ドラマトピックス

余貴美子、石倉三郎ほか「純と愛」物語後半登場・新キャスト発表!

 jyuairogo.jpg

連続テレビ小説「純と愛」、物語後半を彩る新キャストが発表になりました!

これからの「純と愛」にご期待下さい!!

 

上原 サト(うえはら さと)  余 貴美子(よ きみこ)         

yokimiko.jpg亡き夫が残してくれた『里や』を守り続けている。夫の残した財産なのか、大阪市内から世界各国までのグローバルな謎の情報ネットワークを持っている。無類のドラマ好きで、口癖は「ドラマティックだね~」。『里や』に流れ着いた、何かを失った人達を理由も聞かずに受け入れている。純の家族の話や愛との出会いを聞き、こんな従業員がいたら楽しそうと一発採用。何事もおおらかに包み込むサトの優しさが純に大きな影響を与えていく。

 

 

 

 

 

 

金城 志道(きんじょう しどう)  石倉 三郎(いしくら さぶろう)

isikura.jpg宮古島出身で、大正区に住む琉球舞踊の家元。サトからは“師匠”と呼ばれている。晴海の学生時代の先輩で、どうやら晴海が好きだったようだ。その後は男性への愛情に目覚めたため、女性を愛したのはそれ一回だけらしい。『里や』の常連で、暇なときはいつも食堂に入り浸っている。晴海の昔話などを純に語ってくれる。

 

 

 

 

 

 

 天草 蘭(あまくさ らん)  映美 くらら(えみ くらら)

emi.jpg『里や』に住み込みで働く一児の母、主に客室係を担当。その雰囲気からサトのつけたあだ名は“セクシー”。九州あたりの出身で、もともとは理容師をしていたらしい。写真やビデオを撮られることを極端に嫌う。名前も偽名のようだし、なにか過去にあったらしいのだが…

 

 

 

 


 

 

 

 藍田 忍(あいだ しのぶ)  田中 要次(たなか ようじ)

tanakayoji.jpg『里や』の板前。もとはサトの旦那(だんな)さんを兄として慕っていたため、その死後も『里や』に残っている。実はサトに対してほのかな恋心を抱いているらしい。昔は辺境の地を旅することが趣味だった。サトからは、顔が濃いことから“セニョール”と呼ばれている。彼の作る料理は、なぜかお客が完食したことがなく、それが彼の悩みとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

宮里 羽純(みやざと はすみ)  朝倉 あき(あさくら あき)

asakura.jpg『里や』で働く従業員で雑用係。いつもカウンターに座ってジュースを飲んでいることから、サトからは“チュルチュル”と呼ばれている。サトの旦那(だんな)さんの遠縁で、沖縄で高校を中退してぶらぶらしていたところ、気分転換に『里や』で働くことになったらしい。最低限の言葉しか発しないが、昔はおしゃべりだったという…

 

 

 

 

 

 

 

 

<後半のストーリー>
 宮古島の実家のホテル、サザンアイランドが売られようとしている……純(夏菜)は悩んだ末に大阪のホテルを辞め、おじいのホテルを守るため宮古島へ帰る。だが、父・善行(武田鉄矢)の策略でホテルはもちろん実家までも売られてしまう。
 純の夢だった「魔法の国」は、重機によって解体されてしまった。絶望しボロボロになった純を献身的に支える愛(風間俊介)。だが、純は一向に心を開こうとしない。些細(ささい)な喧嘩(けんか)、深まっていく溝……そしてとうとう愛には純の心の声が聞こえなくなってしまう。

 ある日、純は久しぶりに古巣のホテルへと足を運ぶ。すこし前まで一緒に夢を追い求めていた富士子(吉田羊)や千香(黒木華)が頑張っている姿がまぶしい。そっとその場を立ち去ろうとしたとき、水野(城田優)と久しぶりに再会。その夜、再び水野に迫られてしまう。
 飲み過ぎた純は、気が付くとどこかの宿の一室に眠っていた。何か不思議な居心地の良さを感じる純。それが、純と『里や』との運命の出会いであった。

 純はいろいろなホテルでの再就職を試みるが、どうしても『里や』で働きたいという思いが強くなり、女将(おかみ)の上原サト(余貴美子)に頼み込む。「ここを魔法の国にしてみせる」と張り切るのだが、純の熱意とは裏腹に、決して繁盛しているとは言えない『里や』の従業員はクセ者ばかりだ。女将(おかみ)のサトはテレビドラマばかり見ている。子連れの“セクシー”こと天草蘭(映美くらら)はたぶん偽名だ。ストローでジュースばかり飲んでいる“チュルチュル”こと宮里羽純(朝倉あき)はちっとも働かない。そして、亡くなったサトの旦那(だんな)を慕って今でも働いている板前、“セニョール”こと藍田忍(田中要次)の料理も全然おいしくなかった。おまけに地元で琉球舞踊を教えている宮古島出身の家元、金城志道(石倉三郎)が年中入り浸っている。純の「『里や』魔法の国計画」は最初から多難な船出となった。

 一方、宮古島から大阪へ移り住んだ善行(武田鉄矢)と晴海(森下愛子)の二人にはお互いに言えない秘密がある。善行は、大阪で就職した会社を早々に退職し、晴海はある病に徐々に犯されていたのだった。そこへ、正(速水もこみち)の妻マリヤ(高橋メアリージュン)が娘の勇気を抱えて飛び込んでくる。なんと、正が浮気していると言うのだ。さらに、剛(渡部秀)まで大阪に現れ、再び狩野家は大集合。家族の絆が試される様々なできごとが続発する。愛の実家・待田家でも、謙次(堀内正美)と多恵子(若村麻由美)の離婚問題が表面化する。二つの家族の問題が交錯する中、純と愛は『里や』を魔法の国にできるのか…後半もさらにパワーアップした超絶展開が皆さんを待っています!!

 

制作統括 山本敏彦 チーフ・プロデューサー より
 「純と愛」後半戦は、大阪・大正区およびベイエリアが主な舞台です。人情豊かな下町での新しい人々との出会いを通し、やはりここでも予想外の困難にぶち当たりながらも、純は夢である魔法の国づくりにまい進していきます。一方、宮古島から大阪にきた狩野家の家族と待田家の家族、それぞれが持つ問題や試練が一気に純と愛に覆いかぶさってきます。純は愛や『里や』の仲間たちにも支えられながら、二つの壊れかけた家族の絆を再び結び付けていくことができるのでしょうか…ぜひ、ふたりの奮闘を見守ってあげてください。
 さて、新しい舞台で純と愛の若い夫婦に様々な影響を与えてくれるのが今回発表の皆さんです。遊川脚本にふさわしい個性的なキャラクターがそろいました。メイン舞台となる『里や』は架空のホテル、決して繁盛しているホテルではありません。しかし、純の辞書に「不可能」という文字がないがごとく、『里や』を魔法の国の変えようと純は頑張って行きます。後半戦も笑って泣かせます。どうぞご期待ください。

 

〔放送〕平成24年10月1日(月)~平成25年3月30日(土)〈全151回〉
    【総合】(月~土)午前8:00~8:15  再放送(月~土)午後0:45~1:00
    【BSプレミアム】(月~土)午前7:30~7:45  再放送(月~土)午後11:00~11:15
              再放送(土)午前9:30~11:00[1週間分]
  

連続テレビ小説「純と愛」番組ホームページ 

 


ページトップへ