ドラマのみどころ

「デイジー・ラック」

4月からのドラマ10は海野つなみさん原作!
仕事に、恋に、30歳女子4人の幸せ探しが始まります!

子どものころ「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみの楓、薫、ミチル、えみの4人は、えみの結婚式で久しぶりに再会する。だが、まさにその日、楓は勤務する会社が突然倒産し、恋人からもふられ、30才目前で仕事も恋も失うことに。楓は子どものころの夢だったパン職人になることを決意。町のパン屋に職を得たものの、パン作りの道は険しく、先輩の職人・安芸の指導も容赦がない。楓の新しい人生の始まりとともに、高級エステサロンの仕事にまい進する薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常も、それぞれに思いがけない展開を見せていく。4人の明日は晴れ、それとも雨? 金曜の夜10時が見逃せません!

制作にあたって

アラサーの女性たちの問題山積みの日々をあたたかく微笑ましいタッチで描くドラマ「デイジー・ラック」を、まさにその世代の女性の方々に届けたく思い、制作に励んでいます。海野つなみさんの原作は、リアルでありながらメルヘンを含んだ絶妙な世界観。その世界観をドラマでもなんとか実現できたらと苦心しています。佐々木希さん、夏菜さん、中川翔子さん、徳永えりさん、春のドラマにふさわしい素敵なキャストに揃っていただくことができました。「ひなぎく会」の4 人の誰かが、きっとあなたの心の声を代弁してくれるはずです。金曜夜10 時、「デイジー・ラック」をお楽しみください! 一週間の疲れが吹き飛びますよ!

谷口卓敬(NHK)

アラサーになってみると感じる、30 代への漠然とした不安。
大人として安定したい一方、このままでいいの?と悩むこともあって。
でも、迷いの中にいる時こそ自分らしい幸せに気づくチャンスなのだと思います。
温かな原作に寄り添いながら、スタッフ・キャスト一体となり、そんな前向きなメッセージを日々の1カットに込めています。
迷いながらも歩き続けるひなぎく会。
4人を身近な友人のように思ってドラマを楽しんで頂けたら嬉しいです。

芳川茜(共同テレビジョン)

【主題歌決定!】

Crystal Kay

Crystal Kay 「幸せって。」

「素敵な主題歌ができました!」

ドラマ「デイジー・ラック」の登場人物は、迷ったり、悩んだりしながらも、それぞれのかなえたい夢に向かってゆっくりと歩き続けていく人たちです。夢をもつ人たちを力強く引っ張るというよりは、一緒に並んで歩いてくれるような主題歌をイメージした時、Crystal Kayさんのあの伸びやかな歌声がそれにぴったりだと思いました。「まだ何もあきらめなくていい」、自然にそんな気持ちになれる、とても素敵な歌です。ドラマとともに、きっとみなさんの心に届くことと思います。

谷口卓敬(NHK)

放送予定・スタッフ

ドラマ10 『デイジー・ラック』

【放送予定】
2018年4月20日(金)スタート<45分・連続10回>
総合 毎週金曜 よる10時から
【原作】
海野つなみ 「デイジー・ラック」
【脚本】
横田理恵 山岡潤平
【出演】
楓/佐々木希 薫/夏菜 ミチル/中川翔子 えみ/徳永えり ほか
【演出】
木下高男 都築淳一 小山田雅和(共同テレビジョン)
【制作統括】
谷口卓敬(NHK) 芳川茜(共同テレビジョン)


ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む