ドラマトピックス

多部未華子さん 20歳に! サプライズ誕生日&出演者取材会

1月25日(日)にめでたく二十歳の誕生日を迎えるヒロイン・玉木つばさ役の多部未華子さんの「2日早い」誕生日とつばさの‘もうひとつの家族’になっていくコミュニティ放送局「ラジオぽてと」メンバーの出演者会見を併せて行いましたのでお知らせします。
 
<実施日>平成21年1月23日(金)
<会場>NHK放送センター(渋谷区)
DSC_0368.jpg

<画像キャプション左から>

宅間 孝行(コミュニティ放送局社長・真瀬昌彦役)
脇 知弘(「川越キネマ」の住人ロナウ二郎役)
多部未華子(ヒロイン・玉木つばさ役)  
松本 明子(「川越キネマ」の住人・丸山伸子役) 
ROLLY(つばさの熱烈なファン・浪岡正太郎役)

後藤高久(制作統括)
セットの壁に「5月23日までに認知度30%達成!」と派手なポスターがあります。これは、コミュニティFM局の「ラジオぽてと」が5月23日までに川越で認知度30%を達成しないとダメだ、というドラマの中の話なのですが、制作スタッフの気持ちとしてはこの「つばさ」が5月23日までに視聴率30%を達成したいという思いの現れだと受けとっていただいてもいいです。

宅間孝行(真瀬昌彦 役)
僕はこのコミュニティFM局を自ら社長となって立ち上げ、そしてつばさを巻き込んでいくという役どころなのですが、社長といってもひと癖もふた癖もある人間です。自分が劇団を旗揚げしてこれまでやってきたことと重なったりするところもあるので、とても面白い役柄だと思っています。これからまだまだ撮影は続きますが、高畑淳子さんや中村梅雀さんたち玉木家の濃いメンバーに負けないように「ラジオぽてと」の僕たちも盛り上がっていきたいと思います。

松本明子(丸山伸子 役)
閉館した「川越キネマ」の二階に、一人息子と2人で住んでいます。実生活も小学校2年生の息子がおりまして、息子にいつも小言を言っているお母ちゃんというところなど、重なる所が多い役ですね。真瀬社長のもと、この「ラジオぽてと」を頑張って盛り上げたいと思います。

脇知弘(ロナウ二郎 役)
自分は「川越キネマ」の203号室に住んでいます。寒いことばかり言ってちょっと場をシラけさせるような役ですが、自分とは正反対の役だと思ってます・・・(シーンとする報道陣に向かって)ここ、笑うところですよ。ラジオをやっていきながら、これから先も芸人として新たな第一歩を踏み出そうという役なので頑張りたいと思います。

ROLLY(浪岡正太郎 役)
浪岡は音楽をこよなく愛するミュージシャンで、いつも気弱で挙動不審な人物でありますが、この浪岡のキャラクターは私そのものです。ですから撮影された映像を見ますと、全く演技ではなく、ROLLYそのものというような感じですごくやりやすい役柄ですね。しかしラジオのナレーションなどを担当するときは渋い声で皆さんを魅了したいと思いますのでよろしくお願いします。

多部未華子(玉木つばさ 役)
玉木家の家族は強烈なキャラクターが勢ぞろいしてるので、「川越キネマ」で2週間ほど撮ってきたら、玉木家が恋しくなってきたりもして(笑)。でも、「ラジオぽてと」メンバーも負けず劣らず強烈です!どちらも個性的なキャラクターが揃っていてとても刺激的です。毎日楽しく収録出来ているのでありがたいですね。

(サプライズバースデー後のコメント)
ビックリして言葉になりません・・・。「つばさ」中心の毎日を送っていますが、楽しいこともあれば乗り越えなければならない壁もあったりして・・・・・。大変ですが、一つのいいものを作ろうとスタッフさんやキャストの皆さんの思いが強いからこそ衝突する部分があったりします。でもそれはすごくいいことだなって。20歳になってわたしもこれまで以上にしっかりとして良いモノを皆さんにお届けできればいいですね。本当にありがとうございます。


ページトップへ