スタッフブログ

悦ちゃん~アンコウPと麻呂APのウフフ話~#13

皆さん、こんにちは!麻呂APです。
クランクアップを迎えたキャストに特別インタビュー☆第2弾

今回は、陰日向となって柳家を支え続けた女中・婆や(ウメ)を演じた大島蓉子さんです!

etsu13_1.PNG 

◎はじめて「悦ちゃん」の台本を読んだ時の印象について
大島:語り口調が、無声映画の「これで一巻の終わりでございます」みたいで、わくわくどきどきしましたね。昭和初期は、自分の親が生まれて5歳とかそれくらいの頃で、ちょうど悦ちゃんより少し小さいくらいの年。私が生まれた頃もまだ古い家で、あんな雰囲気が残っていたので、懐かしくほっこりして楽しみだなと思いました。

◎大島さんから見て「婆や(ウメ)」とは、どんな人物ですか?
大島:悦ちゃんに関しては、亡くなった奥様への責任感がありますね。やっていることはふざけてもいますけど、真面目かな。
亡くなった私のおばあちゃんに似ています。うちのおばあちゃんも大らかで、元気で、楽しいくて、歌が上手い人だったんですよ。扮装した自分を見て、おばあちゃんを見てるような感覚だった。
悦ちゃんは家族ではないけれど、孫のように思っていましたし、それに悦ちゃんも応えてくれるんですよ。セリフがなくても、二人で座って洗濯物を畳んでいるときなど、呼吸を合わせてくれるんですよね。彼女はすごいなと思いました。
言いにくいこともあるし、遠慮もちょっとはしているけど、碌さんにも言いたいことは言うし、本当の家族みたいに思っていましたから、終わってしまったのが寂しいです。ぎっくり腰でいなくなった期間も取り残された気がして、寂しかった。ちょっとジェラシーを感じました(笑)

◎撮影中、印象的だったシーンは?
大島:悦ちゃんと二人で碌さんの帰りを待っていたシーンかな。漬物を食べる音だけが寂しく響いていました。あと、海で遊べなかった悦ちゃんが庭先の桶の中で水着を着ているシーン。やっぱり悦ちゃんとのシーンが思い出されますね。
碌さんとのシーンでは、碌さんが香水をつけていたシーン。おかしくって思わず二人して吹いてしまって、それは無しになってしまったんですけどね(笑)

etsu13_2.PNG


柳家は、初日からいつもユースケさんが冗談ばかり言っていて、スタジオの中と外でまったく雰囲気が変わらない。違うのはセリフがあるかどうかだけ。セリフが終わった後も監督がOKを出すまではアドリブで喋り続けていますけど、ユースケさんの冗談で本当に笑ってしまいます。

etsu13_3.PNGのサムネイル画像

香水をつけて恥らう碌太郎を明るく励ます婆や(第2回より)

「いただきます」と言うときに手を合わせないなど、時代的にやってはいけないことさえ守れば、あとはいつの時代も同じだと思うので、アドリブもやりにくさはないです。ユースケさんが掛け声をかけてみんなを笑わせてから本番にスーッと入っていけるので、アドリブは逆に助かっています。

◎最後に「悦ちゃん」の見どころをお願いします!
大島:やっぱり悦ちゃんが新しいママを見つけられるかどうか、幸せになれるかどうか紆余曲折しながら奮闘するところですかね。あとは、カオルさん含め当時の衣装かな。
実は、婆やの着物も、今回わたしのために仕立ててくださったものなんですよ。私はサイズが大きくて着られるものがないので、着物も割烹着も私に合わせて仕立ててくださいました。
割烹着の首周りは四角のイメージがありますけど、当時の割烹着は首周りがV字だったとのことで、婆やの割烹着もV字になっています。それに、今回はおはしょりがあります。いつもサイズが合わなくて着物を着るとおはしょりがなくなっちゃうんです(笑)ただ、働いている人なので丈は短めで、裸足に下駄になっています。

実は、うちの母親が着物を縫う仕事をしていたんです。農家だから下はもんぺを履いていましたけど、子どもの頃は朝起きるとおばあちゃんが着物の帯をキュキュッと締める音がしてね。お蚕さんも育てていたし、お布団もしぼむと自分たちで布団を解いて、綿をふわふわに打ち直していました。田舎の農家ですから自給自足の生活だったんです。いまにして思えば習っておけばよかった。だから、セットの掛け時計やラジオも見たことあるものが多くて、懐かしくてね。NHKラジオドラマは当時からよく聞いて泣いたり笑ったりしていました。そう思うと、その頃からこの世界に入っていたのかなと思いますね。


温かな人柄が、婆やそのものの大島蓉子さん。
インタビューの間もずっと笑顔の耐えない和やかな時間でした。
大島蓉子さん、ありがとうございました。

次回は、実は池辺家の要(かなめ)!?藤子を演じてくださった堀内敬子さんです。
どうぞ、お楽しみに!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:00 | カテゴリ:悦ちゃん

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ