スタッフブログ

リバイバルドラマ「居酒屋兆治」 スタッフブログ④

皆さま、こんにちは!
前回に引き続き、スタッフブログを担当させていただきます、新米制作スタッフのTです!

3月になり、過ごしやすい季節になってきましたね。
しかし今作を撮影していたのは、なんと1月。
寒いだけでなく、太陽が昇るのは遅く、沈むのは早い。
冬は、日中のシーンを撮るのに苦労する、まさに撮影スタッフ泣かせの季節なのです。 

「太陽が沈むぞ!急げ!」
そんな声もたびたび聞こえる中、撮影の今井さん、照明の加藤さんはじめ、ベテランスタッフたちのチームワークは良く、フットワーク軽く至る所にロケに行き、毎日、無事に予定を撮りきることができました。

ロケが終わってからは、東映撮影所でのセット撮影の日々が始まります。
セットは屋内なので、もちろん太陽なんて関係なし!
24時間いつでも撮影できるのです!
(※でも毎日大体19時頃で撮影は終わっていました・・・笑) 

そんなセット撮影の時に、スタッフ皆が楽しみにしていたものがありました・・・。

それは、、、、、ズバリ!
「ソネカラ」&「ソーネージ」!!!! 

はい、もちろん誰にも分からないでしょう。
これは「管理栄養士免許所持」という裏の顔を持った制作担当が、スタッフのために調理した「唐揚げ」と「ソーセージ」のことを指します。
しかも毎日、朝いちばんから常備。その2つがセットに運ばれてくると、嵐のようにキャストやスタッフがやってきて、気が付くとなくなります。
そんな感じで、食欲も勤労意欲も実に旺盛に、和気あいあいと仕事をするスタッフたちなのでした・・・(笑)

唐揚げとソーセージもいいですが、「居酒屋兆治」といえば、やはり“もつ焼き”。
今作では、本職のもつ焼き屋さんである女鹿野(めがの)さんに、もつ焼き指導として撮影現場に来ていただきました。
セット撮影中、毎日もつ焼きの匂いにさらされながら仕事をしているスタッフは、もつ焼きが食べたい・・・もつ焼きが食べたい・・・という思いで頭がいっぱい。
そしてクランクアップ後、女鹿野さんがもつ焼きをふるまってくれたところ、たちまち大行列ができ、その中の数人は人生の中で空前のもつ焼きブームに突入していくのでした。
(筆者もそのうちの1人)

choji04.jpg

ここで、劇中で登場する、もつの部位の名称を書いておきます。
ハツ・・・心臓
シロ・・・大腸(豚)

見ているあなたもきっと“もつ焼き”が食べたくなる!?
美味しそうな食事と心温まる人間ドラマが見られる「居酒屋兆治」は、
3月28日(土)午後9時よりBSプレミアムで放送いたします! 

ぜひご覧ください!!!

 

リバイバルドラマ「居酒屋兆治」
3月28日(土)午後9時00分 ~10時30分
BSP・BS4K同時放送

 hp.jpg

投稿者:スタッフ | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:居酒屋兆治

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ