スタッフブログ

【だから私は推しました】作詞・作曲 DogPさんインタビュー

wataoshi_Dog01.jpg

ハナちゃん(白石聖)のいじめの真相がわかってからのサニーサイドアップ解散、そして久々に登場した“スイカちゃん”こと瓜田さん(笠原秀幸)による愛さん(桜井ユキ)監禁…そんな怒涛の展開もつかの間、最後の最後に「愛さん、嘘の証言!?」 って!ってーーー!!!
はな子✿、気になりすぎて眠れず、気分転換にサニサイの曲聞いたら…、今度はサニサイの曲が脳内リピートしまくり☆ あ~、この曲ってどうやって生まれたのー!?


作詞・作曲をされているDogPさんに曲の誕生秘話、聞いちゃいます!
※DogP…乾ひであき氏と、松野恭平氏による作詞・作曲家ユニット

はな子:
劇伴は蔡忠浩さん(bonobos)が担当されることが決まり、「劇中アイドルの楽曲作りを担当してくれる人」を制作サイドが探していたところ、「ネクストジェネレーションで才能のある人たちがいる」と紹介されたのがDogPさんだと聞いています。
制作サイドも、「これからシーンを席巻しそうな方」という思いからDogPさんにお任せしたいということでした。

乾:
実はぼくたち2人ともbonobosが大好きだったので、そういうご縁であればありがたく、という思いから快諾しました。


もう、素直にうれしかったですね。

はな子:
楽曲は台本からイメージをふくらませていった感じですか?

乾:
制作サイドから3曲お願いされまして、「1曲目はこういう感じ、2曲目、3曲目はこういう感じ」っていう、だいたいの方向性やコンセプトがあった中で、「もし可能であれば、この歌詞のフレーズを入れてください」というリクエストに応えつつ、作っていくという感じでした。

wataoshi_dog02.jpg

はな子:
3曲それぞれの制作エピソードを聞かせてください!

松野:
最初に僕たちが作った「おちゃのこサニサイ」のデモを聴いてもらったところ、「もっと素人っぽく」してほしいというリクエストをいただきまして(笑)。サニサイが成長していくストーリーに沿って、楽曲も3段階に分けてクオリティーが上がっていくようにしてほしい、と。なので、必然的に1曲目の「おちゃのこサニサイ」は、クオリティーを低めにする必要があったんです。
なので、デモ版は生系のストリングスをふんだんに入れたアレンジだったのですが、ビンテージストリングスシンセと差し替えることで落とし所を見つけました。

乾:
もちろん3曲とも思い入れがあるんですけど、歌詞に関して言うと「おちゃのこサニサイ」のフレーズは結構気に入っています。脚本家の森下佳子さんが考えられた「きみは半熟、カリカリで」という一節も入れていますが、どのフレーズを使うか、その取捨選択に悩みました…。でも、2人で「あーだ、こーだ」とやっていくうちに、ほとんどのフレーズを入れ込むことができた。いけるか、いけないか、不安な思いを持ちつつ球を投げ合った作業は楽しかったですね。

はな子:
言葉遊びがすごく楽しい曲になっていますよね!

乾:
「おちゃのこサニサイ」というタイトルは最後に付けたので、歌詞の中には入っていないんですけどね(笑)。地下アイドルという限定的な世界で熱狂を生んでいる存在でありながら、これからもっと売れたいという思いが少なからず曲には込められているはずだって、僕たち勝手に解釈していて。極端な話、「紅白」に出場することになっても、みんなが口ずさめるような楽曲をイメージしました。

wataoshi_dog03.jpg

はな子:
具体的に意識したフレーズは?

乾:
「♪Give me KIMI KIMI KIMI」だったり、松野くんがふっと言った「キミガタメ ホワイトナイト」っていうフレーズを、「黄身のための白身=君のための白い騎士」とダブルミーニングにしてみたり。松野くんは半信半疑で投げてくれたんですけど、「おぉ、めっちゃ面白いじゃん!」って。そんなふうにズバッときたフレーズを入れこんでいったんです。

はな子:
じゃあ、作詞はお2人の共同作業ですか?

乾:
まずフワッと書いていって…。

松野:
2人で言葉のラリーをしていくんです。

乾:
2〜3時間書いたら投げて、受けては書いてを繰り返して。「ニコイチだね」っていう歌詞があるんですけど、僕はふだんからよく使っていたんですよ。

松野:
ギャルかよ(笑)!

乾:
まぁ、僕はよく使っていたんですけど、白身と黄身もニコイチじゃないですか。それで、松野くんに提案したんですけど、「え、ニコイチってどういう時に使うの?」って言われたので、その例文を出して説得したという。「私と君はいつも一緒にいるからニコイチやんなぁ〜」っていう大阪弁を交えて、こういう使い方をするんだよとプレゼンして、どうするか考えていった感じです。2人で作る以上、いい落としどころを探す作業というのは不可欠なんですけど、「キミガタメ〜」みたいに、松野くんからすると「大丈夫かな?」と思っていたフレーズを僕が面白がったりできるのが、2人で作る良さなのかなと思いますね。そんなふうに記憶に残るラリーがたくさんあって、「おちゃのこサニサイ」の歌詞については、すごく満足度が高いんです。

 wataoshi_04.jpg

あと、ハナちゃんのソロパートである「運命って言葉 初めて使った」というフレーズは、たしかにハナちゃんみたいな子に言われたいなと思いました。人によって言葉のニュアンスって変わると思うんですけど、あの振付でハナちゃんに歌われたら、キュンとしちゃうよなって(笑)。歌割りだったり、個々のキャラクターによるところも大きいんですけど…。

サニサイの5人は本格的なアイドル!

はな子:
その5人の歌割りはどんなふうに決めていかれたんですか?

乾:
「おちゃのこサニサイ」に関しては、ほとんど制作サイドからの案でしたね。

松野:
「サイリウム・プラネット」は録音しながら、僕らの方でも、ちょっとだけ歌割りを決めさせてもらって。

乾:
けっこう曲を仕上げる段階まで、「ここはこうした方がいいんじゃないですか」って。それを踏まえてダンスやフォーメーションも変わっていったので、かなり練ったという印象があります。

松野:
さっきもお話したように、だんだんと曲のクオリティーが上がっていくという設定だったので、「サイリウム・プラネット」は生演奏の楽器の数を、「おちゃのこサニサイ」から1つ増やしているんですよ。「おちゃのこサニサイ」はエレキギターだけが生であとは打ち込みなんですけど、乾くんが言っていた「地下アイドルあるある」の話で、なぜか地下アイドルの作家はギタリストが多い、というエピソードに則っているんです。

wataoshi_dog05.jpg 

乾:
あるあるというか、僕の中でそのイメージが強いんですよね(笑)。

松野:
地下アイドルの曲は打ち込みがメインなのに、エレキギターだけは作曲家自身が弾けるから生が入っていることが多いらしくて。なので、「おちゃのこサニサイ」はそういう定説を再現しているところもあって。それが2曲目になると、ちょっと人気が出てきたということで、ギターとベースが生演奏になったという…制作上の〝地下アイドル感〟というのも、ちょっと再現していたりもします(笑)。

乾:
あと、サニサイのメンバーのみなさん、歌がすごく上手なので、歌のクオリティーを下げたくなかったんです。楽曲やアレンジにチープ感があっても、歌ではみなさんのポテンシャルを発揮してほしかったので、サウンド感で差を出していきたいなという思いがありましたし、制作サイドも交えて、みんなで話し合っていきました。
「サイリウム・プラネット」に関しては、「フェスで盛り上がる曲を」というリクエストと「光の海」というキーワードは初期からいただいていて。人気が出てきたからというよりも、勝負曲的な位置づけだったという覚えがあります。

はな子:
確かに、曲ごとにグレードがどんどん上がっている印象があります!

乾:
ライブで盛り上がるというか、みんなで「今から行くよ〜ッ!」っていう感じを出していけたらと、意識していて。で、大サビにクライマックスがくるという。

wataoshi_dog06.jpg 

松野:
みんなで合唱するところね(笑)。

乾:
フェスのシーンの撮影は、正直僕たちも見たかったです!

松野:
乾くんと「行っちゃおうか?」って話していたんですよ。

乾:
交通費を自腹で出してもいいからって行きたいねって(笑)。このドラマは「オタクって素敵だな」と思わせてくれるところがあるじゃないですか。松野くんはライブでもノリノリになれる人なんですけど、僕はあまりそうなれないタイプなんですよ。だから、僕もサニサイのファンに混じって、コールしたりサイリウムを振って盛り上がりたいなと思ったんです。実際、ライブシーンがすごく楽しそうじゃないですか。

はな子:
楽曲が素敵だから、みなさんお芝居を超えて盛り上がれるんだと思います!

乾:
うわぁ〜…ありがとうございます! ネット上でも話題になっているみたいで、うれしい限りですね。

松野:
乾くんも言っていましたが、サニサイのメンバーのみなさんは本当に歌が上手なので、楽曲を魅力的にしてくださっているなと思っていて。発声もちゃんとしていますし、さすが女優さんだなと感心しました。

乾:
ハナちゃん役の白石(聖)さんも、本当はめちゃくちゃイイ声なんですよ。歌も上手いですし。でも、ヘタにお芝居しないといけなかったりもするので、そのサジ加減が難しかったと思います。

 wataoshi_dog07.jpg 

松野:
特に「おちゃのこサニサイ」は不安定な音程で歌ってもらっているんですけど、逆に難しかったんじゃないかなと。ミュージックビデオ用の音源では普通に歌ってくれているんですが、ドラマの中で使われている、ミスして歌ったり、音を外しているバージョンもレコーディングの時に録っていて。その外し方も絶妙に上手かったりするので(笑)、やっぱり女優さんってすごいなぁと思いました。

乾:
第5回で出てきましたけど、凜怜ちゃん役の田中(珠里)さんもそういうところがあったりして。「凜様ナイト」でセンターを務めることになったけど、なかなかちゃんと歌えないっていう…。あそこで歌詞を忘れた時にごまかすニュアンスが絶妙なんですよね。そういう対応力が、みなさん本当にすごいなと実感しました。

wataoshi_dog08.jpg 

 ※凛怜役の田中珠里さん(右)と、詩織役の松川星さん

松野:
制作サイドのディレクションがまたすごくて!ハナちゃんを録るときには、声量の強弱と音程の外し方の強弱の2つの掛け算で何パターンか録ってほしいという要望があって。凛様ナイト用の収録の時には、歌っている前半の部分は歌詞を覚えていないから、ふわふわしているんだけど、後半の方の「♪無我夢中で〜」という部分だけは自信があるから、そこだけはハッキリ歌おうという指示が出ていたんです。そのディレクションを鮮烈に覚えていますね。

乾:
でも、本当にその通りなんですよね。練習していない人っていうのは、覚えているところは自信もって歌うけど、そうじゃないところはごまかすっていう(笑)。

松野:
あれは録っていても面白かったね(笑)。

wataoshi_dog09.jpg 

乾:
ふだん僕らはそういうアプローチをまずしないですから、斬新でした。また、女優さんたちのおかげで、それが成立するというのも、いい経験をさせてもらったなって。

3曲だけでなく、まだまだサニサイの曲を作りたい!
はな子:
そして、最終回で登場する3曲目「ただいまミライ」へとつながっていくわけですね!

松野:
まず、生演奏の楽器の数で言うと、ピアノとギターとベースの3つに増えているんです。

乾:
ちょっと高級感を出そうと。

松野:
音楽的な話をすると、ブラックミュージック寄りというか、大人っぽさを意識していて。

乾:
ただ、最後はガラッと変わって、盛り上がって終わる曲調になっていて。初期からあったリクエストとしては、ドラマのラストの方で使われるという設定だったんですけど、かといってお別れとかそういうのじゃなくて、いつでも帰って来られる場所みたいな感じにしようと。解散ライブ用につくられた曲ではなくて、活動してきた延長線上にある曲という位置づけで、作っていきました。

はな子:
「ただいま」「おかえり」というコール&レスポンスに、「いつでも帰れる場所」というのが表れているような気がします。

乾:
僕は台本の段階ですでに泣きそうになるくらい、解散ライブのシーンで「ただいまミライ」を歌う彼女たちの姿が明確にイメージできたんです。だから、オンエアを見たら確実に泣く自信があります(笑)。

松野:
楽しみだよね。

乾:
僕がドラマを見ていてすごく思ったのは、とにかく流されがちな時代ですけど、オタクの方もサニサイのメンバーも、その時代を必死に生きているんだっていうことです。僕も好きなバンドやアイドルがいますけど、たとえ解散したとして、何年経っても忘れないんですよね。時代の流れにスクロールされないようなものが、ちゃんとあるんだなっていうのをあらためて実感できたことが、個人的にはうれしかったりしますね。

wataoshi_dog10.jpg  

だからこそ、逆にサニサイが解散するっていうことを…物語上の設定なんですけど、まだ受け入れられていなかったりもして。NHKさんに電話して、「サニサイを解散させないでください!」って言おうかと思っているくらいです(笑)。

松野:
それは単なる迷惑なクレーマーだろ(笑)。

乾:
だから勝手に「EGGイネ☆Summer」とか、劇中に小道具だけで登場していた曲の分も勝手に作っちゃおうかなって(笑)。

はな子:
わ、聴きたいです!

松野:
それはアリかもなぁ(笑)。

乾:
「おちゃのこサニサイ」のカップリング曲のタイトルだけは設定としてあったりするので、本当に曲をつくって解散できなくしてやろうかと(笑)。そのくらいの情熱と思い入れがあるんですよね。

松野:
確かに、僕もまだ受け入れられていないところがあります。

乾:
だって、あのメンバーの顔ぶれを見ていたら、これから売れていく未来しか見えないよね?

松野:
これはもう本当に「紅白歌合戦」で再結成してもらうしかないね(笑)。

乾:
親心として(笑)。でも、僕たちはふだんからアイドルの楽曲を手がけていますけど、そういう気持ちでクリエイトしていますし、このドラマもリアリティーが本当にすごいので、愛さんの気持ちもすごくよくわかるんですよね。「この子たちを売れさせてあげたい!」って。

松野:
どういう上から目線だよ(笑)!

wataoshi_dog11.jpg 

乾:
いや、曲を書いている立場からするとさぁ〜!

松野:
どの立場だよ。「お前たちがまず売れろ!」って言われたら、どうしようもないぞ(笑)。

乾:
や、それはまあそうだけど…愛さんや“サニサイオタ”の人たちと同じ気持ちになって応援したくなるじゃない?

松野:
それはね、すごくわかるよ。

乾:
サニサイの曲、あと10曲ぐらい作っちゃいたいからね。

はな子:
では、ドラマとあわせて楽曲の聴きどころをお願いします!

松野:
個人的には3曲目の「ただいまミライ」が一番気に入っているので、ぜひ楽しみにしていただければと。自分で言っちゃいますけど、めちゃめちゃイイ曲ですので。

はな子:
頭の中でリフレインするんですよ、一度聴くと。

乾:
実は、どんなふうに脳内で鳴るかというのも、3曲とも考えていて。ふだん制作している楽曲でも、自分たち自身で何度も聴き直したいと思う曲ほど、実際にいい評価をいただいたりするんですけど、サニサイの3曲はまさに何度も聴きたくなるという中毒性があるんです。(松野さんに)なぁ?

wataoshi_dog12.jpg 

松野:
まあ、俺はいつでも自分のつくった曲を聴きたいから(笑)。でも、ドラマの現場ではスタッフの方々もサニサイの曲を口ずさんでくださったという話も聞いていて…それがうれしかったですね。乾くんは特に好きな曲ってあるの?

乾:
3曲の中から1つ選ぶなら「おちゃのこサニサイ」かな。転調していたり、実はリズムに凝っていたり、ちょっとオシャレな要素があったりして、アイドルソングのオイシイ要素を詰め込んでいる曲なんです。ベタにもなりすぎず、それでいて聴きやすい感じがすごく好きなんですよね。

松野:
ちょうどいい塩梅でつくれた感じがあるよね、あの曲は。

乾:
しかもメンバーの個性と曲が合体してパワーアップした感もあるという、ちょっとした奇跡を感じられるのもいいんですよね。

wataoshi_dog13.jpg 

※DogPのお二人も絶賛している劇中アイドル・サニサイメンバー(左から、白石聖、田中珠里、松田るか、松川星、天木じゅん)


【DogPプロフィール】
元「黒赤ちゃん」のVocal & Guiar松野恭平とGuitar & Vocal乾ひであきによる、音楽プロデュースユニット。
DogPが楽曲提供した超特急「My Buddy」ではオリコンデイリーチャート1位を獲得。
他、バンドじゃないもん!「結構なお点前で」「ナナコロ!」つぼみ大革命「笑DNA」Ange☆Reve「Angel Sign」などを手掛ける。


●。.*゚・。..。+゚*.。●。.*゚・。.。+゚*.。●。.*゚・。.。+゚.。●
サニサイをもっと知りたい方へ!
メンバーや(ときに運営も!)日々つぶやく、サニサイの公式ツイッターアカウントを
期間限定でやってます!
メンバーのいろんな姿、チラ見してみてください♪
https://twitter.com/nhk_sunnysideup(NHK サイトから離れます)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よるドラ「だから私は推しました」
HPはこちら https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/doruota/
【放送予定】
7月27日(土)スタート<連続8回>
総合 毎週土曜 よる11時30分~11時59分
再放送:総合 毎週土曜 午前0時40分~1時9分(金曜深夜)
【作】
森下佳子
【音楽】
蔡 忠浩(bonobos)
【出演】
桜井ユキ、白石 聖、細田善彦、松田るか、笠原秀幸、田中珠里、松川 星、天木じゅん、川並淳一、榎田貴斗、小原滉平/澤部佑、村杉蝉之介 ほか

投稿者:スタッフ | 投稿時間:19:59 | カテゴリ:だから私は推しました

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ