて第40回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を受賞。
2017年には『夏目漱石の妻』で第43回放送文化基金賞・演技賞を受賞し、映画「散歩する侵略者」にてカンヌ国際映画祭に初登壇するなど、今、最も演技力と存在感が際立っている俳優の一人。


 manpuku_0207b.jpg

【ヒロイン 今井/立花福子 役 安藤サクラさんのメッセージ】

初めてお会いした際、なんて面白い方なんだ!と笑いが止まらなかったことを覚えています。もともとファンだったので長谷川さんならば!と出演を決めました。大先輩との共演、とても心強く感じています。どんな夫婦になるか今からすごく楽しみです。共演は初めてですが必ずいい夫婦になるゾと予感しています。


【キャスティングにあたって  ・・・ 制作統括 真鍋斎】

正義感あふれる政府高官からニートまで、これまで長谷川博己さんが演じられてきた役柄は実に幅広く、変幻自在でありながら常に筋の通った存在感を発揮していらっしゃいます。その存在感の源泉は、私は“品”だと思うのです。
今回演じていただく「立花萬平」は、いい時もあれば悪い時もあるという、まさに七転八起の人生を歩みます。当局に逮捕されてしまったり、全財産を没収されたりもします。しかし、どんなときでも彼が失わなかったのは“人間としての品格”であったと私は思います。これを体現できるのは、長谷川さんをおいて他にはないと確信しています。
旺盛な好奇心と他を圧倒する発想力を持ちながら、人に対しては誠実だが不器用、ちょっと照れ屋なところも頑固なところもある。そんなさまざまな顔を持つ「萬平」を、チャーミングに演じていただけるものと、今から楽しみでなりません。
長谷川博己さんと、その奥さんが安藤サクラさん。
なんともワクワクする夫婦です。


平成30年度後期 連続テレビ小説 『まんぷく』

【放送予定】
 2018年(平成30年)10月1日(月)から
 2019年(平成31年)3月30日(土)《全151回》
【制作スケジュール】
 2018年(平成30年)1月から4月 出演者発表
 2018年(平成30年)5月 クランクイン予定
【演出】
 渡邊良雄 安達もじり
【プロデューサー】
 堀之内礼二郎
【制作統括】
 真鍋斎


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ