スタッフブログ

新米APの〝つれづれ螢草日記〟 その十八「聖花リレーの夜」

 

新米APのお松です!

 

2月6日(木)はエランドール賞の授賞式でした。

多くの方が来場されていて、もしかしたら「行きました!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

閉会ごろにはすでにたくさん記事になっており、

私も帰りの電車に乗りながらチェックしていたところ、

なんと、「エランドールレポ」というものがあると知り、

及ばずながら、新人賞を受賞した清原果耶ちゃんの「番組関係者」として

会場に参じておりました身からレポしたいと思います!

 

こういった華やかな表彰式自体が初めてで、熱量に圧倒されるばかりでした。

登壇するのは豪華な面々ばかり!

 

受賞する方もそうですが、スペシャルゲストの登場でも大きな歓声が起きていました。

今朝もニュースなどで取り上げられており、その模様をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

いよいよ果耶ちゃんが登壇し、

バックスクリーンには今まで果耶ちゃんが演じてきた数々の人物が映し出され、

その中には「螢草」の菜々もいました。

 

受賞の言葉の冒頭に、

「私は先日18歳になって、」と続き、

思わず「えっ!?」と衝撃を受けるお松。

 

そういえば、果耶ちゃん18歳なんですよ・・・。

今回受賞した中で最年少。

 

そして菜々を演じていたときは17歳。

 

知っているはずなのに毎回頭からすっぽ抜けてしまうほど落ち着きがあって、

年齢を見聞きするたびに驚いてしまいます。

 

お祝いのゲストにはとても嬉しい方が登壇。

 

実はここだけの話、私も朝ドラを見ていて、

果耶ちゃんが登場したときの演技でボロ泣きしました。

 

今週土曜8日放送の「螢草 菜々の剣(第三回)忍び寄る影」には

そういった果耶ちゃんの一つ一つ丁寧に向き合う誠実さと、その魅力がたっぷり詰まった回となっております。

 

第三回演出の黛りんたろうさんも撮影のときに、

果耶ちゃんを「演技に嘘がない」と激賞しておりました。

 

「誰かに少しでも届くような」

そういった果耶ちゃんの姿勢はきっと観た人すべてに伝わるのではないでしょうか。

 

有り難いことに番組へお手紙をいただくことも増え、

幅広い世代で楽しんでいただけていることを感じております。

果耶ちゃんの細やかな演技から菜々の想いをしっかり汲み取っていただけており、

果耶ちゃんであったからこその菜々と改めて実感します。

 

前回のスタッフブログで

「BSと総合の違いを探ってみるのもおもしろいかもです」と書いたのですが、

なんとBS時代劇の頃と見比べて違いを見つけてくださっている方もいらっしゃるようで嬉しいばかりです!

 

今回、第三回の冒頭はカットではなく、

町田啓太さん演じる市之進さんの新たなシーンが追加されておりますので、必見です。

 

 

授賞式後に記念にお祝い花を一部いただいたのですが、

自然とオリンピックの聖火リレーのトーチのように持ってしまうというか、

帰り道には堂々と聖花をかがげて帰りました。

 

こんなにも誇らしい気持ちの夜はないですね。

 

清原果耶ちゃん、

本当に受賞おめでとうございます!

hotaru1801.jpg

螢草 菜々の剣(第三回)忍び寄る影

2月8日(土)18時05分放送です!

 

ぜひ手洗いうがいもされ、インフルエンザや風邪にもお気をつけになって、ご覧になってください!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:螢草 菜々の剣

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ