スタッフブログ

谷原章介さんに突撃インタビュー!! ~限界集落株式会社 その8

反町隆史さん主演

土曜ドラマ「限界集落株式会社」!!

土曜日午後9時に絶好調、放送中です!!!

 

いよいよ、ドラマもクライマックスです!!果たして、トマリファームはうまくいくのか...!!

 

大内父娘だけでなく、谷原章介さんが演じる多岐川も、限界集落株式会社において、とても大事な役割です! 彼が居なければ...、全ては始まりませんでした。そんな彼を演じる谷原章介さんにフォーカスを当てる必要があるでしょう。

 

編集モトタキが、谷原章介さんに突撃インタビューしてきました...!! ドラマを最後の最後まで楽しんでいただくお手伝いになればと存じます。

 

そんなわけで「限界集落株式会社」主人公の最後のひとり、多岐川を演じる谷原章介さんに、根掘り葉掘り聞いちゃいますよ!!!

genkai0224a.jpg

谷原章介さーーん!!!

本日は、ガッツリお話きかせいただきまーす!!

 

谷原章介さん

「どうも、宜しくお願い致します」

 

編集モトタキ

「ではでは、いきなりですが、谷原さんにとって農業っては、どんなイメージを持っていますか」

 

谷原章介さん

「そうですね。......子どもを育てているので食育への興味がありますし、僕自身も料理をするので、食材への興味もあるんです。あと、ですね。これは食物という意味からはズレますが、年をとったからか植物を育てること自体にも興味がありますね」

genkai0224b.jpg

(番組のワンシーンから)

 

編集モトタキ

「スゴい興味津々ですね」

 

谷原章介さん

「そうなりますね。あと、朝も早くに目が覚めるので、早朝ロケだったのですが、案外楽でした。

これ、ちょっと話が変わるのですが、とうとう末端冷え性の気持ちも分かってきたんですよね。今までは女性から聞いても"そっか、大変だね。つらそうだね"と共感はしていたのですが、とうとう当事者になったんですよね」

 

編集モトタキ

「植物に興味があるとのことですが、家庭菜園もしているのでしょうか」

 

谷原章介さん

「いえ、家庭菜園はしていません。ただ、家の近くに産地直送の八百屋があるんです。そこで、なるべく新鮮な野菜を買うようにしていますね。生野菜大好きなんです」

 

編集モトタキ

「なーるーほーどー。ちなみに、止村ロケでも新鮮野菜はいただきましたか

 

谷原章介さん

「はい、食べました。キャベツが甘くて美味しかったですね。あと、止村ロケの辺りには以前にも行ったことがありまして...、今回、ロケの合間を見て、ひとつ遊びにいったところがあるんです」

 

編集モトタキ

「へえッ! それはなんですか

 

谷原章介さん

乗馬です。腰痛持ちなんですけども、腰に良いんですよ。普段、鍛えづらい筋肉が鍛えられるといいますか。おしりがいたくなるといいますが、そんな単純な言葉では言い表せないほど、あっちこっちが鍛えられていたくなりますよ」

 

編集モトタキ

「へー、ダイエットにも良さそうですね。乗馬。ちなみにロケで辛かったことはありましたか

 

谷原章介さん

「ロケですか。ロケだと、雨降らしのシーンが辛かったですね。本当、自然の雨なので、休憩中も止まないんですよ。風邪を引かなかったので、よかったなーっと」

 

編集モトタキ

「なるほど。天気が今回のドラマの登場人物のひとりだと、一色監督も申していましたからね...。そうだ、話は変わりますが家庭菜園はしていないそうですが、農業自体をやってみたいという気持ちはありますか

 

谷原章介さん

興味はあります。そうですね、葉野菜が好きなんですよ。グリーンリーフとか作りたいですね。ただ、以前、ルッコラを作っていたんですが、虫に食われちゃって...。二日ほど目を離したら、葉脈しか残ってなくて...。もう、ルッコラはやりません...

genkai0224c.jpg

(番組のワンシーンから)

 

編集モトタキ

農業にとって、虫害は本当に死活問題ですよね。一発でヤラれてしまいますし。ちなみに、谷原さんは海と山ではどちら派ですか

 

谷原章介さん

元々、サーフィンをやるので海派だったんです。でも、山に行くひとって、僕にとっては知的なひとが多いイメージで。避暑地的に軽井沢にいくとか...、文学者とか美術関係とか、そういうひとが多そうだなーって。

ヤンチャなひとほど海に行くイメージですよね。海だぜ!肉焼こうぜ!みたいな...、ね。そろそろ、僕も山の楽しさを人生に取り入れていこうかなと。

 

編集モトタキ

「色んなお話聞かせて頂き、ありがとうございました! では、最後に、視聴者の方々へのメッセージをお願いします」

 

谷原章介さん

僕自身、限界集落株式会社に参加させていただき、日本の農業の現場や現状を改めて考えるきっかけになりました。食の安全ですとか、自分たちが食べるものに対して、自分たちできちんと知る努力を怠っちゃいけないな、と。

ドラマですから、そういう堅苦しい部分だけではなく、楽しい部分もあります。もちろん、胸に響いてくれればなという部分もありますが。

ご家族で御覧頂いて"野菜ってこうやって作るんだ""農家の方、こんな苦労をしているんだ"と、僕が感じたようなことを一緒に感じていただければ、嬉しい限りです。

限界集落株式会社を見た後、スーパーにいって野菜を見た時、今までと違った想いで、お買い物ができるようになるんじゃないかな、と。

そういう意味でも、是非、見て頂きたく存じます」

genkai0224d.jpg

(番組のワンシーンから)

 

編集モトタキ

「今までとは違った目線で野菜を見られるようになるかもしれない。もっと身近に農業を感じるようになる。限界集落株式会社を見れば、食卓がより楽しくなるって、もんですね!」

 

土曜日午後9時に絶賛放送中!

物語もまもなくフィナーレ...!

果たして、限界集落株式会社はどうなるのか...!!

 

よりごはんが美味しく感じられるようになるドラマ、最後の最後まで楽しんじゃいましょう!!

 

 

「限界集落株式会社」番組ホームページ

http://www.nhk.or.jp/dodra/genkai/

投稿者:スタッフ | 投稿時間:14:30 | カテゴリ:限界集落株式会社

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ