ドラマトピックス

連続テレビ小説「ひよっこ」出演者発表!<故郷編>

2017年4月3日(月)から放送予定の、連続テレビ小説「ひよっこ」。
先日発表したヒロイン・谷田部みね子役の有村架純さんに続いて、“故郷編”の出演者が決定いたしましたので、お伝えいたします。

hiyo0926_01.png

ヒロイン・谷田部みね子(やたべみねこ)
…有村架純(ありむらかすみ)
奥茨城の小さな農家に生まれ育った高校3年生。おっとり、のんびりした性格だが、明るく働き者の母・美代子のような女性になりたいと思っている。奥茨城の暮らしが大好きで、卒業後は祖父や母を手伝って畑仕事を頑張るつもりだった。そんな矢先、東京に出稼ぎに行った父が行方不明になってしまったことから集団就職で上京することを決意。トランジスタラジオを作る工場で働き始める。しかし、仕事にもようやく慣れてきたころ、会社が倒産。父がかつて通っていた洋食屋で働くことに。人情深い町の人たちに育まれながら、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。

【みね子の家族】

hiyo0926_02.png

父・谷田部実(やたべみのる)
…沢村一樹(さわむらいっき)
農業が大好きで、本当は故郷で田や畑仕事をしていたいのだが、不作の年に作った借金を返すため、一年のほとんどは東京の工事現場で懸命に働いている。離れてはいても、いつも家族のことを思っている心優しい父親。だが、稲刈りで帰郷したのを最後に、消息を絶ってしまう。
★連続テレビ小説初出演

hiyo0926_03.png

母・谷田部美代子(やたべみよこ)
…木村佳乃(きむらよしの)
明るくおしゃべりで、ちょっとおちゃめ。農作業のかたわら、洋裁の内職にも精を出す働き者でもある。夫・実(みのる)が家にいないことで寂しい思いをしているが、子どもたちの前では気丈に明るくふるまっている。実が行方不明になったことに大きなショックを受けるが、無事を信じて待ち続ける。

hiyo0926_04.png

祖父・谷田部茂(やたべしげる)
…古谷一行(ふるやいっこう)
口かずが少ないのに、たまにしゃべると毒舌。でも本当は家族のことを一番わかっていて、さりげなく優しい気遣いを見せて谷田部家を支えている。農業一筋で生きてきたため、跡取りの実(みのる)を出稼ぎに出さなくてはならない状況を心苦しく思っている。若いころはかなりモテたらしい。

hiyo0926_05.png

叔父・小祝宗男(こいわいむねお)
…峯田和伸(みねたかずのぶ)
実(みのる)の弟、みね子の叔父。少し離れた村に養子にいったが、父親不在の谷田部家をいつも気にかけていて、野菜などを持ってよく現れる。大きな声でよく笑い、その場を一瞬で明るくする。気持ちだけは世界に向いていて海外の話もよくするが、実は東京にすら行ったことがない。
★連続テレビ小説初出演

【奥茨城村の人々】

hiyo0926_06.png

助川時子(すけがわときこ)
…佐久間由衣(さくまゆい)
みね子の幼なじみで同級生。自他ともに認める村一番の美少女で、気も強い。みね子とは対照的な性格だが、お互いに欠かせない親友同士。卒業後は集団就職でトランジスタラジオの工場で働くことが決まっているが、いつかは女優になるという夢を持っている。
★連続テレビ小説初出演

hiyo0926_07.png

角谷三男(すみたにみつお)
…泉澤祐希(いずみさわゆうき)
みね子の幼なじみで同級生。時子に片思いをしている。みね子と同様、奥茨城が大好きなのだが、農家の三男坊なので継ぐこともできず、集団就職で日本橋の米屋で働くことが決まっている。上京後も3人の友情は続き、励まし合いながらそれぞれの道を歩んでいく。

hiyo0926_08.png

助川君子(すけがわきみこ)
…羽田美智子(はだみちこ)
時子の母。美代子とは幼なじみで、たびたび農作業を手伝いに来ては、おしゃべりにも花を咲かす。2人は奥茨城村で1、2を争う美人同士だったらしい。時子には、堅実な道を歩んで幸せになって欲しいと願っており、上京に反対している。

hiyo0926_09.png

角谷きよ(すみたにきよ)
…柴田理恵(しばたりえ)
三男(みつお)の母。みね子の家よりは大きな農家で、リンゴ栽培も手がけている。日々の農作業で忙しく、三男の顔を見るたびに「さっさと手伝え」と口うるさい。だが、集団就職の見送りで誰よりも号泣するなど、本当は愛情深い人物。

hiyo0926_10.png

助川正二(すけがわしょうじ)
…遠山俊也(とおやまとしや)
時子の父。酪農も手がけるなど、奥茨城村の農家としては成功している。谷田部家とは付き合いも古く、毎年、田植えや稲刈りを手伝っている。いつも君子の勢いに押されてしまうので、周りから尻に敷かれているように見られている。
★連続テレビ小説初出演

hiyo0926_11.png

益子次郎(ましこじろう)
…松尾諭(まつおさとる)
みね子たちが通学に使うバスの車掌。みね子たちの集落から町に出る唯一の交通手段がこのバスで、長年、子どもたちの成長や数々の出会いと別れの場を見てきた。ほとんどの村人と顔なじみで、乗客の会話にもたびたび加わる。   

【音楽も決定!】

hiyo0926_12.png

音楽・宮川彬良(みやがわあきら)
東京藝術大学在学中より劇団四季、東京ディズニーランドなどのショーの音楽を担当。代表作に「ONE MAN'S DREAM」「身毒丸」「マツケンサンバⅡ」など。NHK Eテレ「クインテット」NHK BS2「どれみふぁワンダーランド」NHK BS プレミアム「宮川彬良のショータイム」の音楽担当、並びに出演。アニメ映画「宇宙戦艦ヤマト2199」、2016 年NHK 木曜時代劇「ちかえもん」などの音楽を担当。また、自身が作曲、編曲、指揮、ピアノ演奏、解説を行いながら進める独自のコンサートスタイルは人気を呼んでいる。

hiyo0926_13.png

作・岡田惠和(おかだよしかず)
1959 年東京都出身。90 年ドラマ「香港から来た女」(TBS)で脚本家デビュー。繊細なタッチの物語世界とポジティブなキャラクター造形、会話劇で幅広いファン層を獲得。多彩な作風で連続ドラマを中心に、映画、舞台などの脚本を手がけている。99 年ドラマ「彼女たちの時代」(フジテレビ)で文化庁芸術選奨文部大臣新人賞を受賞したのを始め、2001 年度前期連続テレビ小説「ちゅらさん」で向田賞と橋田賞、14 年ドラマ「続・最後から二番目の恋」(フジテレビ)で東京ドラマアウォード脚本賞、「さよなら私」で文化庁芸術選奨文部科学大臣賞など多数の受賞歴がある。他にNHKでは「ボクの妻と結婚してください」「奇跡の人」、民放では「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」(日本テレビ)、「スターマン・この星の恋」「心がポキッとね」(フジテレビ)、映画「おっぱいバレー」「世界から猫が消えたなら」などがある。連続テレビ小説の執筆は「ちゅらさん」、11 年度前期「おひさま」に続き、3 作目となる。

【出演者発表にあたって】

チーフ・プロデューサー 菓子浩
あまり知られていませんが、「ひよっこ」の舞台・茨城県には日本一が数多くあります。くり、メロン、レンコン、はくさい、レタス、ピーマン、なす、ネギ、卵、などなど…。実は、茨城県の農業産出額は北海道に次いで2番目なのです。
取材で茨城県内を巡り、たくさんの農家の方にお話を伺いました。「自然まかせの仕事だから、当たり前のことをやるだけだ」謙遜気味にそう話される中にも、“ 土とともに生きる” 強さと誇りのようなものを感じました。
故郷編に登場するのは、そんな愛すべき人々です。人生には良いことも悪いこともあり、笑ったり泣いたりしながら生きていくしかない。それでも、家族・故郷・仕事への誇りや愛情を糧に、力強く歩んでいきます。
このたび、岡田惠和さんによって息を吹き込まれた個性豊かなキャラクターを演ずべく、素晴らしいキャストの方々にお集まりいただきました。この皆さんに命を与えられ、登場人物のひとりひとりも、きっと日本一の輝きを放ち始めることでしょう。連続テレビ小説「ひよっこ」どうぞご期待ください。

【物語】

1964年(昭和39年)秋。東京オリンピックが目前に迫っていたが、谷田部みね子(17)は今ひとつ実感が湧かない。みね子は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村で育った。交通の便が悪いため、同じ関東なのに東京は遠い世界のように思える。みね子の家は6人家族。不作の年に作った借金を返すために、父は東京に出稼ぎに行っている。高校を卒業したら、農家の仕事を手伝って祖父と母に楽させてあげたい…。そう思っていたみね子の人生は、お正月に父が帰ってこなかったことで一変する。
「お父さんの分も働いて仕送りします。東京に行かせてください」東京に行けば、いつかきっと父に会える気がしたのだ。2人の幼なじみと一緒に集団就職で上京したみね子は、下町の町工場で働き始める。初めて見る東京は、想像をはるかに超えた大都会で戸惑うことばかり。低賃金に長時間労働。“金の卵”を待ち受けていた厳しい現実に時々くじけそうになるが、東北各地から上京してきた寮の仲間たちや舎監さんが心の支えとなっていく。しかし、オリンピック後の不況のあおりを受けて会社は倒産。工場は閉鎖されてしまう。
行くあてのないみね子を拾ってくれたのは、かつて帰省した父から「美味しい」と土産話を聞かされていた洋食屋だった。店での給仕や出前、仕込みの手伝いがみね子の仕事になった。女将とその息子の料理長、そしてコックたち。皆、人使いは荒いが情にもろく、家族のような存在になっていく。個性的な常連客や商店街の人々、友人や仲間たちとの泣き笑いの日々の中で、みね子はさまざまな出会いと別れを経験しながら試練を乗り越え、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく。

 

【放送予定】
2017年4月3日(月)~9月30日(土)全156回(予定)
【スタッフ】
制作統括:菓子浩
プロデューサー:山本晃久
演出:黒崎博 田中正 福岡利武ほか


ページトップへ