スタッフブログ

『伝七捕物帳2』 撮影日記 その八

 

 明らかになった正助とお咲の正体。

正助の本当の身分は篠崎正太郎という名の小田原藩士。

お咲は実は正太郎の弟・勝之進の妻。

そして正太郎が家と武士の身分を捨てて出奔することになった背景には、

その勝之進の企みがあったと言うのです。

さらに謎の偽印判と証文は何を意味するのか。

最終回、ついにその全貌が明らかになります。

 

 一方で描かれたのは、かつて武士としての立場に引き裂かれた相沢(柴俊夫)とお駒(床嶋佳子)の恋。

その後悔の念がいまの正太郎とお咲に重なり、ついに正太郎とお咲が一緒に居ることを許します。

「ずっと変わらぬあたたかい思い」がテーマの第七回でした。

 

 den216.jpg3月に撮影を開始して約2カ月。

5月のゴールデンウイークも終わり、いよいよ梅雨を迎えようとしている時期。

 

 何度も通ったこのお寺での撮影も最後の日。

 

 クランクアップも間近に迫り、感傷に浸っていた自分を投影するかのような空に、思わずシャッターを切った一枚でした。


 

 

 なんて私のことはさておき、今回のラストの「ヨヨヨイ」にはいつになく不穏な空気が。

次回も立ち回りに次ぐ立ち回り。

                      いよいよクライマックスを迎える最終回『新たなる命、旅立ちの時』は、9月22日金曜よる8時からです!

                                               BS時代劇「伝七捕物帳2」公式ホームページはこちら。



 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:21:00 | カテゴリ:伝七捕物帳2

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ