ドラマトピックス

ヒロインは波瑠さん!平成27年度後期 連続テレビ小説「あさが来た」

平成27年度後期 連続テレビ小説
あさが来た

ヒロイン決定!主人公 白岡あさ を演じるのは

asaga_0311a.jpg

波瑠(はる)さん


【プロフィール】
1991年、東京生まれ。
2006年女優デビュー以来、多くの映画、ドラマに出演。映画「がじまる食堂の恋」(主演)や映画「アゲイン 28年目の甲子園」ではその演技に高い評価を得ている。
NHKでは時代劇「おそろし~三島屋変調百物語~」で、悲劇的な事件に巻き込まれ、心を閉ざした少女が他人の不思議な身の上話を聞くことで少しずつ心のわだかまりを溶かしていくヒロインを熱演。
今、最も期待される女優の一人である。

【役柄】
■白岡あさ
幕末の1849年(嘉永2年)生まれ。京都の豪商の次女。
正義感が強く、相撲も強い、好奇心旺盛なおてんば娘。「なんでどす?」が口ぐせ。
生まれた時から大阪有数の両替屋に嫁ぐことになっていたが、姉のはつが大好きで、勉学にも興味があり、一度は嫁入りを拒否する。しかし、許嫁の優しさと器の大きさにふれ、嫁入りを決意する。嫁いですぐに明治維新をむかえると、動乱の中、家業が傾いてしまう。あさは、趣味人の夫に代わって、店のために働き始める。そして、子育てをしながら炭鉱事業や銀行、生命保険会社と次々に事業を立ち上げる。さらに女性の未来のため、日本初の女子大学校の創設に尽力する。
結婚してからもなお夫の魅力を発見し続け、生涯を通じ夫への愛を深めていった。

 


■ヒロイン決定にあたって・・・・エグゼクティブ・プロデューサー 佐野元彦
「あさが来た」のヒロイン・あさは、幕末から明治大正にかけて生き、時代の先端の事業に次々と取り組んでいきます。
あさはもちろん、時代の先を読もうと努力します。しかし、けっして策略家ではありません。走っては転び立ち上がり、の繰り返しです。まっすぐに物事に向かい合っていきます。彼女のその「まっすぐさ」の魅力こそが、夫を始め、周囲の人たちに彼女を応援させたくなる理由です。
そして、私たちは「まっすぐさ」を、品位を持って、演じてくれる人に巡り会うことが出来ました。
波瑠さんです。
キラキラとした瞳に「未来を信じるまっすぐさ」を宿し、あさと波瑠さんの進撃がこの秋から始まります。
どうかどうか、ご期待下さい!
 


平成27年度後期 連続テレビ小説 『あさが来た』

【放送予定】
 2015年9月28日(月)~2016年4月2日(土)《全156回》

【制作スケジュール】
 2015年5月 クランクイン予定

【原案】
 古川智映子 「小説 土佐堀川」

【ヒロイン】
 波瑠

【脚本】
 大森美香

【演出】
 西谷真一、新田真三、佐々木善春

【制作統括】
 佐野元彦

【プロデューサー】
 福岡利武


ページトップへ