ドラマトピックス

ヒロインは土屋太鳳さん!平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」

平成27年度前期 連続テレビ小説
まれ

【番組ホームページ公開中!】

ヒロイン決定!主人公・まれを演じるのは…

mare0731a.jpg

土屋太鳳(つちや たお)さん

■プロフィール
1995年2月3日生まれ。東京都出身。2005年スーパー・ヒロイン・オーディション ミスフェニックスで審査員特別賞を受賞し、08年、映画「トウキョウソナタ」でデビュー。
大河ドラマ「龍馬伝」でドラマ初出演を果たす。以後、NHKでは連続テレビ小説「おひさま」、BSプレミアムドラマ「真夜中のパン屋さん」「今夜は心だけ抱いて」、他にドラマ「鈴木先生」、映画「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」などさまざまな作品に出演。印象的な目の輝きと確かな演技力で、いま最も期待される若手女優の一人。現在放送中の連続テレビ小説「花子とアン」では、ヒロイン花子の妹・もも役を好演している。ドラマの主演は、今回が初めてとなる。

mare0731c.jpg■役柄
津村希(つむら まれ)
人生のモットーは「地道にコツコツ」、生真面目で安定第一の女の子。
「希・滅多にないこと=夢」を追ってほしいと父が「希」と名付けたが、当人は自分の名前が好きではない。一方で困った人をほおっておけない性質で、彼女の人助けが時に「希」なことを呼びこむ。父に代わって母を助けるため、高校に通いながら塩田や畑仕事を手伝い、輪島の朝市でも売り子をしたりする。高校卒業後は念願だった市役所に就職するが、パティシエという夢を手にして、横浜へ。フランス帰りの名パティシエのもとで厳しい修業に励み、お菓子作りの才能を開花させていく。

 


■ヒロインへの言葉  篠崎絵里子
(※当ページ文中での篠崎絵里子さんの「崎」は正しくは「立つ崎」です)
『ヒロインはどんな人がいいですか?』と聞かれるたびに、そりゃあまずは健康的でかわいい子、ダメ父・夜逃げ・夢嫌いとネガティブな要素が多いので哀しくても悲劇的に見えないカラッと明るい子、そしてもちろんケーキの似合う子̶̶と言いたい放題に言ってきました。内心(そんな子いるか?)と思っていたのですが、オーディションで土屋太鳳さんにお逢いした時、その不安が杞憂であったことを知りました。わたしの願いのすべてが土屋さんの中にある。これからも輝いていく土屋さんと一緒にヒロインを創り上げていけることが楽しみでなりません。

■ヒロイン決定にあたって  制作統括 高橋練
「希」は、生真面目な女の子です。人生のモットーは「地道にコツコツ」、将来の目標は公務員になって母親を支えること。大きな夢や希望が苦手で、夢を熱く語られるとジンマシンが出てしまう。でも困った人は放っておけずついつい助けてしまい、ケーキ作りに無二の才能を発揮するのが彼女の魅力です。
そんなヒロインを今回、日本人としては「あまちゃん」以来となるオーディションで選ばせていただきました。お陰さまで2,000人を超える応募がありましたが、最終カメラテストまでの1か月半「果たして希は見つかるのか」不安になることが何度もありました。
しかし、7月中旬のカメラテスト最終日。最終候補者として彼女がスタジオに入ってきた時、スタッフ皆が「希に出会えた」と確信しました。それほどまでに彼女の眼の輝きと存在感は際立っていました。
オーディションの際、「NHKのドラマが大好きで、初めて出たドラマがNHKで、いつか朝ドラのヒロインを演じられたら…」と熱い思いを語ってくれました。彼女がヒロイン・希として成長していく様を、視聴者の皆さまに一緒になって応援してもらえれば、とてもうれしいです。
 


【タイトル】
  平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」 

【放送予定】
 2015年3月30日(月)~9月26日(土)(全156回予定)

【制作スケジュール】
 2014年秋 クランクイン予定

【作】
 篠崎絵里子

【ヒロイン】
 土屋太鳳

【製菓指導】
 辻口博啓

【制作統括】 高橋練   【プロデューサー】 長谷知記

【演出】
 渡辺一貴、一木正恵、西村武五郎

 

【番組ホームページ公開中!】


ページトップへ