スタッフブログ

「その男、意識高い系。」 松方アニキに聞け!!!!(その7)

さまざまなエピソードが一段落したところで、改めて、松方アニキに、今と昔の現場の違いについて語ってもらいました。

松方アニキ:
役者を55年もやっていると、様変わりしたなぁと思うことが多いね。
僕がデビューした頃は、もう映画は斜陽産業って言われていて、同級生からも「そんなところへ行かなくても」なんて渋い顔をされたもんだよ。
そのうち間もなくテレビの時代になって、撮影の現場はものすごく変わった。
今はまた、いろいろな技術が出てきたり、機械の性能もよくなっているから、またさらに、撮影は変わっているし、これからも変わっていくだろうね。

ずっと第一線で活躍してきた松方アニキの目には、その変遷はどのように映っているのでしょう。

松方アニキ:
たとえば、照明なんて昔は力のある男じゃないと務まらなかったんだよ。なにせ10kgもあるんだから。
それが今では、レディが増えたからね、うれしいことに(笑)。

え、そこですか?(笑)
けれど、機械が変わればスタッフも変わるし、スタッフが変われば現場も変わりますよね。

松方アニキ:
最近は、効率よく短時間で撮るね、テレビも映画も。昔のやたらと長い撮影期間は何だったんだと思うよ(笑)。
もっとも、1カットをとにかく作りこむのが昔のやり方だから、手間も時間もかかるのは仕方なかったかなと。
デジタルみたいに手軽に「とりあえず撮っておく」ことができないしね、フィルムだから。
1カットも重さが、今と昔では違うのかな。

1カットを現場で徹底して作りこむ。何だか、職人気質でいいですね。丁寧に大切に作っている感じがします。

松方アニキ:
後はね、待機時間も短くなった。
でもそれは、カット割として、「その場にいるけれどカメラには映らないという」場合、昔だと「顔はこのへんにあります」って拳骨を代わりにしたけど、今は全部、本人が立つから。
そう簡単に休憩はくれませんよ(笑)。

さあ、言いたい放題(?)な松方アニキのトークも、次回が最終回。最後に飛び出すのはどんなエピソードか!?

ishiki08_15_016.jpg
あぁっ!アニキ、バックショットじゃないですか!!


プレミアムよるドラマ「その男、意識高い系。」

【放送予定】
 BSプレミアム 毎週火曜日 午後11時15分~11時44分 

【作】 安達奈緒子(1,2,3,4,7,最終回) 神田優(5,6回)

【音楽】 佐藤彰信 佐藤紗代子

【主題歌】 サラ・オレイン

【出演】
 伊藤歩 林遣都
 駿河太郎 佐津川愛美
 松方弘樹(最終回のみ)
 大地真央

【制作統括】 篠原圭(NHK) 東田陽介(テレパック)

【演出】 河原瑶 金澤友也(テレパック)

【番組ホームページ】
NHKプレミアムよるドラマ
「その男、意識高い系。」番組ホームページ

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:13 | カテゴリ:その男、意識高い系。

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ