スタッフブログ

「デザイナーベイビー」現場リポート!その6  病院撮影の裏舞台はこうなっていた!?

黒木メイサさんと渡辺大知さんが隠された真相に迫る!

「デザイナーベイビー」

毎週火曜日 夜10時から放送中!

 

息をするのも忘れる急展開の連続

皆様、ご無事でしょうか!

 

さて、ご覧いただいている「デザイナーベイビー」の世界ですが、実はセット以外で撮影しているパートがあります。

実は、実際の病院で撮影しているシーンもあったりするのです。

 

病院をお借りする、なんてことは普通の生活ではまずありませんが、どのような撮影をしているのでしょうか。

スタジオでの撮影とは違った雰囲気が漂っているに違いありません!

 

そんなリアル病院編集モトタキ突撃取材をしてまいりました!

 

babyblog0601.jpg

 

早速ですが!!

 

昭和大学病院にお邪魔しております!!!

 

babyblog0602.jpg

 

さすが本物の大病院、

ででーんっと、そびえ立っております。

 

撮影現場は病院の地下で行われているとのこと。

 

さてさて、撮影現場はどんな感じなのでしょうか。

 

babyblog0603.jpg

 

うっ、照明が落とされています。

真っ暗な空間。

こんな暗い病院は見たことがありません。

……ちょっと怖いです。

 

babyblog0604.jpg

 

どうして照明が落とされているのか?

ドラマにとって「光量」は、世界を作るための大事なツールです。

光加減によって、昼でも夜に、夜でも昼になります。そうした光の調整の邪魔にならないように、本来の照明は消しているのです。

とはいえ、照明を落としても場所自体を封鎖しているわけではないので、

 

babyblog0605.jpg

 

このように看護師さん御一行が通ることもあります。

そう、この人達は役者さんじゃありません。

本物です。本物の看護師さんです。

もう何が本物でなにがドラマなのかわかりませんが、現場で現物で本物なので、仕方がありません。

 

我々は場所をお借りしている立場なので、患者さんや、病院のみなさまのご都合が最優先なのです。

すぐに撮影を止められるよう、現場スタッフが常に注意しています。

 

babyblog0606.jpg

 

babyblog0607.jpg

 

病院のスタッフや患者さんの邪魔にならないように配慮しつつ、撮影に全力で取り組む。ゆっくりと、着実に進んでいきます。

 

考えるだけでも大仕事な病院ロケですが、撮影に関して多大なご協力をいただいた、昭和大学病院の村木さんにお話を聞いてみました!

 

babyblog0608.jpg

 

お忙しいところ申し訳ないです。

 

少々お時間いただいてもよろしいでしょうか!

 

babyblog0609.jpg

 

事務の村木さん

「大丈夫ですよ!」

 

モトタキ

「恐縮です。早速ですが、こうした撮影に協力するのは初めてなのでしょうか」

 

事務の村木さん

「いえ、昭和大学病院としては、過去にも何度か協力したことがあります。私が担当するのは初めてですが、前の担当者の引き継ぎ資料がありまして、それを見ながら対応しております」

 

モトタキ

「そうなんですね。病院が撮影に協力することは珍しいことではないのでしょうか?」

 

事務の村木さん

「いや、かなり珍しいです。本来ならお断りしています。他のドラマでも協力要請をされたことはあるんですが、それらは全てお断りしてきました」

 

モトタキ

「今回は何故お受けになったのでしょうか」

 

事務の村木さん

「それは、今回のドラマの原作が岡井崇先生だからです。元々、岡井崇先生は昭和大学病院で産婦人科医として患者さんを診察しておりましたから、そのご縁です。過去何度かお受けした際も、それらのドラマの原作は全て岡井崇先生のものです」

 

モトタキ

「そういうご縁があったんですね。実際、ドラマに協力するのは大変なことも多いのでしょうか」

 

事務員・村木さん

「病院をご利用いただいてる患者様に、ご迷惑さえかからなければ問題はありません。患者様本位ですから、我々が大変だなと感じることはありませんでした」

 

モトタキ

「患者さんに迷惑を掛からないようにするため、何か指示を出されましたか」

 

事務員・村木さん

「基本的には、何か指示があるというわけではありませんが、撮影を許可する日は土曜日と日曜日に絞っていただきました。平日だと、どうしても病院の業務として会議室を使う場合もありますから。そうした業務がお休みの時にお願いをしていました」

 

モトタキ

「実際、撮影を受け入れてみていかがでしたか」

 

事務員・村木さん

「予定していた時刻よりも早く撮影が終わり、皆さん、とても協力的で助かりました。こちらも貴重な体験ができたので、有難うございますという感想ですね」

 

スタジオだけでは撮り切れない画を求めて、病院ロケを敢行したデザイナーベイビー。それを実現させたのは、それに関わる人々の絆と、関係者や、患者さんへの敬意があるからこそ…だったわけです。

 

実に様々な方面の人々の協力によって、

世界観が作り上げられているドラマ!

「デザイナーベイビー」は、

毎週火曜日 夜10時から放送中です!

乞うご期待ください!

 


 

⇒ ドラマ10「デザイナーベイビー」ホームページ公開中!

 

ドラマ10「デザイナーベイビー」

【放送予定】
9月22日(火)放送スタート
総合 毎週火曜 午後10時~10時48分(全8回)
【出演】
黒木メイサ 渡部篤郎
安達祐実 臼田あさ美 渡辺大知 細田善彦 柿澤勇人 淵上泰史 安藤玉恵
山崎樹範 手塚とおる 神保悟志 ・柴俊夫・ 渡辺いっけい 松下由樹 斉藤由貴 ほか
【原作】
岡井崇「デザイナーベイビー」
【脚本】
早船歌江子
【音楽】
池頼広
【演出】
岩本仁志 代表作「救命病棟24時」「ナースのお仕事」(CX)、「ギネ」(NTV)
※NHK初演出
【制作統括】
磯智明チーフプロデューサー(NHK) 長沼誠プロデューサー(アックスオン)
 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:00 | カテゴリ:デザイナーベイビー

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ