ドラマのみどころ

「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」とは

2017年4月のドラマ10は、古都鎌倉が舞台。
手紙を書くことを生業(なりわい)とする、若い女性のみずみずしい成長の物語をお届けします。

8年ぶりにふるさと鎌倉に戻った鳩子。亡き祖母から「ツバキ文具店」を受け継ぐはめに。
実は、文具店とは名ばかりで、本業は美しい文字を代筆する「代書屋」だったのです。しかも「ツバキ文具店」は、手紙を一から考えて書いてくれる、一風変わった代書屋でした。
新米の代書屋となった鳩子は、次第に才能を発揮。さまざまな手紙の依頼に応えていきます。
どうしても言葉に表せない、心の奥底の思いを、最高の形で伝えるのが、鳩子の新たな仕事です。
そしてツバキ文具店に集まる、ちょっと風変わりな人々とのふれあい。小さな幸せのピースが、鳩子の心を満たし、それは新しい一歩へとつながっていきます。

原作の小川糸さん著「ツバキ文具店」は、2017年本屋大賞ノミネートのベストセラー。
主人公の鳩子を演じるのは、NHKの連続ドラマは、連続テレビ小説「つばさ」以来となる多部未華子さん。主題歌「コトノハ」は、実力派シンガー・絢香さんによる書き下ろしです。
時間も空間も越えて紡がれる、愛に満ちた言葉の数々。大切な人に手紙を書きたくなるドラマです!

原作者のことば…小川糸

読者の方からのお手紙で、映像化してほしいという声をたくさんいただきました。鎌倉は、とても居心地のいい町です。時間がゆったりと流れ、海にも山にも近く、四季折々の自然の変化を楽しめます。映像の力で、鎌倉の魅力がより伝わることを期待してやみません。多部未華子さん演じる鳩子が、代書という仕事を通じてどう成長していくのか、楽しみです!

脚本家のことば…荒井修子

「斜陽」「されどわれらが日々」など、手紙が印象的に登場する物語に心惹かれます。恋文、遺書など内容は様々ですが、手紙にこそ〝人〟が表れるからかもしれません。今回、小川糸先生の〝手紙の代書〟を請け負う主人公を描く素晴らしい原作を脚本化させていただく機会をいただきました。SNS全盛の今、手紙には懐かしく新しい温もりを感じます。ご覧になって、大切な人に手紙を書きたくなったり、ホッと一息ついていただけたら幸いです。

制作にあたって…内田ゆき

ドラマは、鳩子が「代書屋」という職業を自分のものにしていくお仕事物語でもあります。人を幸せにできることは、仕事をするうえでの最大のやりがいではないでしょうか。手紙一つひとつに一生懸命に向き合う鳩子は、少しずつ輝きを増していきます。支えてくれる人たちとかけがえのない日々を過ごす中で、未来に踏み出そうとする鳩子を、鎌倉の柔らかな光の中で、見つめてください。

演出にあたって…黛りんたろう

鎌倉では、時間がゆっくり流れている。この感覚を、ドラマに写したいと思った。
ゆっくりと過ぎゆく時は、見えないものを見せてくれる。見えなかった人の思いや、忘れていた大切な記憶、果ては永遠までもが、その気配を現すかも知れない。
素晴らしい原作と、素敵な役者さんたちと巡り逢えた幸運に感謝しつつ、心をこめて、作りたい。

放送予定・スタッフ

【放送予定】
2017年4月14日(金)スタート
総合 毎週金曜よる10時から連続8回
【原作】小川糸「ツバキ文具店」 
【脚本】荒井修子 
【音楽】白石めぐみ 
【主題歌】絢香「コトノハ」 
【制作統括】内田ゆき(NHKエンタープライズ)、中村高志(NHK) 
【演出】黛りんたろう 榎戸崇泰 西村武五郎

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む