NHK ドラマ10 「シングルマザーズ」

シングルマザーとその子供たちの、波瀾万丈、笑いと涙のストーリー。

 夫のもとから逃れ、息子を連れて家を出た主人公。住む場所も職も見つからず途方に暮れるなか、手助けしてくれたのは先輩シングルマザーたちだった。社会のさまざまなハードルを乗り越えながら、母も子も成長して行く。やがて「児童扶養手当」の削減という大きなハードルが立ち塞がる。そのとき、シングルマザーたちは国会の前に立っていた……。

【放送予定】 2012年 10月23日(火) 〜 12月11日(火)(連続8回)
  【総合】毎週火曜日 午後10時00分〜10時48分 / 再放送【総合】翌週火曜 午前0時25分〜(月曜深夜)/【総合】翌週月曜 午前10時5分〜

【脚 本】 相良敦子

【音 楽】 富貴晴美

【主題歌】 コ永英明

【原 案】 永井 愛「シングルマザーズ」

【出 演】 沢口靖子 田中哲司 酒井若菜 北斗晶 忽那汐里 山口馬木也 ユージ 三浦理恵子 若林豪 高畑淳子 ほかの皆さん

【脚本家のことば】…相良 敦子

緻密な取材に裏付けされた、劇作家永井愛さんの舞台をもとに、8本の連続ドラマに脚色させていただきました。舞台作品の連ドラ化という初めての経験でしたが、たくさんの方々に多方面からご協力をいただき、練り上げることができました。お楽しみいただければ幸いです。
今思えば、私の祖母も、シングルマザーの一人でした。昭和の時代、祖父と早くに死別して、まだ10代だった私の父と叔母を一人で育てあげました。今回、この御仕事をさせていただきながら、(主人公とは時代も環境も違いますが)、今は亡き祖母の人生にも、改めて等身大な思いを寄せられた気がします。
現在、全国のシングルマザーの数は、約124万人とか。私の周りにも、実にたくさんのシングルマザーの友人たちがいます。頑張っているお母さんたちへの、心からの敬意とエールの気持ちをこめて、このドラマをお届けします。
そして、ご覧いただくみなさまに、昨日を乗り越え明日に生きる勇気を感じていただけたら、嬉しいです。

【制作のことば】…チーフ・プロデューサー 藤澤 浩一

いま、日本にはおよそ124万人のシングルマザーがいると言われています。
そのうちの8割が働いていますが、働いているシングルマザーの半数近くがパートやアルバイトで、年間の平均就労収入は200万円に届きません。「働いているけど貧乏」というのがシングルマザーの姿です。ドラマでは、それでもがんばるシンママたちの悲喜こもごもを描いています。
タイトルの「シングルマザーズ」は、もちろん「シングルマザーたち」ということですが、ドラマでは「シングルマザーとその子どもたち」という意味も込めています。シングルマザーと一緒にがんばる、子どもたちの姿も描いていきたいというのが、脚本の相良さんや演出家との共通認識でした。沢口靖子さん、酒井若菜さん、北斗晶さんたちそれぞれが個性あるシンママぶりを発揮しています。そしてタッグを組む子どもたちのお芝居にも、是非注目してください。

【演出のことば】…専任ディレクター 本木 一博

奮闘する新米シングルマザーの主人公・上村直。沢口靖子さんには、文字通り全身全霊を込めて演じていただきました。舞台でも主役「直」だった沢口さんには、テレビドラマでの演じ分けに、多少はやりづらさも、あったのでは?と思います。正直、演出する自分には大変ありました。自分はその戸惑いを深夜の飲酒でごまかし爆睡しましたが、沢口さんは、丸一日の撮影終了後、睡眠時間を削って台本を読み込み、研究され続けていたのでした。翌朝、半分以上寝ぼけて固形物を胃が受け付けない状態の私を捕まえ、「カントク!ちょっと確認したいんですが?このシーンのここの直の気持ちは・・・??」と、朝イチの「各シーンの解釈検討実行委員会」が始まるのが日課となりました。数々の映画・ドラマ・舞台で何度も主演をされている大女優さんの、なんと初々しい、真摯な、まさに「直」が乗り移ったかのような「一直線」な女優魂よって、ドラマ版「シングルマザーズ」は、細やかで優しく、彩り豊かに膨らんでいきました。
生涯の相棒・高坂燈子役の高畑淳子さんをはじめとするベテランの方々の名演!涼太を演じた田中奏生君&山崎竜太郎君たち、子どもたちのエネルギー!そして、初めて本格的な演技に挑む北斗晶さん、ユージさんの好演!今回のドラマ10は、子どもが観ても大丈夫です!是非、ご家族そろってご覧ください!!

ドラマ10「シングルマザーズ」2012年 10月23日(火) 〜 12月11日(火) 放送(連続8回)

【総合】毎週火曜日 午後10時00分〜10時48分  再放送【総合】翌週火曜 午前0時25分〜(月曜深夜)/【総合】翌週月曜 午前10時5分〜