ドラマのあらすじ・予告編動画

第三話「けじめの断り状」

総合:2017年4月28日(金)よる10時

【再放送】総合:2017年5月4日(木)午前0時10分(水曜深夜)

鎌倉にツバキ文具店を訪ねてきた鳩子の元カレ・武田(松澤傑)。武田は出版社に勤める編集者なのだが、ある有名エッセイストに送る執筆依頼を代わりに書いてほしいというのだ。安易な依頼に気分を害した鳩子は、代書を断り、追い返してしまう。一方男爵からも思いがけず代書の依頼が。こちらは友人からの借金を断る手紙だ。ぶっきらぼうな男爵が苦手だった鳩子はとまどうが、その隠れた一面を次第に知ることに。男爵の断り状に取り組むうちに、武田のことを考え直した鳩子は、ある方法を思いつく。そして、男爵からの思いがけない言葉で、亡き祖母・カシ子や生き別れた母に思いをはせるのだった...。

【第三話に登場した手紙】借金のお断り

借金のお断り

男爵からの依頼は、友人からの借金依頼へのお断り。決意と友情がこめられています。
便箋ではなく、原稿用紙に。太めの万年筆で、インクは漆黒。
脇付けとして書いた「呵々」は、あははと大声で笑う様子を表す言葉です。

※クリックすると拡大します。

【第三話に登場した手紙】元カレへ一筆

元カレへ一筆

出版社に勤める元カレの武田。エッセイストへの執筆依頼の代書を頼んできました。
断って追い返したものの、その苦戦ぶりがちょっとかわいそうになった鳩子。
男爵の断り状をアレンジしました。

※クリックすると拡大します。

各回のあらすじ

最終話「解き放たれた言葉」(手紙つき)
第七話「話せなかった思い」(手紙つき)
第六話「愛するチーちゃんへ」(手紙つき)
第五話「母へ贈る文字」(手紙つき)
第四話「最後のラブレター」(手紙つき)
第三話「けじめの断り状」(手紙つき)
第二話「幸せの修了証書」(手紙つき)
第一話「奇妙なお悔やみ状」(手紙つき)

NHKオンデマンドでも配信!

NODバナー

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む