スタッフブログ

BS時代劇「大岡越前5」山口馬木也さんインタビュー

 

みなさま、第六回「命を賭けた恩返し」はいかがでしたでしょうか?

 

 

鴨田十蔵は幼い頃に梅次の養父の喜平に助けてもらった恩があり、
自らの命を賭けてまで梅次を守ろうとしました。

最後には武士を辞め、根付師 梅次の弟子になりましたね。町人姿もお似合いです。

今回は、鴨田十蔵役・山口馬木也さんのコメントをご紹介します。

021401t.jpg

 -----------------------------------------------------------------------------

〇役柄について

僕は鴨田十蔵という役で、6話がメインなんですけど、それまでに1、2、3話に
出させてもらいました。その流れがあり苦戦があっての6話だったんですけど、
そういう流れのものをやったことがなくて。
同心も僕は演じたことがなくて実は。最初は、正直戸惑いました。
6話でどうなるかという話を最初から知ってたので、どういう風にしたらいいのか。

北と南でやり合う1話では結構悪い方にいましたが、
監督からは「まっすぐな人が単にそういう風に見えるだけ」と言われ、
「はい」と答えたもののどうしていいかわからなかった。
でも、一連を通して演じてみてすごく楽しい役でした。
特に最後はいろんな話がてんこ盛りだったので、やりがいがありました。

〇「大岡越前」について


今回、僕は南町の同心・岡っ引きの人達と同じ楽屋だったんですけど、
みんな、7年チームを組んでやってるから、和気あいあいとして、
それだけでもすごく救われました。
なおかつ、東山さんは舞台ですごくお世話になった方で、
とても現場に入りやすかったです。

大岡越前なんて小さい頃から観ていた作品、
すごく入りやすくて良かったなと思います。
チームワークもいいし、なんせ東山さんが引っ張ってくださっていて、
そういうところも感じていただける作品だと思います。

〇メッセージ


本当に見どころ満載だし、ザ・時代劇の作品だと思うので、
是非とも、より多くの人に見てもらえたらなと思っています。
時代劇は本当に少なくなってきているので、
この作品をもっともっといろんな人に見てもらって、
時代劇を好きになってもらってテレビでもいろんな時代劇をやってほしいなって思います。
この大岡越前が火付け役になったらいいなと思っております。

-----------------------------------------------------------------------------
さて、次回はいよいよ最終回です。
商家の若旦那が殺され男が捕まりますが、目撃者も証拠も無く裁きが困難に。
唯一の証人となる菓子屋の女は十年前に美人局(男女が共謀し行う恐喝)を
させられていて、女が事実を認めれば、男と同罪になってしまい・・・・・。

忠相のお裁きはいかに!? 

021402.jpg


ゲストは倉科カナさん。

是非、最終回「新たな御法(ごほう)」をご覧ください!!!

 

BS時代劇「大岡越前5」

最終回「新たな御法(ごほう)(連続七回)

BSプレミアム 2月21日(金)20:00~20:43

(再放送 2月23日(日)18:45~19:28)

BS4K放送  2月19日(水)18:00~18:43

(再放送 2月26日(水)8:15~8:58)

 

 BS時代劇「大岡越前5」ホームページはこちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:40 | カテゴリ:大岡越前5

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ