スタッフブログ

土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」~さがりまゆ日記№3~

こんにちは、スタッフの鈴木です。

「みをつくし料理帖」では、毎回劇中に登場するお料理が見どころのひとつです。普段料理は……という私なのですが、スタッフとしてかかわらせていただいたのも何かのご縁、ドラマに登場する料理に挑戦してみました!

 

1hatena-meshi.JPGのサムネイル画像まずは、第1話に登場した「はてなの飯」。エンディングの「澪の献立帖」を見ながら作ると、我ながらけっこういい感じです。

おいしそうに見えませんか?

お話の中では、澪が「猫またぎ」(戻りがつお)をなんとかして江戸の人たちに食べてもらおうと工夫を凝らしました。

今は初がつおの季節ですから、澪さんが作った「はてなの飯」とはまた違う味わいなのでしょうね。

2kama-nabe.JPGのサムネイル画像ちなみに、少し気合を入れて、釜でご飯を炊いてみました。炊きあがったご飯に、煮詰めたカツオを投入する瞬間は、テンションが上がりました!

3katuwo-meshi-mazeru.JPGのサムネイル画像

 

そしてもう一品。第2話の「とろとろ茶碗蒸し」にもトライしてみたのですが……。

番組でご紹介した「とろとろ茶碗蒸し」のレシピではゆり根を使いますが、ん? どこのスーパーにも売っていません。

調べてみると、ゆり根の旬は冬から春にかけてのようです。 うーん、ゆり根の代わりになる、この時期旬のものは何かしら? と探してきたのがコレです。

 4soramame.JPGのサムネイル画像

そら豆はこれからおいしい季節ですね。皮ごとコンロで焼いて、焼きそら豆にしてみます。少し多めに焼いて、余った分は軽く塩を振って、ビールのおつまみに!

 

5torotoro.JPGのサムネイル画像完成した、「とろとろ茶碗蒸し」。ゆり根の代わりにそら豆、ゆずの代わりに三つ葉を使った代用品バージョンですが、季節のものでアレンジしてみるのも楽しいですね。

とろとろと、とても美味しかったです。

茶碗蒸しって、下に沈んでいる具材を掘り出して食べるものだと思っていました。レシピのように二度に分けて蒸すと、色鮮やかな具材が顔を出して、見た目にもきれいでさらにおいしさがアップする気がします!

 

6dekiagari.JPGのサムネイル画像というわけで、週末の我が家の食卓はこんな感じになりました。家族にも大好評でした。

あ、左のお皿は今回ご紹介しませんでしたが……、それは6月3日放送の第3回をご覧ください!

 

土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」公式ホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:06:06 | カテゴリ:みをつくし料理帖

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ